ビットコインをウォレットで安全に管理する方法

スマートフォン

ビットコイン価格が上がった、下がったといったニュースに流れてくると、自分でもビットコインを買ってみようかなという興味がわいてきますね。買い方も難しそうではなく、特に株やFXなどの経験がある方は、ある程度はっきりとした手順が想像できるのではないでしょうか。

そして今ビットコインを購入しておけば、将来的な値上がりも期待できますし、そのうちの一部を使って、街中の店舗でビットコイン決済をすることもできそうです。

しかし、ビットコインは仮想通貨と言われていて、さらには暗号化されていることから暗号通貨とも呼ばれているようで、何だか怪しげに思えます。紙幣や硬貨のような実態もありません。

ビットコインをこれから始めようとする人にとって、ビットコインを実際に買ったとして、その後どのように管理するものなのか、その辺がなかなかイメージしにくいのではないでしょうか。

そこで、今回はビットコインを買った後、実際にどのようにビットコインを管理したら良いか、という点にフォーカスを当てて管理の仕方をチェックしていくことにしましょう。

1. ビットコインはウォレットで管理する

1-1. 取引所とウォレット

取引所で購入したビットコインは「ウォレット」を活用して管理しましょう!

皆さんもご存知の通り、ウォレットとは財布のことです。私たちが現金を使うために財布で持ち歩くように、ビットコインを使うためにウォレットに入れて管理します。

そしてウォレットから送金、つまり支払いをしたり、ウォレットでビットコインを受け取ったりするのです。

ビットコインは各国の通貨を使い取引所で購入することができます。国内ではビットフライヤーコインチェックなどといった取引所がありますので、そこでアカウントつまりは口座を作れば日本円から仮想通貨ビットコインが購入できます。

取引所にアカウントを作るには、本人確認のため免許証画像などの身分証明書のアップロードや、書留郵便の受け取りなどが必要ですが、銀行口座を作ることに比べると、はるかに簡単に開設できます。

ビットコインの購入には2種類あって、株のように売り手と買い手が指値で取引する「取引」という形態と、取引所指定のレートで購入する「販売」という形態です。

取引の場合、株のように取引で買う場合は数量と取引レートを指定して購入します。例えば、0.01BTCを1BTC=50万円のレートで買うといった感じです。このレートの場合に0.01BTCで取引が成立すれば、5000円プラス売買手数料(無料の場合もあります)を取引所に支払って無事に取引が完了します。

もう一方の「販売」は主に初心者向けに作られています。そこでは外貨のように指定の交換レートで希望額を購入することができます。この販売所での購入は通常は少し割高になりますが、指値で売り買いのマッチングを待つ必要がない分、とても簡単に購入できるメリットがあります。

そして購入したビットコインはウォレットに入れて管理、保管します。

1-2. ウォレットの重要性

ビットコインはオンライン上のデータですから、セキュリティ面で安全なウォレットに移して管理することが重要です。

ビットコインは仮想通貨で、紙幣や硬貨のような実態はありません。もう少し正確に言うとブロックチェーン技術によって、インターネット上にどこからどこにいくら動いたかというデータが蓄積されていて、そのデータによってどのアカウントにどれだけのビットコインがあるかが分る仕組みになっています。

しかもそのデータには、ビットコインの取引が始まって以来の全ての取引データが記録されています。そしてデータ自体は暗号化されていますが、誰でも過去にさかのぼって閲覧することができる公開データである点が現金とは大きくことなります。

またそのデータは特定の1か所に保存されているわけではなく、インターネット上のあちこちに同じデータが保存されていて、約10分ごとに更新され続けています。この仕組みでは、仮に1か所で不正データを書き込もうとしてもすぐに他のデータを元にして不正な書き込みが排除されます。

ともすると怪しげなイメージを持たれがちなビットコインは、実は不正の起きにくい透明性の高い仕組みで運用されているのです。

一方で、私たちが普段使う現金は信頼できる大きな銀行の自分の口座に預けておけば安心です。銀行に預けてある現金が盗難被害にあうことはほぼありません。仮に銀行が倒産しても1000万円まで保証されますし、なにより国が銀行の倒産を防ぐためあらゆる手を尽くすであろうことが想像できます。

ではビットコインを購入して取引所に置いておくのはどうでしょう。取引所はインターネット上にあるため、常にハッキングの危険性と隣り合わせです。様々な防御策が講じられてはいますが、取引所自体がサイバー攻撃を受けてハッキング被害に合ったらひとたまりもありません。購入したすべてのビットコインが盗み取られてしまうかもしれません。

では実際にどのようなウォレットがあるのか詳しくみていきましょう。

1-3. ウォレットの種類

ウォレットにはいくつもの種類がありますが、大きくホットウォレットとコールドウォレットの2種類に分けることができます。それぞれ重要な特徴がありますので、まずはこの2種類の違いを理解しましょう。

ホットウォレットとは簡単に言いうと、常にインターネットに繋がっているウォレットで、ビットコインを入れておけばいつでもすぐに使えるとても快適なウォレットです。しかし、常にインターネット上にあるということは、裏を返せばハッキングされる危険性が非常に高いウォレットであるということになります。

一方のコールドウォレットはインターネットに繋がっていないウォレットです。例えばパソコンのUSBポートに挿せるような小さなハードウェアに記録したり、紙にQRコードを印刷して保管したりします。この保管方法は、いざビットコインを使う際にはいろいろと準備の手間がかかりますが、ハッキングされるリスクがないため比較的安全な管理方法であると考えられています。

それではビットコインの世界で、現在使われているウォレットを一つずつチェックしていきたいと思います。

■取引所
先ほど紹介したビットフライヤーやコインチェックなどの取引所にそのまま保管する方法です。取引所はもちろん常にインターネットに繋がっていますから、ホットウォレットになります。ビットコインの売り買いを行うところでそのまま管理できるためとても便利です。

それらの取引所では専用アプリが提供されていて、アプリ上でビットコインの売買と送金・受取、さらには仮想通貨間での交換までできてしまうものがあります。一つのアプリですべて完結するのでビットコインユーザーにとっては大変便利です。

ところがビットコインの世界では、利便性が高いほど危険性も高くなることを忘れてはいけません。先ほども触れたとおり、取引所がサイバー攻撃に遭い、データがハッキングされた場合にはひとたまりもありません。

そしてビットコインは、仮に盗難にあっても被害が難しいと言われていて、実際に損失補償されるケースはほぼありません。誰かにアカウントに侵入されてビットコインが盗難にあっても損失補償されることが無いのです。そしてビットコインは匿名性が高い仕組みで運用されているため、誰が盗んだのかは闇の中ということになります。

現在では取引所から日本円で出金された被害については、保険会社と契約して一定金額まで補償するところも出てきていますが、それでもビットコイン自体が盗難されたり、不正送金されたりした場合の全額補償は一切ありません。

取引所補償内容
bitFlyer預かり資産合計100万以上、二段階認証している条件で、不正に日本円を出金された場合、500万まで1年に1回に限り保証する
coincheck二段階認証している条件で、なりすまし被害にあった場合、1回100万円を上限に補償する

まずは個人でできる限りの対策を施すことが重要で、取引所で推奨されている二段階認証などは忘れずに設定しておく必要があります。

もう一つのリスクはビットコインならではの問題で、取引所自体の信頼性です。

2014年のマウントゴックス事件では、世界最大ともいわれたマウントゴックス取引所そのものの信頼性に問題があったため、85万BTCものビットコインが行方不明となったと言われています。そして顧客の一斉引き出しに対応できず、経営破たんしてしまいました。

 サイト内記事参照:マウントゴックス事件

私たちは日頃から取引所のソフトウェアの欠陥や従業員の不正などのリスクを考慮する必要があります。特に取引所の従業員が顧客アカウントに不正侵入した場合、防ぎようがありませんし、すべてのビットコインが消失する危険性があります。

このような理由から、取引所で購入したビットコインは安全な別のウォレットに移しておくのが賢明です。

■ウェブウォレット
ホットウォレットの一つで、ウェブ上でビットコイン保管サービスを提供しているところがあります。よく知られているのは、日本語対応もされているBlockchain.infoという世界最大のウェブウォレットです。

メリットやデメリットは取引所に似ていますが、しばしば盗難被害の報告がネットに上がっていて(真偽のほどは不明ですが)、盗難の保証も全くされませんのでおすすめできません。

何か他のウォレットを採用できないやむを得ない場合を除いては使わないようにしましょう。特に大量のビットコインをウェブウォレットで管理するのは絶対に止めましょう。

主なサイトひとこと評価
Blockchain.infoウェブウォレット最大手、日本語対応×
GreenAddressマルチシグネチャ対応、SegWit対応×
Coinbase全米最大のビットコイン取引所を持つ×
BitGoマルチシグネチャ対応×

■デスクトップウォレット
デスクトップパソコンやノートパソコンにソフトウェアをインストールして使用するウォレットです。パソコン上で管理できるため機能性に優れています。

ただし、問題もあります。例えばビットコインの公式ソフトBitcoin Coreはインストール時に65GB以上あるすべてのブロックチェーンをダウンロードする必要があり、ダウンロードが完了するまでの数日は起動することができず、その後も起動の度に追加のブロックチェーンのダウンロードが発生するため実用性に問題があります。サイトに「我慢が必要です」と書かれているほどです…

デスクトップウォレットはHDウォレットというマスターキーで一括管理できるウォレットが実装されており、さらに財布ファイル自体が暗号化されているため、仮にファイルを盗難されても中身を送金されてしまうリスクを回避することができます。またペーパーバックアップ(後述するペーパーウォレットに相当する機能)対応など、高機能である点も特徴となっています。

主なソフトひとこと評価
BitcoinCore全ブロックチェーンをダウンロード必須。とにかく重い×
Electrum軽快でコールドストレージ機能有
Copayマルチシグネチャ対応。スマートフォンと統一された操作性

■ウォレットアプリ
iPhoneやAndroidのスマートフォンで手軽に利用できるアプリのウォレットです。

例えば、breadwallet(※iOSはbreadという名称で公開中)、MyceliumCopayなどがあります。

実店舗でビットコイン決済をする場合、店頭で表示された送信先ビットコインアドレスのQRコードをアプリから読み取る必要がありますので、スマートフォンとの相性の良さがいかされています。

でももう一度思い出しましょう。利便性が高いほど危険性も高くなります。もしスマホが盗まれロック画面を突破されたら、二段階認証も突破されビットコインも盗まれかねません。また日常生活の中でパスコードを覗き見されて、不正送金されないとも言い切れません。

ですからウォレットアプリには、決済に使いそうな分だけ入れて管理するのがよいでしょう。取引所のウォレットはとても便利ですが、リスクも理解しておく必要がありそうです。

主なアプリひとこと評価
breadwalletiOSは日本語OKAndroidは日本語非対応○(iOS)
MyceliumAndroidは日本語OKiOSは日本語非対応○(Android)
Copay日本語対応
Airbitz日本語がおかしい。操作系は分かり易い×

■ペーパーウォレット
文字通り紙のウォレットです。もちろんインターネットに繋がっていませんので、コールドウォレットの一種となります。このウォレットは作成時にある程度高度なパソコンの知識が要求されます。自信が無い方は別の方法を検討してみて下さい。

作成作業はなるべくオフラインで行いましょう。良く知られているのはbitaddress.orgですが、オンラインで作業するのではなく、GitHubからサイトのソースをダウンロードし、ダウンロードしたらインターネット接続を切断してオフラインにし、オフラインのパソコン上でビットコインアドレスと秘密鍵を生成して、紙にQRコードをプリントアウトします。

そして別のウォレットからそのビットコインアドレスに送金すれば完了。紙を安全な場所で管理して下さい。

安全といったのは、万が一、紙が濡れてQRコードが読み取れなくなったり、紙が燃えてしまったり、盗難にあったりした場合は復元できなくなってしまうからです。秘密鍵も、このウォレットから送金する場合に使いますので重要です。どちらも無くさないように管理しましょう。

■ハードウェアウォレット
これも特殊な方法ですが、ウォレット機能を実装したハードウェア端末を購入して、そこでビットコインを管理する方法です。端末が高いものでは日本円で1万円以上するため、安くはないのですが、その価格に見合ったセキュリティを確保することができます。

主なハードウェアウォレットは、TREZORLedger Nano Sなどがあります。どちらも現時点ではAmazonから購入することが可能です。

ハードウェアウォレットはパソコンのUSBポートに接続して使用します。仮にこのウォレット端末が盗難にあっても、別の端末を購入してビットコインを復元することができるという特徴があります。ですから現時点では大量のビットコインを管理するベストな方法だと考えられます。

主な端末ひとこと評価
TREZOR信頼感あるが、1万円以上と高価
Ledger Nano S対応コイン多い。動作不安定の声がある○(BTC)

1-4. 初心者向けのおすすめウォレット

ウォレット初心者は、自分のスマートフォンで使うことができるウォレットアプリをおすすめします。アプリを使いこなすことで理解が深まり、他のウォレットを検討するきっかけにもなるでしょう。

高額のコインを持ち歩くにはリスクがありますが、常に手元にビットコインを持っていられることで、積極的に活用することができます。

基本は、取引所で少額ずつビットコインを購入して、それをウォレットアプリに送金して持っておくのがおすすめです。

次の章で、このウォレットアプリの使い方を学んでいくことにしましょう。

2. ウォレットを作ろう

2-1. ウォレットの開設

これまでウォレットの種類を細かくみてきましたが、実際にウォレットを作ってビットコインを管理するステップに入っていきましょう。ここでは、今後世の中で最も使われるであろう管理方法、ウォレットアプリを使ってウォレットを開設したいと思います。

これまでの内容から取引所の外に保管することが重要だということが分かってきていますので、前述したMyceliumやbreadwallet、Copayなどの決済アプリを、Androidの場合はPlayストア、iOSの場合はApp Storeから自分のスマホにダウンロードして下さい。

なおウォレットに関しては、取引所と違って個人情報の登録は必要ありません。これがビットコインは匿名性が高いと言われる所以です。

また実際の操作画面はアプリ毎に異なり、今後も随時改変されていくはずですのでスクリーンショットは掲載しませんが、開設時に重要なポイントとして、メールアドレス、復元用フレーズ、送金時のパスワードの3点だけはしっかり理解しておきましょう。

メールアドレス:様々な通知がこのメールアドレス宛に行われますので、スマホでもPCでも即時受信可能なGmailをお勧めします。セキュリティ面でも新しい端末からのアクセスがあった場合には通知が来ますので安全です。
復元用フレーズ(バックアップの設定):ウォレットを復元するために求められる12個の単語。頭で覚えるのではなく、紙に書いて残しておく必要があります。その紙を無くしたりしないように注意しないといけません。間違ってもスクリーンショットなどを撮ってクラウド保存しないようにしましょう。
パスワード:ビットコイン送金などのためにパスワードやpinコードなど設定する

この3点に十分注意してアプリの設定を行ったら準備は完了です。

2-2. ウォレットにビットコインを送金しよう

ウォレットにビットコインを移すため、まずはウォレットアプリ側で受取アドレスを確認しましょう。ビットコインアドレスは27文字から34文字のランダムの英数字になっています。

 ビットコインアドレスの例: 1handogsy6YnN8TsdrBB24zxw7V

ビットコイン受取というメニューがありますので、そこからビットコインアドレスをスマホのクリップボードへコピーしておきます。

次にビットコインを買った取引所にログインして、ビットコイン送金のメニューから、ビットコインのアドレスへ送る画面を開きます。

そして先ほどコピーした受取アドレスと送金額、手数料を入力し、パスコードやpinコードを入力すれば送金が完了してしまいます。とても簡単ですね。

この内容は約10分後にはウォレットアプリに反映されますので、ウォレットアプリを開いて、ウォレットの残高を確認しましょう。先ほど送った金額が増えているはずです。

3. ウォレットに入れたビットコインで買いものをしよう

取引所からウォレットアプリに送金した手順を理解していれば、店頭でのビットコイン支払いは簡単です。

まずビットコイン決済対応のお店で商品を買う場合、レジにてビットコインで払う旨を伝えると、支払い用のQRコードが提示されます。
そのQRコードにはお店の受取アドレスと金額が含まれています。

そこで自分のスマホのウォレットアプリを起動し、ビットコイン送金というメニューからQRコードを読み取る画面を立ち上げ、支払い用(お店にとっては受取用)のQRコードを読み取ると、送信先と金額が表示されます。

手数料がかかる場合がありますので、良く内容を確認して、後は支払いボタンを押すだけで決済されます。

以下の記事に、ビックカメラでのビットコイン決済のやり方が詳しく解説されていますので、興味ある方は参考にして下さい。

 サイト内記事参照:ビックカメラでビットコイン決済

4. 最適なウォレット(まとめ)

ここまでじっくりとウォレットについて学んできましたが、どのウォレットが自分に合っているかイメージが湧いてきたでしょうか?

まずは取引所でビットコインを購入しますが、購入したらすぐに移すことが重要でした。ホットウォレットである取引所に大量のビットコインを置いておくのは避けましょう。

でも実店舗でビットコインを使う場合には、どうしてもホットウォレットが必要になりますので、現実的にはスマホのウォレットアプリになるでしょう。

その場合でも盗難のリスクを最小化するために、ビットコインは必要な分だけを入れておくようにしましょう。

さらに、もしもあなたが多額のビットコインを購入した場合は、すぐにコールドウォレットに移して管理をしましょう。

パソコンの知識が十分にあり、印刷後の紙も安全に管理できるようでしたらペーパーウォレットも良いでしょう。

初心者の方、コインを頻繁に出し入れされる方は、コストはかかりますがハードウェアウォレットを購入しましょう。
最高の安心感が得られると思いますよ。

最適なウォレットの組み合わせはこれだ!
目的少額コイン用高額コイン用
おすすめウォレットウォレットアプリハードウェアウォレット