ビットコイン入門|専門知識が無くても分かるビットコインの仕組みと投資のやり方

ビットコイン入門

ビットコインの仕組みについて簡単に知りたい
ビットコイン投資に興味があるけど、どうやって買ったら良いの?

この記事を訪れた方は、このようなニーズや疑問を持っているのではないでしょうか?

そこで本記事では、専門的な知識が無くてもビットコインの基本的な仕組みを理解しつつ、ビットコイン投資を始める方法を解説していきます。

この記事でわかること(ビットコイン入門)


1. ビットコイン入門|仕組みと投資の始め方を解説

まずは入門編として、ビットコインとは何なのか?という点から解説していきましょう。基本を理解した上で、ビットコインの仕組み投資の始め方を紹介していきます。

本記事は入門編であるため、詳細な仕組みと利益を出すための投資方法の解説というよりは、概要を理解するための内容となっています。詳細な仕組みなどを知りたい方は、本記事を読んだ上で、紹介されている当メディアの別記事も併せてご覧ください。

 

1-1. ビットコインって何?

ビットコインは世界初の仮想通貨(暗号資産)です。ビットコインをはじめとする仮想通貨は、支払い手段としても使える電子的な通貨のことで、日本円のような法定通貨とは異なり、特定の誰かによって管理されているわけではなりません

法定通貨であれば、政府や中央銀行が発行・管理していますが、ビットコインには中央集権的な管理者が存在しないのです。したがって、いかなる国であってもビットコインを止めることはできず、国家から独立した通貨となっています。ビットコインは2009年に誕生したばかりですが、その中核技術であるブロックチェーンと同様に活用が進んでいるのです。

ビットコインは定期的に新規発行されていますが、誰か特定の管理者が新規発行を行っているわけではなく、あらかじめ決められたプログラムに従って行われています。同時に、取引の成立条件などを規定しているのもプログラムです。

また、ビットコインは数多く存在する仮想通貨の中でも代表的な存在であり、時価総額がもっとも高くなっています。

1-2. ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはビットコインの中核技術であり、特殊なデータベースです。

データベース:検索や蓄積など、特定の情報処理を行う際に、使いやすいように整理された情報の集まりのこと。

ビットコインの取引はブロックチェーン上に記録されており、一度ブロックチェーンに書き込まれたデータは、変更や改ざんが極めて困難になります。書き込まれたデータを複製して使い回すこともできないため、お金や権利といったデータがコピーされては困る仕組みに有用なのです。

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」と呼ばれることも多く、名前の通り取引台帳(データベース)をそれぞれの利用者が保有できるようになっています。従来のデータベースは、中央の管理者が原本を持っていましたが、ブロックチェーンは全員が原本を持てる仕組みなのです。

全員が持っている取引台帳は、あらかじめ決められた計算のルールに基づいて同じ様に更新されていき、使っている人たちは不正が無いかを常にチェックできるようになっています。したがって、特定の誰かが不正をすることのない、透明性のあるシステムが運用できるようになるのです。

ブロックチェーンの詳しい仕組みが気になる方は、以下の記事もぜひご覧ください。

(関連記事)
3分でわかる!ブロックチェーンの仕組みをエンジニアがやさしく解説

1-3. ビットコイン投資の始め方

ビットコイン投資の始め方

国内でビットコイン投資を始めたい方は、まず仮想通貨交換業者(暗号資産交換業者)が提供する取引所サービスで、口座を開設する必要があります。日本円を貯蓄・送金するために銀行口座が、株式を取引するには証券口座の開設が必要であるように、仮想通貨の取引を行うためには仮想通貨取引所の口座を持つ必要があるのです。

基本的に、仮想通貨取引所に口座開設を申し込んでから、開設されるまでには数日ほどかかります。そして、口座を開設して取引を始めるまでの大まかなステップは、以下の通りです。

取引を始めるまでのステップ

  1. メールアドレスの登録
  2. 住所や氏名、取引の目的などの基本情報を入力
  3. 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)を提出
  4. 口座開設完了
  5. 仮想通貨取引の専用口座に日本円を入金
  6. 取引開始!

申し込みから取引開始までの流れは、どの事業者のWebサイトでも丁寧に解説されているので、案内に従って手続きを進めていけば、初めての方でも迷わず手続きができます。

当メディアでは、国内の仮想通貨取引所を比較した上で、おすすめの取引所をランキング形式で紹介しているので、そちらの記事も取引所選びの参考にしてみてください。

(関連記事)
仮想通貨取引所総合ランキング

また、ビットコイン投資の入門者が、最低限覚えておいた方が良い知識は以下の3点です。

これだけは覚えておこう!

  • ビットコインの販売所と取引所は異なる
  • 余剰範囲での投資を心がける
  • 取引所は常にハッキングリスクがある

それぞれ簡単に解説していきましょう。

入門知識①ビットコインの販売所と取引所は異なる

ビットコイン投資の入門者が迷いがちなのが、「販売所」と「取引所」の違いです。実は販売所と取引所では取引所の方が、取引手数料を安く済ませられる場合が多く、この点を知らないと不利な交換レートで売買してしまいかねません。

取引所とは、ビットコインを売り買いしたいユーザー同士が、直接ビットコインの取引を行う形態を指します。取引条件(希望価格と数量)が「取引板」と呼ばれる場所に出され、それを見ながら売買が行われるのです。イメージとしては、消費者同士が取引を行うフリマアプリに似ています。

一方の販売所は、ユーザーと取引所がビットコインの売買を行う取引形態です。取引所形式のように、条件に合致した取引相手を見つける必要がなく、迅速に取引できる点がメリットですが、その反面、購入価格と販売価格の差(スプレッド)が大きく、その差額分が実質的な手数料となってしまいます。

(関連記事)
取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

入門知識②余剰範囲での投資を心がける

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、価格変動リスクが高く、ハイリスク・ハイリターンな金融資産です。投資した資金が大きく減ってしまうリスクを認識した上で、投資しなければなりません。

それゆえに、ビットコインや仮想通貨への投資においては、無くなっても良いくらいの余剰資産の範囲内で行うという意識が不可欠です。もちろん、ビットコイン価格がすぐにゼロになる事態は考えづらいですが、入門者の方ほど、注意しながら投資した方がリスクは抑えられます。

(関連記事)
仮想通貨投資入門|始め方・メリット・デメリットを徹底解説!

入門知識③取引所は常にハッキングリスクがある

取引所は大量の資産を抱えているため、悪意あるハッカーから常に狙われています。仮想通貨の中核技術となるブロックチェーンは、一度書き込まれた取引データの変更や改ざんが極めて困難です。したがって、仮に取引所がハッキングされて仮想通貨が流出した場合、ブロックチェーンに書き込まれた当該取引は巻き戻せません

過去、日本国内で発生した仮想通貨の流出事件では、どの事例でもユーザーに対して損失分の仮想通貨が補填されていますが、取引所のハッキングリスクは認識しておいた方が良いです。

もし、取引所に保有している仮想通貨の額が数万円を超えた場合は、以下の記事でも紹介している、利便性と安全性を兼ね備えた「ハードウェアウォレット」の利用をおすすめします。なお、ウォレットとは、仮想通貨を管理するためのツールです。

(関連記事)
仮想通貨ウォレットは何がおすすめ? 利用シーンに合わせたウォレット


2. ビットコイン入門|メリットとリスクとは?

ビットコインのメリットとリスク

それでは、ビットコインのメリットやリスクを整理していきましょう。

2-1. ビットコインのメリットとは?

まず、ビットコインの主なメリットは以下の点です。

ビットコインのメリット

  • 既存の仕組みに比べて国際送金が速く、手数料が安い
  • 24時間365日いつでも取引可能
  • 安全資産として認識されつつある
  • 数百円という少額から投資可能

それぞれ簡単に解説していきましょう。

既存の仕組みに比べて国際送金が速く、手数料が安い

従来の仕組みで国際送金をする場合、数日〜数週間ほどの時間数千円の手数料が必要となります。一方で、ビットコインの場合、インターネットに接続されていれば、国や地域に関係なく、10〜60分ほどで相手への送金が完了します。さらに、送金時に必要な手数料は、数十〜数百円の範囲内に収まる場合がほとんどです。

(関連記事)
反映10分、完了60分!ビットコインの送金時間と導入予定の新技術

24時間365日いつでも取引可能

プログラムによって制御されているビットコインは、原則として24時間365日いつでも取引が可能です。この点は既存の送金システムと比べて優位性のある点だと考えられます。

安全資産として認識されつつある

ビットコインは株式や法定通貨などの伝統的な資産を代替する選択肢として、認識されつつあります。ビットコインが流通し始めた2009年以降、システムダウンすることなく稼働し続けているビットコインは、金(Gold)のような価値の保存先(分散投資の対象)として見られているのです。

その背景としては、ビットコインの総発行上限が約2,100万BTCと決まっており、希少性があるからだと考えられています。したがって、自国の通貨価値が暴落するようなインフレーションに陥っている国などでは、ビットコインが資産の逃避先として認識されているのです。

数百円という少額から投資可能

数百円ほどの少額投資から始められる点もビットコインのメリットです。仮想通貨への投資を始めるには、仮想通貨取引所で口座開設をする必要がありますが、投資にあたっての金額的なハードルは高くありません

(関連記事)
1万円で始めるビットコイン! 初心者でもできる少額投資のコツ

2-2. 入門者が気をつけたいビットコインのリスクとは?

「投資をする」という観点から見ると、ビットコインをはじめとする仮想通貨には一定のリスクも存在します。主なリスクは以下の通りです。

ビットコインのリスク

  • 価格変動が大きい
  • ハッキングリスクがある

どちらのリスクも本記事で既に言及していますが、改めて説明していきましょう。

まず、ビットコインなどの仮想通貨は、価格変動リスクが高い点が特徴的です。場合によっては数日で価格が半分になる場合もあります。もちろん、短期間のうちに価格が大きく上昇する可能性もありますが、投資する際には資産が大きく目減りするリスクは認識しておかなければなりません。

また、ハッキングリスクについても対策が必要です。数万円程度の仮想通貨を保有する場合は、仮想通貨をオフライン環境で保管でき、安全性の高いハードウェアウォレットの利用をおすすめします。


まとめ

ビットコインに興味を持ったばかりの方にとって、その仕組みは少し難しく感じるかもしれません。しかし、本記事を入門編として概要を把握した上で、少しずつ仕組みを理解していけば、次第にどのようにビットコインが成り立っているのかが分かるようになっていきます。

当メディアでは、ビットコインのより詳しい仕組みについて、エンジニアが分かりやすく解説していますので、興味のある方は以下の記事をぜひご覧ください。

(関連記事)
ブロックチェーンエンジニアが解説|ビットコインの仕組み

また、ビットコイン投資へのハードルは決して高くありません。本記事でも紹介したように、ビットコイン投資は少額から可能であり、国内の仮想通貨取引所で口座を開設すれば、入門者の方でも簡単にビットコインを売買できます。

国内には多くの取引所があって迷うかもしれませんが、そんな方のためにおすすめの仮想通貨取引所をランキング形式で紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

(関連記事)
仮想通貨取引所総合ランキング


■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter