ビットコインFXとは? 基本知識と仕組み・儲かるやり方を解説

「ビットコインFXに挑戦してみたいけど難しそう…」と思っていませんか? 

ビットコインのFX下落相場でも利益を生み出せるのが特徴です。買いでしか参入できない現物取引と比べて、利益を得るチャンスは2倍になります。

一見複雑そうですが、仕組みがわかれば難しくないことがわかります。

こちらの記事を読んで挑戦してみてはいかがでしょうか? 

この記事でわかること:ビットコインのFXのしくみ

1.下げ相場でも利益を出す「ビットコインFX」の特徴

ビットコインの取引には現物取引証拠金取引(FX)2種類があります。

証拠金取引は株の信用取引や為替のFXで有名ですが、ビットコインでも証拠金取引を行うことができます。

現物取引に比べ、証拠金取引はさまざまなメリットがあります。

  • 小額から取引可能
  • 下落相場でも利益を出せる
【おさらい】現物取引とは?

ビットコインの現物取引とは、実際にビットコインを売買することを言います。自分のウォレットに送金でき、手に入れたビットコインを保管することができます。

1-1. 少ない資金で大きな取引ができる

現物取引と証拠金取引の違い

FX、すなわち証拠金取引の大きなメリットとして、少額で大きな金額の取引ができることが挙げられます。

一定の証拠金を用意することで、レバレッジをかけて元手以上のロットのポジションを持つことができ、小額からでも大きな利益を出すことが可能です。

「ポジション」とは? 
ロングポジションとは? ショートポジションとは? 

買い、もしくは売りの注文が約定してから決済の注文が約定するまでの状態ポジションを持った状態です。

すなわち、FXにおけるポジションとは、評価損益がリアルタイムで上下するものを指します。

ただしリスクは相応に大きい

証拠金取引はリターンが大きい分、必然的にリスクも大きくなりますので、現物取引に比べてリスク管理は一層重要になります。

レバレッジは自分で選択できるので、自分のリスク許容度に応じて適切なレバレッジを選択することが重要になります。

  • 元手以上のポジションを持てる
  • リターンが大きい分リスクも大きい

ビットコインFXを始める際は、最初のうちはリスク管理を学びながら低レバレッジで始めるのがよいでしょう。

1-2. 価格が下がっていても利益を出せる! 

証拠金取引のもうひとつのメリットは、下落相場でも利益が出せるという点です。

ビットコインFXでは、株の空売りのように売りポジションを持つことができ、現物とは逆に価格が下落すれば利益になるトレードも可能です。

すなわち、今後価格が下落すると予想した場合、売りポジションを持ち、決済の買いをすることで利益を出せるのです。

もちろん、価格が上昇すると予想した際に買いポジションを持つことも可能です。

このように、ビットコインFXでは上昇相場と下落相場のどちらでも利益を出すことができ、上下に値動きが激しいビットコインには適しています。

2. レバレッジ10倍の取引をイメージしてみよう

では、実際のビットコインFX取引がどのようなものなのか、具体例とともに紹介していきましょう。

 

ここでは、証拠金10万円で、レバレッジ10倍で取引をした場合について考えます。

この条件だと、10万円×10倍で100万円分のポジションを持つことができます。

つまり、1BTC=100万円の場合は1BTC分の取引を行うができます。

では、1BTCの売りポジションを持ったと想定して、以下の図1、2のように価格が変動したとき、どのような損益になるのか見ていきましょう。

2-1. 下落相場で売りポジションを持ち、利益を出した場合

図1では、10万円で1BTCの売りポジションを持ち、価格が95万まで下落したところで決済しています。

下落相場でショートポジション
図1

このときの損益は、次のようになります。

-(95万円 – 100万円)×1BTC = 5万円

5万円の利益となり、資金は1.5倍の15万円となりました。

2-2. 下落相場で買いポジションを持ち、損失を出した場合

2では10万円で買いポジションを持ち、98万円で損切りしています。

下落相場でロングポジション
図2

このときの損益は以下のようになります。

(98万円 – 100万円)×1BTC = -2万円

2万円の損失となり、証拠金が10万円なら8万円になってしまいます。

2-3. ビットコインFXでは激しい値動きに注意が必要

上記の例のように、レバレッジをかけることで10万円の資金に対して利益が出たり、損失につながったりします。

短期間で大きく儲けることも可能ですが、瞬く間に資金を溶かしてしまうことも十分あり得るので、十分な注意が必要です。

ビットコインは値動きが激しいので瞬殺されることも

レバレッジ10倍と言うと、為替のFXに慣れている方ならあまり大きくないと感じるかもしれませんが、ビットコインは為替と比べてとても値動きが大きいため、10倍でもかなりの利益、損失が生じます。

トレード回数が増えると利益・損失は拡大する
例1と例2

上記のグラフのように、上記の図1の例では5万円の値動きで資金が1.5倍になっていますが、同じ1.5倍のトレードを6回繰り返せば資金は10倍を超え、約114万円になります。

逆に、図2の例では2万円の値動きで資金が0.8倍になっており、これを同様に6回繰り返すと資金は約26,000円と、4分の1程度になってしまいます。

2-4. 大切なのはリスク管理

ビットコインFXは値動きが大きい分ハイリスクハイリターンだということをよく認識しておかないと、あっというまに資金が底をつきてしまいます。

さらに、例えば1万円を10万円にすることと10万円を100万円にすることは、メンタルへの負荷を除けば難易度は同じです。

いかに今の資金を減らさないか

すなわち、資金が多いほど大きな利益を手にしやすいということですので、いかに今の資金を減らさないかが大切になります。

よく言われるように、勝つ取引よりも負けない取引を目標とするのがよいでしょう。

3. 国内外問わず、取引所はBitMEXがおすすめ

ビットコインFXができる仮想通貨取引所は国内外に数多くありますが、今回紹介するのはBitMEXという仮想通貨取引所です。

BitMEXは香港に拠点を置く仮想通貨取引所で、最大レバレッジを100倍までかけられる自由度の高い取引所です。

もちろん低レバレッジでの運用も可能ですので、自身のスタイルに合わせて取引することができます。

BitMEXには、レバレッジ以外にも多くのメリットがあります。

  • 追証(追加証拠金)がない
  • 取引高が世界最大級
  • セキュリティ水準が高い

それぞれ順に説明していきます。

*2019年5月、呼び名を「暗号資産」とする改正資金決済法が可決されました(参考|日本経済新聞

3-1. BitMEXで借金を抱えることはない

レバレッジをかけた取引で大きく負け、借金を抱えてしまったという話は耳にしたことがあるかと思います。

追加証拠金がない

「追証」が発生する国内取引所では、保有しているポジションの含み損が膨らみ、取引業者が定める一定の水準を下回ってしまうと追加証拠金(追証)の入金が必要となります。

追証として資金を入金しなければならず、手持ちの資金で足りない場合は借金をすることになるのです。

しかし、BitMEXでは借金を抱える可能性はありません。

  • BitMEXでは、残高がマイナスになっても肩代わりしてくれる
  • 日本の取引所と違い、借金を抱えることはない

資産のマイナスを取引所が負担してくれる仕組み

BitMEXで保有ポジションの含み損が膨らみ一定の水準を下回った場合、強制的に損切りされます。これをロスカットシステムと呼びます。

仮にその損切が遅れて資産がマイナスになっても、取引所側がマイナス分を無償で肩代わりしてくれるのです。

このシステムのおかげで、BitMEXを使用している限りは借金を抱えることはなく、安心して取引をすることができます。

日本では金商法で禁止されている
ちなみに、仮想通貨取引所がマイナスを肩代わりするシステムは日本では禁止されているため、海外の取引所特有のシステムとなります。

3-2. BitMEXは世界最大級の取引所

BitMEXは非常に顧客数が多く、ゆえに約定するスピードが速いことが魅力です。

常にトレーダーが注文を出し取引量が多い為、取引板が非常に厚く注文を出しても約定しないことがめったにありません。

急変動の際は取引量が物を言う

急変動が多いビットコインでは、急いで注文を約定させたい場合もあります。

そのような場合に、取引量の少ない取引所だとほとんど約定しないこともあるのですが、BitMEXの取引量であればすぐに約定します。

このように、約定力の強さはBitMEXの大きな魅力のひとつといえるでしょう。

3-3. セキュリティ水準が高い

仮想通貨といえばハッキングによる資金流出のニュースが後を絶ちません。

仮想通貨関連事業はまだ新しい技術である以上、ある程度の流出リスクは存在します。

だからこそ、なるべくセキュリティの水準が高い仮想通貨取引所を選び、対策をすることは非常に重要です。

その点では、BitMEXは過去に一度も流出事件を起こしたことがなく、また以下のように万全のセキュリティを施しています。

  • 二段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • SSL
  • 出金時のダブルチェック

いずれも今や資金を守るために必須ともいえるセキュリティですが、全てを兼ね備えている取引所は意外と多くありません。

大切な資産を守るためにもセキュリティは非常に重要視されるべき項目ですので、万全の対策をしたうえで取引をおこないましょう。

4. BitMEXで取引してみよう

では、実際にBitMEXで取引をするまでの手順を説明します。

BitMEXの口座開設は非常に簡単にできるものの、入金に少し手間がかかりますので、早く取引がしたい方は事前に準備が必要になります。

4-1. 1分で口座開設ができる

BitMEXの口座開設に本人確認書類などは必要なく、メールアドレスによる承認だけで口座開設ができます。

そのため、口座開設自体は早ければ1分程度で完了してしまいます。

口座を開設した後は、必ず二段階認証の設定を済ませておくようにしましょう。

取引手数料が6ヵ月間10%割引になります
こちらのリンクからBitMEXへ登録すると、6ヵ月間取引手数料が10%割引になります。
これから挑戦する方は、ぜひ登録してみてくださいね。

4-2. 証拠金の入金方法

BitMEXで取引をするには、まず証拠金を入金しなければなりません。

BitMEXへの入金はビットコイン限定

国内取引所であれば銀行などから日本円を入金すればよいのですが、BitMEXは日本円の入金に対応しておらず、ビットコインでの入金のみ対応しています。

事前に日本円をビットコインに交換してからBitMEXへ送金しましょう。ビットコインを保有していない人は注意してくださいね。

 

BitMEXに入金し、取引をするまでの流れは以下のようになります。

  1. 日本円とビットコインを交換できる取引所もしくは交換所でビットコインを購入する
  2. 購入したビットコインをBitMEXのアドレス宛に送金する
  3. BitMEX側で着金を確認し、取引を開始する

以上がBitMEXに入金する手順となります。

4-3. 取引開始

ビットコインを入金したら、いよいよ取引開始です。

BitMEXにログインすると、以下のような画面が表示されます。

ビットメックスの取引画面

取引方法としては、画面中央のチャートを見ながら左の注文パネルで注文を出していくことになります。

チャートをはじめ、指値注文の多さを示すデータであるオーダーブックや、全顧客の最近の取引履歴、注文状況を可視化したデプスチャートなど、主要なデータウィンドウは最初から表示されています。

このため、設定を変更せずともすぐに取引をすることができます。

もちろん、すべてのデータウィンドウを使用しなければならないわけではありませんので、自分で使用しやすいようにカスタマイズするのもよいでしょう。

まとめ

ビットコインFXは、小額から大きな利益を得られ、下落相場でも利益を出すことが可能な取引です。

現物取引と比べてリターンが大きい反面、リスクも同様に大きくなります。

ビットコインFXをおこなう上で大切なのはリスクの管理です。

大切な資産を失わないためにも、仮想通貨取引をする場合は事前にしっかりとした計画を練るようにしましょう。