アルトコインとは? 概要・特徴・おすすめまで初心者向けに解説

アルトコイン

ビットコインの話の中でたびたび出てくる「アルトコイン」。アルトコインに投資をして、利益を出したいという人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、アルトコインの基本的なことから、国内で購入可能なコインまで解説していきます。

この記事でわかること(アルトコイン)


1. アルトコインとは?

まずは、アルトコインの概要と特徴を確認していきましょう。

1-1. ビットコイン以外の仮想通貨のこと

アルトコイン(または「オルトコイン」)とは、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)のことです。

ビットコインは、世界で初めて誕生した仮想通貨です。

それ以降に誕生した仮想通貨のことを、総称してアルトコインと呼びます

1-2. アルトコインの特徴

種類が豊富にある

アルトコインには、数多くの種類が存在します。

正確にはわかりませんが、1,500種類以上のアルトコインが存在していると言われています。(参照:CoinMarketCap

ボラティリティが激しい

アルトコインには、ボラティリティ(価格変動)が激しいという特徴があります。

たとえば米国の法定通貨であるドル(USD)は、1年間で10%〜20%ほどのボラティリティに止まることが多いです。

いっぽうで、アルトコインはたった1日で10%〜20%のボラティリティが生まれることもあります。

中央管理者がいない

一部例外もありますが、ビットコインと同じく中央管理者がいないこともアルトコインの特徴の1つです。

通常の法定通貨(日本円や米ドルなど)の場合には、政府や中央銀行が発行量などをコントロールします。

これに対してアルトコインでは、発行や運営に関することをコミュニティ全体で決めることが一般的です。

マイナーなコインを「草コイン」と呼ぶ

アルトコインは数多くの種類がありますが、その中でも特にマイナーなコインのことを「草コイン」と呼びます。

明確な定義はなく、1円以下や1ドル以下など法定通貨の価格で線引きする人もいれば、普及状況や開発状況を基準にとらえる人もいるようです。

(関連記事)
草コインとは? 詐欺に騙されずに有望なコインを見つける方法


2. 将来性のあるアルトコインの特徴

将来性のあるアルトコイン

ここからは、将来性があるアルトコインの特徴を確認していきましょう。

2-1. 取引量が多い

取引量が多いことは、将来性のあるアルトコインの特徴の1つです。

たくさんの量が売買されているということは、多くの人が関心を持っているということなので今後の利用促進など将来性にも期待を持つことができます。

逆にほとんど売買をされていない場合は誰も関心を持っていないということなので、将来性があるとは言いにくいでしょう。

(関連記事)
イーサリアムの時価総額は? 調べ方・過去の推移と今後の予定を解説
リップル(XRP)の時価総額は現在3位!規模を日本企業と比べてみた

2-2. 開発が順調に進んでいる

開発が順調に進んでいることも、将来性のあるアルトコインの特徴です。

開発が進むことは、そのアルトコインがさらに使いやすくなるために重要だからです。

使いやすくなることで、多くの場所で利用される可能性も高まり、結果的に将来性の高さにも繋がります。

2-3. 企業との提携が盛んである

企業との提携も、将来性を見極めるポイントの1つです。

提携先の企業のサービスで利用されるなど、多くの場所で使われるようになる可能性が高まるからです。


3. 日本で買えるアルトコイン

国内で買えるアルトコイン

2章で紹介した「将来性のあるアルトコインの特徴」も踏まえて、日本で購入可能なアルトコインを紹介します。

3-1. リップル(XRP)

取引量 1日あたり約1,250億円(2019年12月11日時点、CoinMarketCapより)
開発 プロジェクトに関連する技術を開発している企業の買収なども積極的に行っている
企業との提携 国内外で300社以上の大手企業・銀行と提携
公式サイト ripple.com

リップル(XRP)は高速送金と格安の手数料で、国際送金の課題解決を目指しているプロジェクトです。

国内外で300社以上の大手企業や銀行と提携し、最近ではプロモーション動画の配信などメディアを通じたブランドキャンペーンにも注力しています。

(関連記事)
リップル(XRP)の買い方は3STEP! 初心者でも買える入門ガイド
Ripple社、認知度向上動画を配信スタート

3-2. イーサリアム(ETH)

取引量 1日あたり約7,366億円(2019年12月11日時点、CoinMarketCapより)
開発 開発者数がすべての仮想通貨の中でトップ
企業との提携 100以上の企業が参加するイーサリアム企業連合(EEA)と提携
公式サイト ethereum.org

イーサリアムは、アプリケーションの開発を主な目的としたプロジェクトです。1日あたりの取引量はビットコインを含む仮想通貨全体の中で3番目に位置しています。

また、JPモルガンなど大手銀行が参加するイーサリアム企業連合(EEA)とも提携しており、今後の普及にも注目できそうです。

イーサリアム企業連合(EEA)
企業レベルでのイーアリアムの利用促進を目的として設立された組織のことです。イーサリアムの進歩と共に成長するという考え方を、ビジョンの1つとして掲げています。
Enterprise Ethereum Alliance|EEA MEMBERS

(関連記事)
【画像付マニュアル】イーサリアムの買い方&国内取引所まとめ

3-3. ステラルーメン(XLM)

取引量 1日あたり約198億円(2019年12 月11日時点、CoinMarketCapより)
開発 米企業IBMがステラの技術を採用
企業との提携 米企業IBMと提携
公式サイト stellar.org

ステラルーメンは、高速送金を格安の手数料で行えるという特徴を持っています。国内では2019年11月にコインチェック、12月にGMOコインにそれぞれ上場したことでも話題になりました。

米大手企業IBMと国際送金のプロジェクトで提携しており、今後さまざまな場所で利用される可能性を秘めています。

コインテレグラフ|IBM、ステラ活用の決済システムを発表

(関連記事)
仮想通貨ステラ(Stellar Lumens/XLM)とは? 特徴・買い方・将来性

そのほかに国内で購入可能なアルトコインを以下の記事にまとめています。


4. アルトコイン購入におすすめの取引所

アルトコインはビットコインと同じように、取引所で購入することができます。

ここからは、アルトコインの購入におすすめの国内取引所を紹介していきます。

4-1. 手軽に買うならCoincheck

Coincheck取り扱い一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)*国内ではCoincheckのみ取扱い
  • ステラルーメン(XLM)

アルトコインを手軽に買うのであれば、coincheckがおすすめ。販売所形式のため、チャート分析などの知識がなくても簡単に購入することができます

使いやすさから初心者にも人気が高く、App Storeレビューでは5点満点のうち4.3点の高い評価を受けています。

また取り扱い仮想通貨の種類も豊富で、おすすめアルトコインで紹介した、リップル・イーサリアム・ステラルーメンも購入可能です。

(関連記事)
コインチェック(Coincheck)の評判・口コミ|初心者におすすめなワケ

↓口座開設はこちら↓
コインチェック

4-2. 価格にこだわるならbitbank

bitbank取り扱い一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

価格にこだわるのであれば、bitbankがおすすめです。取引板を使ったユーザー同士の取引のため、コインチェックなどでの販売所形式より割安に購入しやすくなっています。

またbitbankは注文方法によってはマイナス手数料で取引できることもメリットのひとつ。コストを抑えるだけでなく、手数料を「もらう」ことも可能です。

取引量が多いため注文も約定しやすい点のほか、数百万人が利用している取引ツールである「Tradingviw」を利用できる点も、おすすめの理由です。

(関連記事)
bitbank(ビットバンク)の口座開設方法を図解! メリットも紹介

↓口座開設はこちら↓
bitbank


まとめ

以上、アルトコインについて解説してきました。この記事のポイントを、あらためてまとめておきましょう。

  • アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のこと
  • 取引量や開発の進展、企業との提携などで将来性を見極めよう
  • アルトコインなら、リップル、イーサリアム、ステラなどがおすすめ
  • 手軽に買うならCoincheck、お得に買うならbitbankがおすすめ

アルトコインはさまざまな種類があり、どれも発行目的や特徴が異なります。

投資をする際には、それらを十分に理解したうえで行うようにしましょう。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。