【3/27-3/28は売り】ビットコインの投資戦略

★相場は弱気

【現状の分析】

BTC/JPYは3/23(月)を起点に、640,000からじりじりと価格上昇しています。
3/25に相場は直近の高値を更新しており、その後は上下変動あるものの730,000~770,000のレンジ内を行き来しているところです。

(直近のサポートラインは、下影陽線が出現した3/24(黄矢印)時点である、700,000円とみなします。レジスタンスは770,000円。)

 【TradingViewより】

【今後の予測】

以下の分析をもとに、今後の予測をしてみます。

①ダイバージェンス発生 → 上昇圧力の弱まりを示唆。3/23からはじまった上昇トレンドはいったん終了とみる。(上図黄線を参照)

②出来高は27日に微増の兆しがあるものの、3月の上旬と比較し総じて軟調 

③下図赤線部を確認する限り、3/23時点と比較し、bitFlyerの買い注文(bid sum)は積みあがっている形跡がある。(しかしcoinbase、bitfinex等の海外大手取引所はこの限りではなく、買いの勢いは落ちている。)

 →②、③より 3/27・28にかけて価格が上に突き抜ける可能性は低いと見る。

 

【今後の戦略】

売り(ショート)とします。ロスカットラインは直近のレジスタンスである770,000円に設定します。

(ショートポジションをとれる取引所はいくつかありますが、レバレッジ・取引量(流動性)・追証の有無という観点から見るとBitMEXがオススメです。)

=======免責事項=======

本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。また、Coinpediaで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の最終判断は、読者の皆様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。