ビットコインキャッシュのレバレッジ(FX)取引ができる取引所

ビットコインキャッシュのレバレッジ取引ができる取引所

ビットコインキャッシュはオルトコインの中でも時価総額の高い通貨の1つで、国内でもレバレッジ取引で扱っている取引所が複数あります。

しかしレバレッジ取引には現物取引以上のリスクもあり、一歩間違えると多額の借金を負う危険も。

この記事では、レバレッジ取引ができる取引所を紹介するとともに、危険性対策についても解説します。

1. ビットコインキャッシュでレバレッジ取引のできる取引所

ビットコインキャッシュのレバレッジ取引をすることができる国内取引所は2か所、3サービスあります。それぞれ特徴などを紹介していきます。

1-1. GMOコイン(取引所/仮想通貨FX)

GMOコインのトップページ

GMOコインでは取引所でレバレッジをかける方法と、仮想通貨FXでレバレッジをかける方法の2種類があります。

どちらのサービスでも利用できるウェブ用取引ツール「WebTrader」には、テクニカル分析に長けたチャートツールTradingViewを搭載。経験豊富なトレーダーに向いている取引所です。

取引所でのレバレッジ取引と仮想通貨FXでのレバレッジ取引で、利用できるアプリが異なるため、アプリの使い勝手でどちらのサービスを使うか選んでもいいでしょう。

取引所のレバレッジ取引

取引所でのレバレッジ取引をアプリから行う場合、取引所用のアプリを使います。取引所用のアプリは現物取引にも対応しているため、現物もレバレッジ取引も両方使いたいという人におすすめです。

レバレッジ倍率 4倍
追証 なし
必要証拠金 建玉金額の25%に相当する日本円
ロスカット 現在値が建玉のロスカットレートに到達した場合に発動(ロスカットアラートあり)
通貨ペア 5種類
両建取引 可能
取引(注文)手数料 無料
その他の手数料 レバレッジ手数料
ロスカット手数料
現引/現渡し手数料
注文方式 成行
指値
取引ツール

スマホアプリは『GMOコイン 仮想通貨ウォレット』。パソコンで取引をする際には『WebTrader』が利用できます。

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

仮想通貨FX

仮想通貨FXでは2wayプライスという販売所に近い取引方式を採用しています。そのため注文タイプと取引数量を指定するだけで、注文が可能です。

また成行、指値のほか、IFD注文などにも対応しているので、外為FXなどレバレッジ取引の経験が多い人に向いているサービスといえるでしょう。

レバレッジ倍率 5倍
追証 なし
必要証拠金 建玉金額の20%に相当する日本円
ロスカット 証拠金維持率75%(証拠金維持率が100%を下回った場合にロスカットアラートあり)
通貨ペア 5種類
両建取引 可能
取引(注文)手数料 無料
その他の手数料 レバレッジ手数料
注文方式 成行
指値・逆指値
IFD
OCO
IFD-OCD
取引ツール

スマートフォンでトレードをする場合は、仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』、パソコンで取引をする際には『WebTrader』を使用します。

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

1-2. DMMビットコイン

DMMBitcoinのトップページ

DMM Bitcoinはオルトコイン(アルトコイン)を含む7種類14ペアのレバレッジ取引が可能。現物取引ではビットコインとイーサリアムの2種類しか扱っていないため、レバレッジ取引をメインで行いたい人に向いています。

またロスカットとなる証拠金維持率が80%と比較的高く設定されています。損失が大きくなる前に強制的に決済されるため、経験が浅い人でもリスクを抑えやすい取引所です。

レバレッジ倍率 4倍
追証 あり
必要証拠金 現在値×数量÷レバレッジ
ロスカット 証拠金維持率80%
(維持率100%でロスカットアラートあり)
通貨ペア 14種類
両建取引 可能
取引(注文)手数料 無料
その他の手数料 レバレッジ手数料
注文方式 ストリーミング*1
指値・逆指値
OCO
IFD
IFO
FIFO

*1)DMM Bitcoinが提示する価格での売買注文

取引ツール

スマートフォン向けのアプリでも、複数の分析ツールを利用可能です。

DMM Bitcoin【仮想通貨取引ならDMMビットコイン】

DMM Bitcoin【仮想通貨取引ならDMMビットコイン】

DMM Bitcoin Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

2. レバレッジ取引のやりかた

GMOコイン、DMM Bitcoinの2つの取引所を紹介しました。今回は、GMOコインの仮想通貨FX(ビットレ君)を使ったレバレッジ取引のやり方をキャプチャ付きで解説します。

2-1. 事前準備

ビットレ君を利用するためにはGMOコインの口座開設が必要です。口座開設と入金を済ませておきましょう。

2-2. 注文手順

①アプリを開いたら、銘柄リストから「BCH/JPY」を選択します。

ビットレ君の使い方1

②「売」「買」のどちらかをタップします。

ビットレ君の使い方2

③注文数量や価格などを入力します。

ビットレ君の使い方3

④確認画面で内容を確認して「注文確定」をタップすれば、注文が完了します。

ビットレ君の使い方4

以上で注文は完了です。

3.損を大きくしない心構え

投資といえばいかに利益を出すかに目が向きがちですが、利益ばかり追うと投資ではなくギャンブルになってしまいます。

利益を大きくすることよりも、損失を小さく抑えることを優先しましょう。

3-1. 損切を心掛ける

『損切』というとあまりいい印象をもたないかもしれません。ですがトレードをするうえで重要なのは、“いかに損切を上手くできるか”です。特にトレードの上級者ほど損切を重要視しています。

損切をすることのメリット

  • 含み損はさらに損が大きくなってしまう可能性があるが、損切をしたらそれ以上損が大きくはならない
  • 資金が回収できるので、一回負けても次に来るであろうチャンスを掴みやすくなる
  • 含み損を抱えることによる「まだまだ下落するのではないか」という不安が減る

損切をできるか否かで結果的に市場で生き残る可能性が高くなり、利益を上げるチャンスが増えてくるというものです。

損切をしなければならない状態になったことからしっかりと教訓を学びつつ、次のチャンスを待ちましょう。

3-2. 価格が急騰している時は飛びつかない

TwitterなどのSNSでよく見られるのが「ビットコインまだまだ上がる」や「イーサリアム買っておけ」などといった煽りに近い発言

このような煽りで最も注意しないといけないものの一つが、“天井”に関するものです。

どんなにチャートを読むのが優れている人でも天井を当てることは不可能。「天井はまだ先」「もっと上がる」と言われていても、急落することは少なくありません

値動きが激しいときはあえて買わないという選択も必要です。

3-3. 正しい情報を集める

仮想通貨(暗号資産*2)のトレードで重要なことは、正しい情報ソースから情報を集めることです。

ネット上には大量の情報が氾濫していて、正しい情報を選出するのは難しいかもしれません。

しかし正しい情報を得ることは、トレードをするうえで自分の身を守る手段にもなります。

信頼性の高い公式情報としては、その通貨の開発チームや金融庁などの監督官庁による発表が挙げられます。新聞やテレビなど大手報道各社によるニュースでも鵜呑みにせず、かならず公式開発チームや関連省庁から発表が出ているかを確認しましょう。

*2)2019年3月、呼び名を「暗号資産」とする法律案が金融庁から第198回国会へ提出されました(参考|第198回国会における金融庁関連法律案

デマ情報に騙されるな! ネットを騒がせた噂

2018年5月、XRP(通称:リップル)がAmazonと提携するというがネット上を騒がせました。

その頃のXRPの価格は、4月下旬から下落中。XRPとAmazonが提携するのではないかという話は2017年以前からたびたび出てきており、今回こそ一気に価格が上がるのではないかと期待する声もありました。

しかし最終的に公式発表は一切なし。価格の大きな上昇もありませんでした。

Twitterでは当時のことを「あまりに踊らされた時間」と思いだす人も。

根も葉もない噂を信じて取引をすると、イナゴと呼ばれる急騰・急落に巻き込まれて損をしたり、悪質なものでは詐欺に遭ったりする危険もあります。

安易な噂でなく、正しい情報を集めるようにしましょう。

4. 覚えておくと役に立つチャートの形

投資をする際に用いられる分析の1つが、チャートの形から価格の動きを読むテクニカル分析です。

高値圏で買って底値圏で売るようなことをしていたら、すぐに資金がなくなってしまいます。そうならないよう、投資家たちは価格の動き(≒トレンド)を知ることで、売買のタイミングを見極めています。

必ずこう動く、という指標はありませんが、その中でもポピュラーなチャートの読み方を紹介しましょう。

ダブルトップ

ダブルトップは価格チャートが2つの山を作る形です。2つ目の山が1つ目の山より低くなります。高値圏でのダブルトップは下落トレンドへの転換になる可能性が大きいです。

テクニカル分析(ダブルトップ)
BTC/JPYチャート(参照:bitbank.cc)

2つ目の山を完成し谷の部分の価格(ネックライン)を下回ると、そこから価格が一気に下がるといわれています。

売り注文から入る場合は、ネックラインを下回ったタイミングで発注すると、利益を出しやすいと言われています。

ダブルボトム

ダブルボトムはダブルトップの逆で、Wの字を書いたようなチャートの動きです。2番目の底値が1番目の底値より高くなります。底値圏で発生したダブルトップはトレンド変換にきっかけになります。

テクニカル分析(ダブルボトム)
BTC/JPYチャート(参照:bitbank.cc)

1回目の上昇したときにつくった山(ネックライン)を突破すると、価格が上がることが多いと言われます。

買い注文から入る場合は、このネックラインを上回ったタイミングでの発注を狙う場合が多いようです。

まとめ

ビットコインキャッシュのレバレッジ取引ができる国内の取引所は、以下の2つです。

  • GMOコイン(取引所、仮想通貨FX)
  • DMMビットコイン

それぞれレバレッジ倍率やロスカットルールが違うので、しっかり確認して選びましょう。

またレバレッジ取引は、失敗すれば大きな損になるだけでなく、借金を背負うリスクもあります。経験が浅い人はレバレッジ倍率を低く設定し、慎重に取引に臨みましょう。