ビットコイン急騰はなぜ起こる? 外資戦略コンサル出身のトレーダーが解説

ビットコインの急騰

世間を賑わせた2017年末のビットコインの急騰は記憶に新しいですが、そもそも何故ビットコインの急騰は起こったのでしょうか。

また、ビットコインの急騰は再び起こり得るのでしょうか。

本記事では、ビットコインの急騰の原因についてファンダメンタル的、テクニカル的な各視点から考察し、さらには今後のビットコインの展開についても言及していきたいと思います。

この記事でわかること(ビットコインの急騰)


1. ビットコインに対するファンダメンタル分析

まずはビットコインのファンダメンタル的要素に着目し、ビットコイン(Bitcoin)の急騰の理由を考察していきます。

ファンダメンタル分析:金融商品の将来性を示す要素をもとに、その金融商品の将来的価値を分析する分析方法。株における財務状況や業績状況の分析にあたる。

ビットコイン、もしくは仮想通貨(暗号資産)のファンダメンタル的要素は、主にブロックチェーン技術の将来性や、仮想通貨そのものの普及率などが挙げられます。

1-1. ブロックチェーン技術の将来性

まずは、仮想通貨のシステムの根幹をなすブロックチェーン技術についてです。

ブロックチェーンとは、発行主体を持たずに通貨としての役割を成立させている技術であり、中央銀行などの発行主体をもつ既存の通貨の仕組みとは対をなすシステムです。

仮想通貨のような発行主体を持たないシステムを、分散型台帳と呼びます。このブロックチェーン技術によるメリットは、以下の事項が挙げられます。

ブロックチェーン技術によるメリット

  • 管理者にあたるマイナーが世界中に多数いるため、リスク分散になる
  • 主体となる管理システムの保守費、開発費が必要ない
  • 取引履歴がインターネット上に公開されるため、クリーンな取引が可能となる

このような金融商品は今までになく、非常に革新的なものでした。

その将来性に投資した人々により仮想通貨が買われ、価格の上昇とともに仮想通貨の知名度も上がっていったものと考えられます。

1-2. 金融市場の影響

一般的に、株と金(ゴールド)の価格は逆相関を示すといわれています。

これは、不景気で株安となっている時は、株を売って価格が安定している金に資金を逃がす行動をする投資家が多いためといわれています。

逆に好景気の時は株を所有していたほうが資産の増加につながるため、金を売って株を買う行動をとる投資家が多くなります。

仮想通貨は、世界景気などの影響を受けづらい分、金と同様に株式相場の動向と逆相関になる傾向がありました。そのため、世界的に株安となっていた2017年末ごろ、投資家の資金が仮想通貨に集まり、基軸通貨であるビットコインが買われたと考えられます。

1-3. 仮想通貨が一般投資家へ普及

仮想通貨価格の大きな上昇は、株として所有していた資産を逃がす目的で仮想通貨を買った投資家以外にも、現金資産しか持っていない人々の参入も大きな要因でした。

仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所を通す必要があります。仮想通貨取引所は仮想通貨ブーム以前より存在していましたが、2017年のビットコイン高騰とともに急速にその数を増やしていました。

投資と無縁だった人々でも参入しやすいような、わかりやすいUIやアプリでサービスを提供し、仮想通貨に投資する人々はますます増えていきました。

最終的にはテレビCMでも宣伝されるなど、仮想通貨が広く一般へ知れ渡ったこともビットコイン価格上昇の一因だと考えられます。

1-4. 大口投資家の参入も影響か

投資家は一般的に個人投資家機関投資家に分けられます。

個人投資家は個人で投資活動をおこなう投資家のことを指し、機関投資家は投資信託の運用などをおこなう組織に属する投資家のことを指します。

機関投資家が元手としている資金は、一般の投資家が投資信託などを買った資金であり、その資金をもとに運用をしています。元手が個人資産ではないため、リスク回避の面から運用にも制限が付き、投資できる対象も限られることがほとんどです。

新しい金融商品である仮想通貨は当然機関投資家の投資対象にはならなかったのですが、時がたつにつれ、その制限も変化してゆきます。

制限が変化していく大きな理由として、米国にビットコインETFの申請が行われていることが挙げられます。ETFとは、上場型の投資信託のことであり、ビットコインETFはビットコイン価格と連動する値動きを示します。

ビットコインETFの申請が承認された場合、機関投資家たちは既存の金や小麦などの金融商品と同様にビットコインを買うことが可能になります。

実際に機関投資家がどれほどビットコインに投資したかは分かりませんが、機関投資家の莫大な資金がビットコインに流れる可能性が浮上したことだけでも、ビットコインの価格を押し上げるには十分だったことでしょう。


2. ビットコインに対するテクニカル分析

続いては、テクニカル分析によるビットコインの価格を考えていきます。

テクニカル分析:チャートに描かれる値動きは投資家の心理を表したものだとし、ゆえにそのパターンには一定の再現性があるという考えに基づいた分析。チャート形状からの分析や、移動平均線などのインジケーターを用いた分析などがある。

非常にボラティリティ(値動きの激しさ)の大きい金融商品であるビットコインですが、長期的なチャートを見てみると上昇、下降のトレンドをわかりやすく繰り返しています。

それでは、さまざまな時間軸のチャートを参考にしながらテクニカル分析によるアプローチを進めましょう。

2-1. 長期上昇トレンドを形成

下のチャートはビットコイン/ドルの2013年からの週足チャートです。特徴として、上で述べたように上昇トレンドと下降トレンドがはっきりと分かれており、現在は下降トレンドにいることがわかります。

ビットコインの急騰

さて、2017年末に史上最高値を付けた後はいまいち方向感なく推移しているビットコイン価格ですが、ダウ理論に基づくと今後2018年末の価格3,200ドル(35万円)を割るか、それとも史上最高値を更新しに向かうかが非常に重要になります。

ダウ理論:重要な相場理論として多くの投資家に支持される理論。ダウ理論で提唱される相場の基本原理のひとつに、トレンドは高値安値を切り上げる(切り下げる)ことが条件だという原理がある

後述するように、現在下降トレンドにおけるトレンドラインを上方向に突破していると捉えることができ、上昇トレンドへの転換の可能性があります。

2019年6月の高値を超えられればそのまま史上最高値を目指すことも考えられます。一方で、トレンドライン下に回帰してしまった場合は、再び下降トレンドとなり、直近の安値である70万円(6,500ドル)を割ることも考えられます。

今後の展開によって柔軟に対応することが必要になるでしょう。

2-2. 短期ではトレンドラインを突破

下のチャートは2019年4月から現在までのビットコイン/ドルの日足チャートです。ローソク足の実体で超えることのなかった上のトレンドラインを超えていることがわかります。

ビットコインの価格(短期トレンド)

これを上昇トレンドへの転換と見ることもでき、ロングポジションを取るのもひとつの考えです。一方で、上昇の勢いは弱く、再びトレンドライン下へ回帰してもおかしくはありません。

ここは様子見して、強い上昇が見られたら買いで参入するといったやり方もよいでしょう。

トレンドラインの概要・引き方・種類から利益を出すコツまで解説

2-3. ログスケールで見るビットコイン

下のチャートは、ログスケールで見た2013年からのビットコイン/ドルの週足チャートです。

ログスケール:縦軸(価格)を対数表時にしたチャートのこと。すなわち、価格の間隔が1、2、3…ではなく、1、10、100…のように指数関数的に表示される。

ビットコインの価格(ログスケール)

ログスケールのチャートは株や指数のチャート分析においてたびたび使用されますが、ビットコインも指数関数的な値動きを見せるという特性上、ログスケールによる分析がマッチしていると考えられます。

ログスケールのチャートを見てみると、通常のチャートではほとんど動きがないように見えた2013年末の上昇が、実は非常に大きいものであることがわかります。実際、この上昇でビットコイン価格は80ドルから1,150ドルと、約14倍にもなっています。

ログスケールのチャートでもうひとつ着目すべきは、値動きのほとんどが2本のトレンドライン内に収まるということです。

今後もこの傾向が続くとすれば、下のトレンドライン付近で推移している現在はかなり買いやすいポイントといえるでしょう。

素直にトレンドライン内を上昇していくと、10万ドル(1,000万円)まで到達する可能性すらあります。しかし、もし今後トレンドラインを割るような動きを見せれば、大きな下落になることも想定されます。

トレンドラインを頼りに買ってみるのであれば、早めの損切りを心掛けるべきでしょう。


3. ビットコイン急騰の歴史

ここまでで、ビットコインについてファンダメンタル的、テクニカル的な側面から価格の分析をしました。最後に、過去にあったビットコインの急騰について振り返りましょう。

大きな上昇は2回あり、それぞれ2013年2017年です。

3-1. 2013年12月までの急騰

最初の急騰は、仮想通貨があまり世間に知られていないうちに起こりました。チャートで見ても、2回目の2017年の上昇が大きすぎて霞んでしまいますが、上昇率だけで見ればそれに次ぐ大きな上昇でした。

安値の80ドルから高値の1,150ドルまで、最大14倍ほどの価格になっており、その後は2年半ほど下降トレンドが続きました。

この時点では機関投資家や個人投資家もあまり仮想通貨に目をつけていなかったため、一部の先見の明のある投資家が資金を入れたことによる上昇かと考えられます。

3-2. 2017年12月までの急騰

続いては、仮想通貨が世間に大きく浸透するきっかけとなった2017年の上昇です。2015年の安値の約200ドルから、史上最高値の約20,000ドルまで、約100倍もの暴騰をしています。

これは、先に述べたとおり仮想通貨ブームによる個人の資金の流入、機関投資家の参加などが大きな要因といえるでしょう。

上昇が大きかった分下落も激しくなりましたが、ログスケールチャートにおけるトレンドラインで踏みとどまったという印象です。

その後は上昇に転じましたが、最高値は更新できずに、現在は投資家心理も迷っているような状況にあります。

3-3. 現在2020年1月時点でのビットコイン

現在のビットコイン価格は上昇に転じきれずに迷っているという印象です。下のチャートはログスケールのビットコイン/ドルの週足です。

ビットコインの現在の価格

このチャートのように三角保ち合いとなる可能性も大きく、ゆえに今後は上下どちらかに大きく動く可能性があります。一方で、三角保ち合いは形成せずに、レンジとなって方向感なく推移する可能性もあります。

今までのビットコインの傾向では、はっきりとトレンドが発生することが多かったので、動いた方向についていくのがよさそうですが、相場に絶対はありません

ポジションを取る時は、必ず自分自身の考えに基づき、決断するようにしましょう。


まとめ

今回の記事ではビットコインの急騰について、さまざまな側面から考察をしました。

ファンダメンタル的な要素では過去の急騰の原因を、テクニカル的な要素では今後の予想をしましたが、今回述べた考察は決してビットコインの価格変動すべてを説明するものではありません。

仮想通貨取引をする際には、さまざまな要因を自ら調べることが重要です。十分な裏付けをとってこそ、自信をもって仮想通貨を保有できるのです。

同時に、予想に反して下落してしまったときも、しっかりと理論立ててポジションを取っていれば、リスクリターンに見合った損切りができるはずです。

ビットコインは高い将来性がある一方で、まだ関連する制度も整っておらず、値動きも荒い金融商品です。自らしっかりと分析をおこなったうえで、リスクに見合う取引をするよう心がけましょう。

DMM Bitcoinから始める、ビットコイン投資