本当に広告カットできた!Braveブラウザの評判と口コミ&仮想通貨BATとの関係

braveブラウザの評判は?口コミはどう?

Braveブラウザを使いたいけれど、マイナーなブラウザを使うのに躊躇しているのではないでしょうか?

Braveブラウザは、広告をブロックしてプライバシーを保護しつつ、アクセス速度を改善する先進的なブラウザです。それだけでなく、仮想通貨BATとの連携で新たなWeb広告のしくみを構築しようとしています。 
そんなBraveブラウザのインターネット上の評判をもとに、メリットデメリットや将来性を説明していきます。

この記事でわかること:braveブラウザの評判

\口座開設はこちら/


1. Braveブラウザの評判・口コミは?

BraveブラウザはGoogle ChromeFirefoxなどと比べるとマイナーで、あまり知られていないブラウザです。
広告や公式サイトの説明だけでは分からないこともあると思いますので、インターネット上の評判をもとに実際の姿を洗い出していきます。

ブラウザとしての機能が優秀

広告ブロック機能へ評価は高く、この点をメリットとしてBraveブラウザを選んでいる人は多いようです。
BraveブラウザはChromeの拡張機能がそのまま使える点は、Chromeからの乗り換えを検討している人の背中を押してくれることでしょう。

Google Chromeベースだが本家のGoogle Chromeよりも早い

LINEYAHOO!ブラウザと互角に戦うレベル

通信容量とバッテリーの節約ができる

広告ブロックですっきりと使いやすい

スッキリ&サクサク

広告がかなりカットされて、スッキリした見た目のブラウジングが出来ます。サクサクと速度も速いです。きっと安全性も高そう。

AppStoreのレビューより>


スマホアプリでは
Web上の動画再生に難あり?

広告を自動でブロックしてくれるので気に入っています!youtubeの広告なども表示されないので、サイトで見るならこのアプリです!(読み込みも勿論早いけどね!)

Google Playのレビューより>

広告ブロックの副作用のようですが、InstagramTwitterの動画再生ができないようです。
iPhoneAndroidでの現象ですので、それぞれの専用アプリを使用すれば良いのですが、利便背を下げるマイナス点と言えます。

YouTubeの再生に難あり?

youtubeでの再生が出来ない
ネットで「YouTubeで広告が出ない」とこのアプリが紹介されていたため、いざ再生してみたところ、「エラーが発生しました。」といった内容の表示が。
問い合わせのページはあるようですがページがわかりにくく問い合わせできませんでした。
IOSでの現象です。iPhoneiPadの両方で確認されました。

AppStoreのレビューより>

SNSでの動画再生ができない

広告カットが本物!しっかり根こそぎカットしてくれて感動しました。 ただツイッターやインスタの写真や動画も広告扱いなのかカットされてしまい表示されません。 カット無視の機能がないようなので、他のブラウザで開かないと閲覧できずそれがかなり面倒です。 しかしながら広告カットの成果が素晴らしく不都合点があってもこれを使いたいと思わせてくれます。

Google Playのレビューより>

実際使ってみたら動画再生できるっぽい

2020423日にコインペディア編集部でiPhoneの端末から確認してみたところ、Youtubeの再生もTwitterTL内の動画も再生することができました。
ひょっとしたら再生できない動画がまだあるのかもしれません。

しかし、数多くの開発者が改善に携わっていることからbraveブラウザは日々改善されているようです。

BATポイント(BAP)がもらえるのは良いが……

Braveブラウザでは広告を表示させることでBATポイント(BAP)がもらえるしくみになっています。このしくみが実際に働いてBAPが付与されているという書き込みがあるのは、安心感を与えてくれるでしょう。
ただ付与されるのがBATではなくBAPであることへの不満がある人は少なくないかも知れません。

実際にBAPがもらえる

BAPは残念だが、速さと広告ブロックに魅力がある

BATの取扱い方が残念なポイント

 

Braveブラウザ、日本でのBATの取り扱いは資金決済法の都合により今ひとつ。
BATの投げ銭エコシステムが本格稼働すると面白そう。なんと言ってもBraveブラウザはウォレットが基本機能として装備されているから。
https://twitter.com/pcnikki/status/1241051933944598528

ユーザー数の少なさが問題

どれだけ性能が良いものでも使う人が少なければ意味がありません。
ユーザーが少なく一部の人だけが使っているという点は、Braveブラウザの一番の問題点と言えるかもしれません。

結局相手にされてない?

使わない理由が分からないくらい良いのに・・・

\口座開設はこちら/


2. Braveブラウザのメリットとデメリット

前章で紹介した評判も含めてBraveブラウザのメリットとデメリットを説明します。
実際の評判をもとにした内容ですので広告だけでは分かりにくい視点とも言えますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

2-1. メリットを大手ブラウザが追いかけている?

Braveブラウザには先進的な機能が搭載されており、メジャーなブラウザがあとを追いかけるように実装しているものもあるのです。
そんなBraveブラウザを使う上での大きなメリットとなる機能を紹介します。
なお、もっと詳しくBraveブラウザを知りたくなった人は、ぜひ次の記事をお読みください。

Braveブラウザとは?インストールから使い方まで|ポイント稼ぎ・チップの送り方

広告ブロック

広告ブロックについては、多くの好評価がありBraveブラウザのメリットの代表格と言えます。
Braveブラウザがブロックする広告はユーザーのサイトアクセスの履歴などを収集するトラッカーと呼ばれる機能に関連した広告です。多くのWeb広告がトラッカーの情報を利用しているため、自動的に多くの広告がブロックされることになります。

トラッカーのブロック機能についてはFirefoxにも搭載されていましたが、デフォルトで有効になったのはBraveブラウザ登場から2年以上後になってからでした。
▶<The Mozilla Blog   Firefox Now Available with Enhanced Tracking Protection by Default Plus Updates to Facebook Container, Firefox Monitor and Lockwise

プライバシー保護

トラッカーをブロックするもっとも大きな理由は、ユーザーのプライバシー保護です。
アクセス履歴はその人の行動様式を特定することができるプライベートな情報なため、Braveブラウザは無断でトラッキングを行うトラッカー広告とその情報を利用している広告をブロックしています。

BATによる分散型広告

広告主から広告を掲載するサイトの運営者と広告を見るユーザーへBATが報酬として支払われます
Braveブラウザは内部にはウォレットが搭載されていて、そこにBATが保管されるのです。
ユーザーからコンテンツ作成者へのチップは、そのウォレットから行うようになっています。

braveを利用した広告の流れ

Braveブラウザはこのようにして分散型広告の経済圏を構築しており、その中心となるのがBATなのです。

2-2. デメリットは多くない

Braveの最大の問題点はユーザーの少なさですが、20203月には100万人のユーザー数増加を記録しており、20203月のアクティブユーザー数は1350万人にまで増えています。

もしかしたら、今後に期待が持てる状態になっているかも知れません。
ただし、ユーザー数以外にも問題点はありますので、紹介しましょう。

 開発途上で不安定

「広告ブロックが効かない」「YouTubeSNS上の動画がブロックされる」「ブックマークが消える」「色が勝手に反転する」など、ソフトウェアの問題についての指摘は少なくありません。
アップデート頻度は少なくありませんので徐々に改善はしていますが、Google ChromeFirefoxに比べると不安定と言えるかもしれません。

BATではなくBATポイント(BAP

Braveブラウザは分散型広告でBATによる経済圏を構築していますが、日本のBraveブラウザではBATを扱うことができず、BAPというポイントになっています。
ポイントですのでウォレットから取引所へ送金することはできず、Brave内でしか通用しないものになっています。
その理由は、日本の資金決済法などの法律により、日本円や他の通貨に換金することができない為です。

この点がBraveブラウザの普及の足かせになっているのかもしれません。
これはBraveブラウザの問題ではなく運営企業であるBrave softwareと日本の法律との問題ですので、多くの人が今後に期待している状態です。

\口座開設はこちら/


3. Braveブラウザの今後は?

BraveブラウザはまだまだGoogle ChromeFirefoxの牙城を脅かすほどの人気になっているわけではありません。
しかし、広告ブロックとそれによる高速動作で人気が出てきているのは確かでしょう。
そんなBraveブラウザの今後について解説していきます。

直近のリリースでプライバシー保護が強化される?

Braveブラウザはオープンソースになっており、数多くの人がその開発に携わっています。そのせいもあってアップデートの頻度は3週間程度と短期間で、不具合の改修や新機能の追加などが頻繁に行われています。
Roadmap

その中でも直近で注目なのが、2020年第1四半期から第2四半期に導入予定の「フィンガープリントのランダム化」です。
ブラウザのフィンガープリントはサイトを閲覧したコンピューターの情報を組み合わせてユーザー属性を特定するというもので、その収集はプライバシーの収集に等しいものです。
そこでBraveブラウザはそのフィンガープリントをランダムにしてユーザー属性の特定を防ぐ機能を搭載しようとしています。

BAPからBATへの移行ができるか?

Braveブラウザが今以上の広がりを見せるために有効なのが、BAPではなくBATを取り扱って換金できるようになることです。
そうすれば、広告を掲載するサイトの運営者やユーザーがBraveブラウザで収入を得ることができるようになるでしょう。そうなれば、ユーチューバーのような存在も生まれてくるかもしれませんね。

しかし残念ながら日本のBraveブラウザ内で仮想通貨を扱うには、仮想通貨交換業の登録が必要になります。
海外企業にはとても厳しいハードルですので、Braveブラウザを運用しているBrave softwareに期待するのは無茶でしよう。

ただし、もしも国内の取引所がBrave softwareと提携して、Braveブラウザと国内取引所のウォレットが接続することになればどうでしょう。
この問題はクリアするかもしれません。
国内の取引所は仮想通貨交換業の登録を得ていますのでBATを扱うことができますし、そこから日本円を含む他の通貨への交換も可能になるのです。

国内取引所であるGMOコインとbitFlyerで立て続けにBATの取り扱いが開始されました。
もしかしたらという期待を持っている人は少なくないでしょう。

\口座開設はこちら/


まとめ

Braveブラウザはメジャーなブラウザと比べても負けることのない機能を持っており、それに加えてBATのウォレットとBATを使った経済圏の構築までしているブラウザなのです。

  • Braveブラウザの広告ブロックは優秀
  • トラッカーとそれに基づく広告をブロックする
  • 広告ブロックするため、高速でバッテリーにやさしい
  • ユーザー数は少ない
  • まだ少し不安定
  • 日本のBraveブラウザはBATではなくBAPになっていて換金できない

大きな懸念点であるBAPの問題は未解決ですが、国内取引所でのBATの取り扱い開始によって、希望が生まれたのは確かでしょう。
今のうちにBraveブラウザを使って高速で快適なネットサーフィンをしつつBAPを稼いでおくのも良いかもしれません。

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter