【新規ポジションはショート(売り)】5/11~5/14の投資戦略

金先物

今回の記事では、4/29以降の動きを分析しつつ、本日(5/11)から5/14にかけてのポジションメイクについて解説していきたいと思います。

【ポジションメイクの方針】

二次トレンドは強気→弱気に転換の兆し。トレンドを追う形でショート(売り)から入る。

①トレンド

ビットコイン 今後 【TradingViewより。BTC/JPY(4時間足)】

BD線を突破したチャートはE点で最高値を付けていますが、その後徐々に高値が切り下がっています。そこから何度か上値を挑戦するも失敗、その後ついに総崩れという形で、対前日比8%強の下落となりました。4/29、5/6から始まった上昇トレンドをそれぞれ主要トレンド、二次トレンドとすると、二次トレンドは一旦終了(強気→弱気に転換)したと見なします。

②建玉

バイナンス 建玉【図1】【図2】

図1のバイナンス建玉(BTC/USDT)ですが、5/10を境に(対前日比で)34%減少しています。積みあがっていたロングポジションが一気に決済(損切り)されました。 具体的には 価格下落→Long勢の損切り(成行売り)→売圧の増加→更に価格下落  している状態です。図2のcoinbaseの買建玉(赤線)からも分かりますが、バイナンス同様coinbase、BitMEX含む大手取引所は軒並みロングが引き揚げた形になっています。

以上よりトレンドを追う形でいったんショートを取ります。しかし主要トレンド(強気)が継続中の場合に備えて、ポジションサイズを小さくした上で、相場観を随時見直していきたいと思います。

(本記事はビットコインFX(差金決済)を前提にしているので、取引方法および口座開設について知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。)

=======免責事項=======

本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。また、Coinpediaで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の最終判断は、読者の皆様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。