【BTC/JPYは強気に転換か】ポジション見直しのタイミング

ビットコイン 今後

5/11にリリースした記事の通り、トレンドを見直すタイミングになってきたので、さっそくチャートを使ってチェックしていきたいと思います。

下図をご覧ください。図1が本日5/14(木)、図2が5/11(月)のチャートになります。(いずれもBTC/JPY 4時間足)

【図1】

  ビットコイン 今後【チャートの出所:TradingView】

まずコメントに記載の通り、下落トレンドの継続が怪しくなってきていますね。本来ならばE点→F点→コメント部と、チャートの「山」が切り下がることによって下落トレンドが形成されるはずですが、トレンド形成に失敗していることがわかります。

【図2】

ビットコイン 今後【チャートの出所:TradingView】

 

次に、建玉を見ていきましょう。図3がバイナンス、図4がcoinbaseの建玉になります。

【図3】

ビットコイン 今後

【図4】

ビットコイン 今後

5/11の数値と比較すると、バイナンス(先物)は約16%(4,000BTC)の上昇、coinbaseの買建玉は約200%(800BTC→2,000BTC)の上昇となっています。

以上より、5/11から5/14にかけて 価格上昇+建玉増加(資金流入)が起きているため、相場の強気転換が発生していると判断します。5/11に構築したショートポジションをいったん見直すタイミングです。(ちなみに、積みあがった買建玉が決済された場合は大きな売り圧を生成するので、下落する時も大幅な下落になります。)

(本記事はビットコインFX(差金決済)を前提にしているので、取引方法および口座開設について知りたい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。)

=======免責事項=======

本記事は、信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、その正確性、適時性、適切性又は完全性を表明又は保証するものではありません。また、coinpediaで発信する情報の内容について、一切の保証や責務を負わないものとします。投資の最終判断は、読者の皆様ご自身の責任のもとで行われます様よろしくお願い申し上げます。