【4/10-4/12は売り】ビットコインの投資戦略

4/10 ショート

★売り

今回の記事では、4/5以降の動きを分析しつつ、本日(4/10)から4/12にかけてのポジションメイクについて解説していきたいと思います。

【今後の戦略】

結論から申し上げると、上記の期間でこれから投資を始める方は、

売り(ショートポジション)が良いでしょう。以下①~③でその根拠を述べます。

トレンドライン

BTC/JPYの4時間足を見ると、まずS点の更新に失敗=上昇トレンドの山が切り下がっている(図中の黄矢印)ことから、現行トレンドの勢いが弱まっている可能性が出てきていることがわかります。次に直近のサポートライン770,000円(7,000ドル付近)を下抜けしていることから、いよいよ強気相場の継続が怪しくなってきた印象です。(ここでは4/3のレジスタンスライン(トウバが出現した価格帯)が反転して、そのまま770,000円のサポートラインに変化している点に注目です。)

4/10はショート

②bid/ask sum

基本的に売りポジションが増加、買いポジが減少しているので、上値が抑えられるだろうと予測します。もし相場がこのまま弱気に突入すれば、現物を持ちきれなくなる投資家の決済売り(成行)が増加する可能性が大きいです。以下、4/7~4/10のcoinbaseおよびbitfinexにおける売りポジ買いポジの増減と、それが4/10以降の価格の動きに与える影響(予測)を書きました。

ポジション増減
(4/7~4/10)
売りポジ買いポジ

4/10以降に価格が下落する場合

4/10以降に価格が上昇する場合
coinbase  -10%-3%
bitfinex+56%-22%

更に下がる(買い支えが弱いため)

大きく上がらない(強い売圧がかかるため)

出来高については4/6から価格は高水準で推移していますが、coinbase,bitfinexの出来高はともに減少の一途(-10%/日)をたどっています。②のポジションの増減と出来高を総合して、相場の強弱を予測していくことにします。

(ショートポジションをとれる取引所はいくつかありますが、レバレッジ・取引量(流動性)・追証の有無という観点から見るとBitMEXがオススメです。なお本記事はビットコインFXを前提にしているので、まだ現物をもっていない方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください。)

=======免責事項=======

本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。また、Coinpediaで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の最終判断は、読者の皆様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。