ビットコインのメリットとデメリット

最近話題のビットコイン!いったい何が円やドルといった法定通貨と違うのか?ビットコインの価格が急上昇してお金持ちになっている若者も多くいるが、なぜ注目をあびているのか。ビットコインにはどんなメリットがあって、通貨として広がっているのか、またどんなデメリットがあるのかを詳しく知ることで、ビットコインを買おうとおもっている方の不安を解消していきたいです。 

1. ビットコインの機能的なメリット

ビットコインはとにかく便利なのです。まさに便利だからこそ、普及が進み、価格が上昇していると思われます。ビットコインの機能的メリットを理解することがビットコイン運用するうえで重要な1歩です。

soucecode

1-1. 個人間取引が可能

通常、一般的なお金を送金する場合、紙幣や硬貨であれば物々交換のように差し出せばいいですが、銀行口座にあるお金を送金するには、銀行間で送金しなければいけません。実際には、銀行間送金の間に日銀ネットという日本銀行の仕組みが介在して送金がおこなわれています。そのため、確認に多少の時間がかかったりします。ビットコインでは個人間で直接送金がおこうことができます。ビットコインのウォレットからウォレットへ送金することが可能になります。これは、まるで自分自身が銀行そのものになったようなものです。

1-2. ビットコインは送金手数料が安い

個人と個人の間で送金ができるということは、間に仲介する銀行のような存在がいないので、その分中間マージンが省かれて手数料がかかりません。通常、銀行口座間で送金をすると銀行に手数料をとられますので、例えば10円の送金をおこなうと、10円より高い手数料を取られることになり、送ることができません。ビットコインでの送金では手数料が非常に安価なために、仮に10円の送金をすることも可能となります。

現在、ビットコインのネットワークが混みあっているため、実際にはビットコイン送金ごとに1,000円相当のビットコインを支払わないと送金が完了しない事態になっています。この問題を解決するために、ビットコインでは分裂騒動が勃発しました。現在はSegwitとよばれるバージョンアップが完了しているため順次送金手数料も逓減していくと思われます。

海外送金ではそのメリットが一層際立ちます。海外送金をする場合、高い手数料と1週間程度の時間を要します。これは日本の銀行と海外の銀行がそれぞれの中央銀行を介してやりとりをしているからです。ビットコインでは海外でも国内でも距離は関係ありませんので、すぐに安価に送金可能です。最近、フィンテックベンチャーが送金アプリをだしていますが、実際にはクレジットカードやデビットカードの仕組みを使っているので裏では高い手数料がかかっています。ビットコインではゼロに近い送金手数料で送金することが可能となります。

1-3. ビットコインはお店の決済手数料が安い

ビットコインでお会計ができるお店が増えています。なぜでしょう!それはお店が支払う決済手数料が安いからです。現金で支払えば手数料を取られることはありませんが、クレジットカードで支払う場合、お店側は3%から5%程度の手数料をカード会社に支払っています。ビットコインではお店の手数料が1%程度(場合によってはゼロ%も)になります。つまり、お店は決済にかかわる手数料が安くなる分、お客さんにサービスすることが可能となります。お店もお客もみんなメリットえることができます。

1-4. ビットコインには中央機関が存在しない

ビットコインが個人間で送金できるのも、送金や決済の手数料が安いのも、ビットコインを発行・管理している中央機関が存在しないからです。通常の通貨(=法定通貨)では、政府が法律で認めた中央銀行が通貨を発行・管理しています。例えば、日本円だと、日本の法律にのっとって日本銀行が発行・管理していて、アメリカドルだと、アメリカの法律にのっとって、FRB(中央準備制度理事会)によって発行・管理されています。ビットコインは、プログラムによってあらかじめ発行量や発行方法、管理方法が決められており、中央で管理する存在自体がありません。そのため、関係するコストがかからないのであらゆる取引手数料が圧倒的に安くなります。

一方で、ヒトが介在しないために、ヒトによる不正や誤謬にあうことがありません。日本の中央銀行であれば信頼できるかもしれないですが、内戦状態のシリアの中央銀行とか、汚職のはげしいアフリカの小国の中央銀行をどれだけ信頼できるでしょうか?日本でもバブル崩壊が起きたように、中央銀行の管理によっては、インフレやバブルを引き起こし実体経済に重大な影響を与えることもあります。これはヒトが管理する弊害であって、ビットコインにはヒトによる弊害がおこる可能性を排除しています。ビットコインは中央機関が存在しないことが機能的には最も重要なメリットと考えられています。

 

2. ビットコインの投資的なメリット

ビットコインなどの仮想通貨を取引することを検討している方は、株式投資や外国為替証拠金取引(FX取引)と比べて、ビットコインの投資的なメリットはどこにあるかを理解してから投資・運用することをお勧めします。

fiat_various_countries

2-1. 投資リターンを得ることが可能

ビットコインは取引所を介して、自由に売買が可能です。また価格も変動していますので、買った時と売った時の価格差を狙って投資リターンを得ることが可能となっています。ビットコインはその機能的なメリットをベースとして価格が上昇し続けています。ビットコインの最初の取引だと言われている20105月のピザ取引の価格に比べて、7年半たった201711月の価格は、なんと200万倍をこえています。ピザ2枚が50億円になっています。今年に入ってもビットコイン価格は上昇を続け、5倍以上になっています。ビットコインに投資をして億万長者になったヒトを「億りびと」とまで言われています。ただし、必ずしも価格が上がるわけでないので、投資判断は自己責任で運用してください。

2-2. 少額での簡単にビットコイン投資が可能

ビットコインは購入に必要な投資単位が少額からでも可能となっています。ビットコイン取引所によっても違いはありますが、ビットコイン取引はだいたい1,000円程度から始められます。株式投資では10万円程度、外国為替証拠金取引(FX取引)でも10万円程度からはじめたいところですが、ビットコインをはじめとする仮想通貨取引では少額からでも簡単に取引を開始できます。

2-3. 取引時間が24時間365日である

ビットコイン取引は、36524時間ずっと売買が行われています。日本株取引であれば、平日の9時から15時までの時間のみ、外国為替証拠金取引(FX取引)でも休日の取引はできません。ビットコインでは24時間休日なく取引可能なので、日中仕事をしているけど、デイトレードしたい方にとって非常にメリットがあります。

2-4. 分散投資のポートフォリオ

ビットコインは分散投資のポートフォリオに非常にメリットがあります。ビットコインの存在自体が、ディセントライズ(非中央集権的)なもののために、一般的な株式や国債・法定通貨とは違った価格の動きをする場合があります。例えば、キプロスの預金封鎖が起きたときには、ユーロ圏の株式・通貨が一斉に売られたときに、ビットコインは大幅に上昇しました。石油や金が分散投資のポートフォリオになったように、ビットコインをポートフォリオに入れて資産の一部をビットコインで持つ時代が来るかもしれません。

2-5. カントリーリスクに対応

ビットコインはディセントライズ(非中央集権的)な存在なために、無政府主義的な思想が非常に強くでています。そのため、国(=法定通貨)とは対立軸で考えられるケースが多く、カントリーリスクがある場合に価格が上昇することが多々過去におこっています。キプロス危機以外にも、直近では、ハイパーインフレが長期にわたり起きているジンバブエでは、ジンバブエ・ドルに代わりビットコインが取引で使われており、原油価格の下落と左派政権の怠慢により国家財政が破綻の淵にあるベネゼエラでもビットコイン取引が広がっています。まるで金取引のようなイメージです。この先、よりビットコインの重要性が増していく場合、戦争や経済破綻などのカントリーリスクの対策としてビットコイン投資を行うことが一般的になってくるかもしれませんね。

 

3. ビットコインのデメリット

ビットコインには機能的なメリットが多々あり将来性も高く、投資的なメリットもあるので運用を開始しやすいこともありますが、ビットコインにはデメリットも存在します。ビットコインのデメリット=リスクを正しく認識して投資に生かすようにしてください。

shock_man

3-1. 価格ボラティリティが高いので損する可能性あり

ビットコインで投資リターンを得る可能性がある反面、価格にボラティリティが非常に高いので損をするケースもあります。1日の価格が10%から20%下落することも多々あり、価格の振れ幅には注意をしてください。ボラティリティが高いので儲かるチャンスも多いのですが、安定的な運用商品ではないので、コツコツためたい方や、損をするリスクをとれない資産を投資するのには向かないと思います。

(注)ボラティリティとは

金融用語のひとつで、資産価値の変動の激しさを表す表現。一般的には価格変動の度合いを表現しており、ボラティリティが高いとは、その価格変動が大きいことを示しております。

 

3-2. ビットコインは使う場所が限られる

ビットコインの決済手数料が安いことはメリットにあげましたが、実際の日本国内ではまだ1万店舗程度(201711月現在)のお店でしか使うことはできません。現金やクレジットカードであれば、ほとんどのお店で使うことが可能ですので、比較するとビットコインの決済は非常に不便です。ただ、ビットコイン決済大手のコインチェックではリクルートが運営するAirレジと提携して、最大26万店舗でビットコイン決済が可能となるなど今後一気に普及が進みかもしれません。

3-3. ビットコインは遅い

ビットコインの送金・決済の確定時間は約10分かかります。通常の銀行間送金やクレジットカードの決済確定時間(チャージバックを含めると2か月程度)に比べて圧倒的に早いですが、現金取引に比べるとその決済確定時間に10分かかるのは非常に遅く致命的欠陥です。この点についてはビットコインの根幹にかかわることなので、すぐに早くなることはありません。ビットコインの大きなデメリットと言えます。

ビットコイン決済をお店で実行する場合には、実際には10分間待たされることはありません。これは、ビットコイン決済を請け負っているビットコイン決済事業者が決済確定するまでの10分間の与信リスクを取っているためです。不確定になった場合はビットコイン決済事業者がその金額分の損をすることになっている場合があります。そのため、ビッグカメラのようにビットコインの利用上限が設けられている場合があります。

また、ビットコイン決済においてもそのセカイドレイヤー(サイドチェーン)を利用したライトニングネットワークと呼ばれる新しい決済ソリューションも開発されており、10分かかる決済時間が大幅に短縮される可能性もあり、今後の進化を楽しみにしていきたいです。

3-4. 仮想通貨に法的規制がかかる可能性もある

ビットコインには国籍はありませんし、運営主体である中央機関も存在しません。そのため、規制する対象がないのでビットコインを法規制することはできないと言われています。しかし、ビットコインを使う人物は必ず国籍を有しており各国の法律に基づいて生活をしているので、法的規制がかかりビットコインを使うヒトにデメリットが及ぶ可能性はあります。日本国内でもビットコインの売買にかかる税金については、雑所得になり総合課税が科せられることになり、株式取引に比べて過大な税金は発生することになっています。

3-5. ビットコインには盗難リスクがある

ビットコインで最も注意しなければいけないのが、盗難リスクです。ビットコインの仕組み自体には盗難リスクはほぼゼロといっていいです(唯一51%アタックと呼ばれる、ビットコインネットワークに参加するサーバにおいて51%のハッシュパワーを悪意のあるモノが獲得した場合には取引を改ざんすることが可能になります)。しかし、取引所やウォレットがハッキングされる事件は過去には何度もおきています。2014年当時世界最大のビットコイン取引所であったMt.Gox(マウントゴックス)がハッキングによりビットコインが盗難したことが原因で破綻しています。そのリスクを認識して、取引所を選ぶときには注意して口座開設しましょう。

 

まとめ

ビットコインのメリットとデメリットについて理解できたでしょうか。ビットコインをはじめとする仮想通貨には、ブロックチェーンによって価値の移転が可能となるといった、インターネットの次のイノベーションと言われています。そのメリットとデメリットを十分理解したうえで、ビットコイン投資をすることをお勧めします。