【画像解説】ボリンジャーバンドとは? 概要や見方、効果的な利用法

ボリンジャーバンド

仮想通貨トレードをする上で、テクニカル分析は非常に重要な武器となります。

特に、有名なテクニカル指標は多数の投資家によって意識され、効果的に働く場合が多いです。

本記事では、代表的なテクニカル指標であるボリンジャーバンドについて解説します。テクニカル指標についての知識はトレードをする上で大切です。ボリンジャーバンドについてあまり知らないという方はこの機会にしっかりと知っておくとよいでしょう。

この記事でわかること(ボリンジャーバンド)

↓↓まずは口座登録!↓↓
DMM Bitcoin
bitbank

1. ボリンジャーバンドとは?

仮想通貨(暗号資産)は株や為替と比べて、いわゆるテクニカル的な分析からトレードをする場合が多いです。

なぜなら、株や為替は企業の経営状況や国の政策などに大きく影響されますが、仮想通貨はそのような要因による影響が薄いためです。よって、仮想通貨のトレードをおこなうに当たりテクニカル分析は重要な意味合いを持ちます

本記事では、テクニカル分析において用いるテクニカル指標のうち、代表的なものであるボリンジャーバンドについて、詳しく解説します。

1-1. 相場のボラティリティに基づくテクニカル指標

ボリンジャーバンドは、相場のボラティリティから想定される変動幅を示すテクニカル指標です。

※ボラティリティ:価格の変動率。相場の値動きが激しいほど、「ボラティリティが大きい」と表現する。

ボリンジャーバンドの見た目は、中心線から上下に膨らむようにバンドが広がってゆき、相場のボラティリティが大きいほどバンドの幅も大きくなります。

ボリンジャーバンドの見方1

この特徴から、現在の相場が変動の激しい相場なのか、緩やかに推移している相場なのかといった状況を判断することに使用できます。

もうひとつの特徴として、上昇トレンドや下降トレンドのようなトレンドが生じているとき、その価格の推移に追随してバンドも移動していきます。

この現象をバンドウォークと呼び、うまくバンドウォークをとらえられれば大きな利益を得ることも可能です。

ボリンジャーバンドを表示させる

ビットバンクでボリンジャーバンドを表示させる設定方法は以下の画像を参考にしてみてくださいね。

ボリンジャーバンドの表示方法

ボリンジャーバンドは複数時間足を表示させることができます。

こちらの記事では3つのボリンジャーバンドを使い、1時間足の±1σ~+3σまでを表示させました。

④のMult(標準偏差)へ1と入力すると±1σが表示され、同様に3と入力すると±3σを表示させることができます。

1-2. 移動平均線を中心にバンドを形成

ボリンジャーバンドの中心線は移動平均線です。

一般的には、一定の期間のローソク足の終値の平均値を繋ぎ合わせて線にすることで、移動平均線が形成されています。

移動平均線自体もひとつのテクニカル指標であり、多数の投資家からトレードの参考に使用されています。詳しくは割愛しますが、似たようなテクニカル指標として指数平滑移動平均線なども存在します。

1-3. 参考にする投資家が多い

テクニカル指標には実にさまざまな種類があり、代表的なテクニカル指標を知っておくことは非常に有意義です。ボリンジャーバンド以外の代表的なテクニカル指標としては、以下のような指標が挙げられます。

代表的なテクニカル指標

上で挙げたテクニカル指標はいずれも非常に知名度の高い指標であり、多数の投資家が使用しています。

多数の投資家がトレードの参考にすることで、その投資家のポジションが相場に影響し、よりテクニカル指標通りに相場が動くこともあります

代表的なテクニカル指標は信頼性も高いため、ひととおり特徴を抑えておくとよいでしょう。

1-4. 自分なりのトレードルールを決めて取引しよう

相場は人間の心理によって動かされるものであり、なんとなくといった雰囲気でトレードをしているとなかなかうまくいきません。今回紹介するようなボリンジャーバンドをはじめ、さまざまなテクニカル指標を試してみて、優位性のあるポイントを探すことが重要です。

経験を積んで自分なりのルールを決定し、機械的にトレードをすることが成功の秘訣です。

bitbank
bitbank

2. ボリンジャーバンドの特徴

では、ボリンジャーバンドの特徴について深堀りしていきましょう。上で述べたように、ボリンジャーバンドはボラティリティに基づいてバンドを描くテクニカル指標です。

では、そのバンドはどのように決定されるのか、複数あるバンドはどのような違いがあるのかなどを説明していきます。

2-1. ボラティリティから統計的に変動幅を算出する

ボリンジャーバンドのバンドは、標準偏差をもとに算出されています。

学校の偏差値の計算などにも使用される標準偏差は、データのばらつきの大きさを示す数値であり、単位はσ(シグマ)です。相場でいうと、ボラティリティが大きいほど標準偏差も大きく、ボラティリティが小さいほど標準偏差も小さなります。

この標準偏差という考えを相場に取り入れたものが、ボリンジャーバンドというわけです。

2-2. 一定の確率でバンド内に価格が収まる

さて、冒頭で紹介した画像にもあったように、ボリンジャーバンドには中心の移動平均線の上に3本、下に3本のバンドがあります。上から順に、+3σ、+2σ、+1σ、移動平均線、-1σ、-2σ、-3σとなっています。

ボリンジャーバンドの見方2

上述したようにσは標準偏差の単位であるので、絶対値が大きいほど(移動平均線から離れるほど)ボラティリティが大きいといえます。

詳しい計算式は省きますが、±1σのバンドには値動きの約68%が収まり、同様に±2σのバンドには約95%、±3σのバンドには約99%が収まります。

2-3. スクイーズとエクスパンション

上でも少し触れましたが、ボリンジャーバンドのバンド幅はボラティリティによって広がったり狭まったりします。

ボリンジャーバンドの見方3

例えば日本時間の朝5:00~8:00のように、トレーダーがまだ活動していないような時間帯は値動きが少なく、バンド幅も狭い状態であることが多いです。このような状態を「スクイーズ」と呼びます。

逆に、ボラティリティが大きく、相場が急変動したときはバンド幅も広がります。この状態を「エクスパンション」と呼びます。

一般的に相場はスクイーズとエクスパンションを繰り返しており、スクイーズの状態でエネルギーを貯め、エクスパンションで大きく値を動かすといわれています。

2-4. バンドウォーク

相場には上昇トレンド、下降トレンドというように、トレンドというものが存在します。トレンドとは、一定の期間一方向に動き続ける相場の動きのことをいい、長いトレンドであるほど大きな利益も得やすくなります。

そのようなトレンドが発生した場合、ボリンジャーバンドもそのトレンドに追随し、上昇または下降していきます。

ボリンジャーバンドの見方4

その際、画像のようにバンド内で価格が推移するように見えることから、これを「バンドウォーク」と呼びます。画像では-2σのバンドに沿って推移を続けていることが分かります。

DMM Bitcoin
bitbank

3. ボリンジャーバンドを利用したトレード

では次に、実際にボリンジャーバンドを利用したトレードのやり方について、一例を紹介します。

一般的にテクニカル指標は逆張り指標順張り指標に分けられますが、ボリンジャーバンドは使い方によってどちらともとらえられる特殊な指標です。では、ボリンジャーバンドが実際のトレードでどのように活用できるのかについて見ていきましょう。

3-1. 逆張り指標と順張り指標のどちらでも使える

ボリンジャーバンドはスクイーズとエクスパンションを繰り返して形成されると述べました。

スクイーズのときは小幅なレンジの中で価格が推移することが多く、±2σや±3σ付近で逆張り的にポジションを取ることで有利なトレードがしやすいです。

逆に、エクスパンションが起きたときは、その方向に順張りでエントリーすると、トレンドが発生した際に大きな利益を得ることができます。
それぞれについて、詳細を見ていきましょう。

3-2. 逆張り指標としての見方

まずは、逆張り指標としての見方です。こちらは単純に、±2σや±3σ付近で価格は推移しづらいことから、もし±2σや±3σ付近に突入した場合は反発することが期待できるという考えに基づくものです。

トレードルールもシンプルに設定でき、例えば±2σにタッチしたら逆方向にエントリーし、ローソク足の終値で±2σを超えていたら損切り、移動平均線まで戻ってきたら利確、ということが考えられます。

ボリンジャーバンドの見方5

画像のチャートでは、±3σで逆張りエントリーすることで、うまく利益が取れることが分かります。

逆張りをする際に重要なのは、トレンドが発生しているかどうかという点です。トレンド発生時は、一方向に大きく動くことがあるため、トレンドに逆行するようなエントリーは不利であることが多いです。

3-3. 順張り指標としての見方

次に、順張り指標としての見方を解説します。

ボリンジャーバンドの見方6

こちらは主に、エクスパンション発生時に着目し、トレードをおこなうことになります。バンドを超えたことをエクスパンション発生のシグナルとしてとらえ、そのままトレンドが発生することを見越して順張り的にエントリーをします。

トレードルールとしては、終値で±3σを超えたら順張り方向にエントリーし、直近の最安値で損切り、エクスパンションが終わったと判断できたら利確、というようなルールが例として挙げられます。

ボリンジャーバンドの開発者であるジョン・ボリンジャー氏は、ボリンジャーバンドは順張り指標であると述べていることもあり、優位性が見込める使い方といえるでしょう。

3-4. 自分の取引手法に合わせてうまく使いこなそう

ここまででいくつかボリンジャーバンドの使い方を説明しましたが、トレードの方法は人によってさまざまです。逆張り指標として使用して大きな利益を出している投資家もいれば、順張り指標として使って成功している投資家も存在します。

自分なりにさまざまな手法を検討し、自分に合った手法を見つけることが大切です。

bitbank
bitbank

4. ボリンジャーバンドと相性の良い指標は?

ボリンジャーバンド以外にも有用なテクニカル指標が数多く存在することは冒頭でも述べたとおりです。

最後に、ボリンジャーバンドと相性の良いテクニカル指標をいくつか紹介しようと思います。ここで紹介する指標はほんの一例ですので、ぜひ自分自身でもいろいろ手法を検討してみてください。

4-1. 逆張り指標:ストキャスティクス

ストキャスティクスは代表的な逆張り指標のひとつです。ストキャスティクスはローソク足の高値と安値から、現在の価格が売られすぎなのか買われすぎなのかを判断するのに便利なテクニカル指標であり、逆張りトレードと相性が良いです。

実際にトレードをおこなう場合は、ボリンジャーバンドが±2σを超えており、かつストキャスティクスが20以下もしくは80以上であることをエントリー条件にすることなどが想定されます。

4-2. 逆張り指標:RSI

RSIは、過去の一定期間の変動幅と現在の一定期間の変動幅から、現在の価格が買われすぎか売られすぎかを判断するためのテクニカル指標です。その性質から逆張りトレードに向いており、見た目自体も単純なので多くの投資家に好まれています。

実際のトレードに使用する際は、ストキャスティクスと同じようにボリンジャーバンドと組み合わせつつ、RSIが20以下または80以上でエントリーするというように使用する場合が多いです。

RSIの見方はこちら!

4-3. 順張り指標:移動平均線

移動平均線は最も基本的なテクニカル指標のひとつであり、知名度も非常に高いです。一定期間のローソク足の終値の平均値を計算し、それを期間ごとに繋げて線にしたものが移動平均線になります。相場の状況を把握する際にも便利な指標であり、たとえば移動平均線が上向きであれば相場は上昇傾向にある、というように判断できます。

実際のトレードでは、移動平均線が上向きならば上昇相場であると判断し、売りでのエントリーはせずに買いでのみトレードをおこなうといった戦略が立てられます。

4-4. 順張り指標:MACD

最後に紹介するのはMACDです。MACDは、期間の違う移動平均線2本と、その移動平均線同士がどれだけ乖離しているかから算出されるテクニカル指標です。

MACDにはさまざまな使い方があり、使い方によっては逆張り指標としても使用できますが、今回は順張り指標としてのMACDの使い方を解説します。

MACDで表示される2本の線はそれぞれMACD(指標と同名)、シグナルと呼びますが、これらがゼロラインを超えると強いトレンドを形成する場合が多いです。例えば、ゼロラインを下から上に超えたことを確認したのち、細かい時間軸で下がったところをボリンジャーバンドで確認しつつ買っていくという手法などが考えられます。

MACDの見方はこちら!

DMM Bitcoin
bitbank

まとめ

ボリンジャーバンドは非常に有名かつ有用なテクニカル指標ですので、多くの投資家に使用されています。順張りにも逆張りにも使えることから、さまざまなトレード戦略に応用できることも人気の要因のひとつです。

他の指標の紹介の際に述べたように、ボリンジャーバンドはさまざまな指標と組み合わせることが可能です。多くのエントリー根拠が合わさったトレードは成功する確率も高いため、さまざまな組み合わせ、手法を試してみるとよいでしょう。