ビットコインの採掘って儲かるの? 採掘の種類と特徴を説明!

ビットコインの採掘とは?

「ビットコインの採掘」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「採掘」は、正確には「マイニング」という作業のことを指します。

マイニングをすることで、ビットコインを新たに生成して報酬として手に入れることができます。それに加えて、マイニングはビットコイン取引の正しさを保証するセキュリティの要になっているのです。

そんな「採掘=マイニング」について、詳しく解説していきます。

この記事でわかること:ビットコインの採掘とは

\アプリダウンロード数国内No1! 初心者でも使いやすい/
コインチェック

1. ビットコインの採掘とは取引の承認をすること

具体的にビットコインの「採掘=マイニング」とはどのようなことか解説します。

1-1. ビットコインの採掘のしくみ

ブロックチェーンのしくみ

ビットコインのマイニングは、取引情報を格納したブロックをブロックチェーンにつなげていく行程です。

ただし、ブロックチェーンは電子データのつながりなので、物理的につなげるわけではありません。

ブロックチェーンのブロックは、そのブロックを表す固有の値「ハッシュ値」を持っており、そのハッシュ値はひとつ前のブロックのハッシュ値を使って算出されるようになっています。

ハッシュレートの計算とは

このハッシュ値同士の関連性がブロックチェーンのブロックのつながりであり、マイニングはハッシュ値を算出する作業のことなのです。

具体的には、次の3つのデータを使ってハッシュ値を算出します。

  • 末尾のブロックのハッシュ値
  • つなげるブロックのデータ
  • 任意の値(ノンス値)

ただしハッシュ値は元のデータがわずかでも変化すれば大きく変化する特性を持っているため、目的のハッシュ値を得るためには唯一変更できるノンス値を変えながら手当たり次第に計算しなければいけません。

その計算回数は、1秒間に数十兆回といった膨大なものになるのです。

そして、最初に正しいハッシュ値を見つけた人だけがマイニングに成功することになります。

なぜ採掘(マイニング)と呼ぶ?

ビットコインの生成を採掘と呼ぶのは、「大きな労力を払って成功した人だけが報酬を得られる」というしくみから来ています。
ビットコインの採掘は、同じ計算を一斉に行った数多くのコンピュータの中で最初に答えをはじき出したコンピュータだけが成功します。他のコンピュータはそれまでの計算がすべて無駄に終わるわけです。
多くの採掘者が鉱山に入って、鉱脈を見つけたマイナーだけが大金を得る姿になぞらえています。

もっと詳しくは以下の記事をご参照ください。

ブロックチェーンエンジニアが解説|ビットコインのマイニング入門

ビットコインのマイニングの仕組みを解説!概要から技術まで丸わかり

1-2. ビットコインの採掘は儲かる?

ビットコインのマイニングに成功すれば、次の2つの報酬を得ることができます。

  • 新規発行されるビットコイン
  • マイニングによって取引を承認する作業の手数料

これらだけ見るとすごく儲けられそうに感じます。

しかしビットコインのマイニングには企業も参戦していますので、個人で勝負しても勝ち目がありません。正直なところ、個人では儲けられないでしょう。

ただし個人ではなく団体で戦う方法もありますので、諦めないでください。

マイニングには、個人で勝負するソロマイニングを含めて次の3種類があるのです。

ソロマイニング

自分が持っているコンピュータだけで挑戦する

プールマイニング

みんなでコンピュータを持ち寄って、その合計力で挑戦する

クラウドマイニング

企業や団体が管理する強力なコンピュータに投資し、そのコンピュータがマイニングしたビットコインの一部を分配してもらう

コンピュータがハッシュ値を計算する速度のことをハッシュレートと呼び、ハッシュ値計算の競争をするマイニングにとってとても重要な値になっています。

マイニングの種類は、ハッシュレートを誰が管理してどう扱うかによって違っていると考えれば良いでしょう。

【イラスト解説】ハッシュレートとは? 採掘速度の事だけど、投資家も見ておくべき指標

なお、クラウドマイニング以外でマイニングする場合、高性能なコンピュータやマイニング専用のマイニングマシンを準備する必要がありますので初期コストがかかります。

マイニングマシンとは

当初、マイニングは個人のパソコンで行われていました。

しかし仮想通貨人気が上るとともにマイニングに成功するために必要なハッシュレートが大きくなり、パソコンをマイニング専用に使うようになりました。そのうちマイニングの計算に最適化された専用のハードウェアであるマイニングマシンが作られるようになったのです。

【ざっくり知りたい】ビットコインのマイニングとは? 実際やった結果

 ひとりでやっても儲からない(ソロマイニング)

ソロマイニングとは

マイニングの基本となるのが、自分の持っているコンピュータだけで行う「ソロマイニング」です。

1人で世界中の採掘者と争いますので必要なハッシュレートは莫大ですが、マイニングに成功した場合に手に入る報酬も100%自分のものです。

ただし、ビットコインのマイニングに参加している企業は数百から数千台ものマイニングマシンを使っています。そのため個人で購入できる程度のパソコンやマイニングマシンでは太刀打ちできません。

ソロマイニングに成功する確率は、ゼロに近いでしょう。

みんなでやったらどうなるか(プールマイニング)

マイニングプールに参加することとは

1人の力では企業や団体に勝てないので、みんなで協力して採掘しようというのが、「プールマイニング」です。

マイニングしたい人が特定のサーバーに自分のコンピュータを接続して、あたかも高速なハッシュレートを持つコンピュータに見せていると考えれば良いでしょう。

大きなグループであれば、採掘に成功して報酬を得ることも夢ではありません。

ただし、報酬は参加者が提供したハッシュレートに合わせて分配されますので、非力なコンピュータでは得られる報酬はわずかなものになるでしょう。

マイニングプールのおすすめ3選! 利益を出すための選び方とやり方

投資してリターンをもらう(クラウドマイニング)

クラウドマイニングとは

コンピュータを準備できない人でもネットさえできればチャレンジできるのが、「クラウドマイニング」です。

クラウドマイニングは、企業や団体が準備した強力なコンピュータやマイニングマシンに運用資金を投資することで採掘を擬似的に行います。

マイニングに成功すれば投資金額に応じた報酬を得られますが、報酬額は高くありません。

また「実際にはマイニングを行わない」「途中でやめる」など、報酬がまったく発生しない詐欺も多いので気を付けなければいけません。

\アプリダウンロード数国内No1! 初心者でも使いやすい/
コインチェック

2. ビットコインの採掘で注意すべきこと

マイニングに関する注意点

ソロマイニングは厳しいですが、プールマイニングであればマイニングマシンやある程度ハッシュレートの高いコンピュータを準備できれば、誰でも参加して報酬を得られる可能性があります。

しかし、ただそれだけの理由で始めてしまっては、儲けるどころかマイナスになることも多々ありますので、安易な決断は危険です。

ビットコインのマイニングを始めるにあたって注意するべき点を説明しましょう。

利益が電気代を超えるか?

マイニングマシンやハッシュレートの高いコンピュータは電気代がかかります。

マイニングは36524時間マシンを動かし続けることになりますので、その電気代だけで月に数万円は下りません。

そのため、マイニングで得られる利益が電気代を超えるものでなければマイナスにしかならないでしょう。

マイニングにかかる電気代はいくら? エリアや格安プランを選んで節約

 マイニング報酬には税金がかかる

マイニングで得られる報酬には、税金がかかります。

マイニングで得られた報酬は雑所得として扱われ、以下の計算式で計算した金額に課税されます。

 「報酬を得た時点での時価」-「必要経費」

 ※報酬を得た時点での時価で計算しますので、注意が必要です。

なお、税率は給与などの他の所得と合計した金額から算出します。サラリーマンの方でも、マイニングを行った場合は税金の再計算が必要ですので必ず確定申告を行わなければいけないでしょう。

税金については以下の記事で詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

仮想通貨の税率はどのくらい? あとで困らないための税金の計算や基礎知識

 詐欺やウイルスに注意

マイニングに成功して得られるビットコインは12.5BTCです(2020年3月時点)。

1BTCは数十万円以上ですしマイニングは10分に1度行われますので、ビットコインのマイニングは短時間でとても大きなお金が動きます。

詐欺サイトやフィッシングサイト、ウイルスやマルウェアが仕込まれたソフトなどがあちこちで待ち構えていることを意識して利用するようにしましょう。

\アプリダウンロード数国内No1! 初心者でも使いやすい/
コインチェック

3. ビットコインの採掘の意義

マイニングの話題では報酬に目が行きがちですが、ビットコインのマイニングの意義はそこではありません。

参加者の数と難易度の高さが、ビットコインのセキュリティの要となっているのです。

マイニングには、次の3つの役割があります。

取引の承認

ビットコイン取引の正しさを確認する

信用度の担保

取引が改ざんされていないことを保証する

新規発行

ビットコインを新たに生成する

 取引を承認する

マイニングは取引の正しさを承認する行為です。

ビットコインの取引は、ブロックチェーンにつなげられたブロックに含まれている取引だけが決済されるようになっています。

ブロックチェーンにブロックをつなげられるのはマイニングだけですので、マイニングは取引を決済するために正しさを承認する行為に当たるわけです。

 信用度の担保

マイニングに参加している参加者の数が多く難易度が高ければ、それだけ信用度が高くなります。

理論上は、不正な取引を承認することも可能です。

ただし不正な取引というのは「残高以上の出金」や「送金の取り消し」など、過去のどこかの時点と整合性がとれませんので、過去の取引を改ざんして新たに承認し直さなければいけません。

そのために必要な莫大なハッシュレートを維持するくらいなら、正直にマイニングしていた方が儲けられることでしょう。

ビットコインの新規発行

ビットコインは非中央集権ですので、法定通貨のように誰かが責任を持って発行することはありません。

そのため、ビットコインはマイニングの報酬としてコインの新規発行を行っているのです。

これがマイニングへの参加を促し、ビットコインのセキュリティを向上して信頼性を高めることにつながっています。

ビットコインの発行枚数には上限がある

ビットコインは発行数上限が2100万枚と決まっており、定期的にマイニングで発行される枚数が半減しています。
ビットコインの発行枚数は2,100万枚! 上限に達したらどうなる?

\アプリダウンロード数国内No1! 初心者でも使いやすい/
コインチェック

まとめ

ビットコインのマイニングは、取引を承認してビットコインそのものの信用度を担保するセキュリティの要です。

そのため数多くの採掘者が参加するように新規発行されたコインを報酬として受け取れるようになっているわけです。

  • 採掘=マイニング
  • マイニングすることで新規発行されたビットコインと取引手数料を報酬として受け取れる
  • 個人でマイニングに成功することはほぼ不可能
  • ソロマイニング、プールマイニング、クラウドマイニングの3種類がある
  • マイニングするには電気代がかかる
  • 得た報酬には税金がかかる
  • マイニングの準備や実施時にはウイルスやハッキングに注意

ビットコインのマイニングはすでに大企業が参入しており、個人では太刀打ちできないようになっています。

しかし、プールマイニングなど可能性が残っている方法もありますので、準備をきちんとした上でチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter