ローソク足の組み合わせから価格を予想! 3つの代表例を画像で紹介

ローソク足の組み合わせ

ローソク足の組み合わせはいくつかの種類があり、出現後の動きの傾向を基に価格予想に役立てることができます。

一方で、その種類は非常に多く、全てを覚えるのは難しいでしょう。

そこで今回の記事では、ローソク足の組み合わせの目的やベースとなる考え方に加えて、特に覚えておきたい代表的な3つの組み合わせ例を解説していきます。

この記事でわかること(ローソク足の組み合わせ)

bitbank

1. ローソク足の組み合わせの目的

この項目では、ローソク足を組み合わせる目的や考え方を解説していきます。

ローソク足は期間ごとの最高値と最安値、終値と始値を示したものです。さらに詳しい内容は下記の記事を参考にしてみてください。

目的は「相場の転換点を見極めるため」

ローソク足の組み合わせを活用する主な目的は、相場の転換点を見極めるためです。ローソク足は特定の組み合わせが出現した時に、相場が転換する傾向があります。その組み合わせを見つけることで、相場の転換点を見極め、取引に役立てることができるのです。

ローソク足(つつみ線)の実例
出典:Tradingview-BTCJPY

上記の画像はビットコインの1時間足のチャートです。画面左側では1本目のローソク足の陽線が2本目のローソク足の陰線の実体に入っている「つつみ線と呼ばれる組み合わせが出現しています。

一般的にこの組み合わせのつつみ線が出現した場合には、上昇から下落へ転換する傾向があります。実際に、その後のチャートも下落していることが分かりますね。つまり、このタイミングであれば売りを入れる機会の1つと考えることができるでしょう。

このように特定のローソク足の組み合わせを見つけることで、その後の価格予想に役立てることができるのです。

転換は高値・安値圏での組み合わせ出現時に起こりやすい

ローソク足の特定の組み合わせが高値圏または安値圏で起こった場合、特に相場の転換点となりやすい傾向があります。そのため、組み合わせを探す際にも高値圏または安値圏に到達した段階は特に注目すべきポイントであると言えるでしょう。

bitbank

2. 複数足を1つの足と捉える「合成」

ローソク足の組み合わせは複数の足から形成されますが、それらを1つの足と捉える見方を「合成」と呼びます。合成は組み合わせのベースとなっている考え方とも言えます。

一般的には、1つのローソク足でも特定の形状が形成された時、相場は転換する傾向があります。合成はこうした特定の形状のローソク足を、複数の足をまとめることで見つけるというものです。

合成の例と考え方

以下は2本の陰線と陽線を合成して、1つのローソク足と見なした場合のイメージ図です。

ローソク足の合成

左側が合成前のローソク足で、右側は合成後のローソク足です。合成前の2つのローソク足は、1つ目の陰線が2つ目の陽線の実体に入っている「つつみ線」と呼ばれる組み合わせに該当します。

この例の場合、1つ目の陰線の始値が合成後のローソク足の始値、2つ目の陽線の終値が合成後のローソク足の終値となります。そして、合成後のローソク足は「下陰陽線」と呼ばれるローソク足の形状となるのです。

下影陽線は上昇の転換点

下陰陽線は下ヒゲが長く、売りの圧力よりも買いの圧力が高いことから、上昇への転換になりやすいと考えられています。

このように複数のローソク足の考え方には、合成によって上昇や下落が見込める特定のローソク足の形状を読み取るという考え方がベースとなっています。

bitbank

3. ローソク足の組み合わせ3つの代表例

ローソク足の組み合わせは様々な種類のものがあり、その全てを覚えるのは難しいと言えます。そこでここからは、組み合わせの中でも特に代表的な3つの例を紹介していきます。

① 3つのローソク足を組み合わせた「星」

ローソク足の組み合わせ例(星)

ローソク足の組み合わせ1つ目は「」です。星には大きく分けて「明けの明星」と「宵の明星」の2つのパターンがあります。

上昇を示唆する「明けの明星」

明けの明星」は1つの陰線と2つの陽線の3つのローソク足で形成される組み合わせです。安値圏での出現時には価格が反転し上昇する傾向があります。

1つ目の陰線と2つ目の陽線、2つ目の陽線と3つ目の陽線の間には「」が存在します。窓は前日の終値と翌日の始値に乖離がある際に出現する、2つのローソク足の価格の開きのことです。

明けの明星は売りの勢力が強かったが徐々に弱まり、買いの勢力が優勢になったというのが基本的な考え方です。そのため、出現後には価格が上昇する傾向があります。

下落を示唆する「宵の明星」

宵の明星」は1つの陽線と2つの陰線の3つのローソク足で形成される組み合わせです。高値圏での出現時には価格が反転し下落する傾向があります。

1つ目の陽線と2つ目の陰線、2つ目の陰線と3つ目の陰線の間には「」が存在します。

宵の明星は買いの勢力が強かったが徐々に弱まり、売りの勢力が優勢になったというのが基本的な考え方です。そのため、出現後には価格が下落する傾向があります。

② 2本目が1本目の中に入った「はらみ線」

ローソク足の組み合わせ例(はらみ線)

ローソク足の組み合わせ2つ目は、「はらみ線」です。はらみ線は1本目のローソク足が大きく、その中に2つ目のローソク足が収まっている組み合わせを指しています。大きく分けて、「上昇を示唆するはらみ線」と「下落を示唆するはらみ線」の2つの種類があります。

1本目が陰線の上昇示唆のはらみ線

上昇を示唆するはらみ線は1本目が大きな陰線となり、2本目は陽線と陰線のどちらでも成立する点が特徴です。

2本目のローソク足が1本目の陰線の安値を更新していないことから、売りが出尽くし買いの勢力が徐々に優勢になったと考えるのが基本的な見方です。そのため、出現後には価格が上昇する傾向があります。

また、このタイプのはらみ線は2本目のローソク足が陽線の場合を「陰の陽のはらみ線」、陰線の場合を「陰の陰のはらみ線」、同時線(始値と終値が同じもの)の場合を「陰のはらみ寄せ線」と呼ぶのが一般的です。特に「陰のはらみ寄せ線」は非常に強い買い圧力を示唆していると考えられています。

1本目が陽線の下落を示唆するはらみ線

下落を示唆するはらみ線は1本目が大きな陽線となり、2本目は陽線と陰線のどちらでも成立する点が特徴です。

2本目のローソク足が1本目の陽線の高値を更新していないことから、買いが出尽くし売りの勢力が徐々に優勢になったと考えるのが基本的な見方です。そのため、出現後には価格が下落する傾向があります。

また、このタイプのはらみ線は2本目のローソク足が陽線の場合を「陽の陽のはらみ線」、陰線の場合を「陽の陰のはらみ線」、同時線の場合を「陽のはらみ寄せ線」と呼ぶのが一般的です。特に「陽のはらみ寄せ線」は非常に強い売り圧力を示唆していると考えられています。

③ 1本目が2本目の中に入った「つつみ線」

ローソク足の組み合わせ例(つつみ線)

つつみ線」は2つ目のローソク足の実体に1つ目のローソク足が入っている組み合わせです。大きく分けて、「上昇示唆のつつみ線」と「下落示唆のつつみ線」の2つのパターンがあります。

2本目が大きな陽線となる上昇示唆のつつみ線

上昇を示唆するつつみ線は1本目が小さな陰線、2本目が大きな陽線となる点が特徴です。一般的には「陽のつつみ線」と呼ばれています。

売りの勢力は2本目のローソク足の安値まで攻めたものの、買いの勢力に負けて押し切られたというのが基本的な考え方です。買いの勢力が強いため、出現時には価格が上昇する傾向があります。

2本目が大きな陰線となる下落示唆のつつみ線

上昇を示唆するつつみ線は1本目が小さな陽線、2本目が大きな陰線となる点が特徴です。一般的には「陰のつつみ線」と呼ばれています。

買いの勢力は2本目のローソク足の高値まで攻めたものの、強い売りの勢力に押し返されたというのが基本的な考え方です。売りの勢力が強いため、出現時には価格が下落する傾向があります。

bitbank

まとめ

以上、ローソク足の組み合わせについて解説してきました。改めて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

  • ローソク足の組み合わせは相場の転換を見極めるために活用する
  • 複数のローソク足を1つのローソク足とみなす合成の考え方がベースにある
  • 代表的な組み合わせには「星」「つつみ線」「はらみ線」などが挙げられる

ローソク足の組み合わせを見つけることで、取引における価格予想に役立ち、利益も狙いやすくなります。ただし、100%の結果を保証するものではないので、運用する資金に余裕を持つなど、リスク管理をしっかりとするよう心がけましょう。

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本暗号資産取引業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。