コインチェックの確定申告を最速で終わらせる方法 |取引履歴&ツール

コインチェックの確定申告

今年に入ってコインチェックを利用した場合は、コインチェックの仮想通貨取引も確定申告の対象です。

仮想通貨(暗号資産)の確定申告は複雑そうで、何から手をつけてよいのか分かりませんよね。

一番簡単な手順は、コインチェックの取引履歴を取得後、ツールを使って損益計算することです。楽な方法で、コインチェックの確定申告をスムーズに済ませましょう。

この記事でわかること(コインチェックの確定申告)


1. あなたは確定申告が必要? or 不要?

仮想通貨の利益は雑所得に分類されます。雑所得ももちろん確定申告の対象ですが、実際に確定申告が必要か否かは、年間の利益で決まります

1つの会社で働いていて副業で仮想通貨取引を行っている場合、利益が20万円を超えるなら所得税と住民税の申告、20万円以下でも住民税の申告が必要です。

  • 利益が20万円を超える⇒税務署へ確定申告が必要
  • 利益が20万円以下⇒地方自治体の役所へ確定申告が必要
  • 利益がマイナス⇒確定申告は不要

なお仮想通貨以外の副収入(ネットオークションやフリーマーケットなどでの収入)がある場合は、その収入と仮想通貨取引の収入を合算した額が対象となります。

ほかにも条件によって申告の有無は変わりますので、各地の国税局や税務署へ問い合わせて確認しましょう。

国税庁|税務署の所在地などを知りたい方

損失の取り扱い

仮想通貨取引での年間累計損益がマイナスの場合、確定申告の必要はありません。

ただし、昨年度に出た損失を今年度の利益から差し引くことはできませんので注意が必要です。

例えば、今年度に26万円の利益があり昨年度に7万円の損失があったからといって、今年度の利益が「26万円 – 7万円 = 19万円」という計算にはなりません。確定申告では、今年度の「26万円」を申告する必要があります


2. コインチェックの最もシンプルな損益計算方法

コインチェックの確定申告をミスなく簡単に行うために、まずは年間の損益を計算する必要があります。以下2つのステップを順に行いましょう。

  • STEP1:取引履歴をダウンロードする
  • STEP2:取引履歴をもとに損益計算をする

2-1. 取引履歴をダウンロードする

まずは、あなたが利用した取引の履歴をコインチェックのサイトからダウンロードしましょう。アプリからは利用できないのでweb版でアクセスしてください。

Coincheck画面左のメニュータブを変更し、「取引履歴」を選択します。

コインチェックの取引履歴ダウンロード1

申告年度のダウンロードボタンをクリックします。

コインチェックの取引履歴ダウンロード2

CSVデータがダウンロードされれば、取引履歴の取得は完了です。

2-2. 損益計算ツール「Cryptact」で簡単計算

コインチェックから取引履歴を取得したら、損益計算を行います。損益計算は複雑で面倒ですが、手間なく簡単に損益計算をするならば、無料オンラインサービスの「Cryptact」がおすすめです。

無料登録が必要で、コインチェックからダウンロードした取引履歴をCryptactへアップロードするだけで損益計算ができます。33社の仮想通貨取引所と2,800以上のコインに対応していますので、コインチェック以外の取引所を使っている人にとっても便利なサービスです。

Cryptact(tax@cryptact)への登録

まずは、Cryptactの公式サイトへアクセスし、登録を行いましょう。

クリプタクトの登録01

ユーザー情報の登録

ユーザー登録画面で、メールアドレスを入力してください。

クリプタクトの登録02

利用規約を確認し、「利用規約に同意する」と「I’m not a robot」にチェックを入れて「作成」ボタンをクリックします。

クリプタクトの登録03

メールの確認

登録したメール宛に確認メールが届きますので、メール本文にある「メールアドレスを確認」をクリックしてください。

クリプタクトの登録04

パスワードを設定します

クリプタクトの登録05

メール認証が完了しました。

クリプタクトの登録06

2段階認証と帳簿の設定

登録が完了したら、セキュリティと帳簿の設定を行いましょう。まず登録したメールアドレスとパスワードでログインします。

クリプタクトの登録07

ログインした画面右上のユーザー名をクリックし、プルダウンメニューから設定をクリックします。

クリプタクトの設定01

「セキュリティ」の項目から「編集する」をクリックし、2段階認証設定を行います。

クリプタクトの設定02

Google Authenticatorで認証設定が可能です。

クリプタクトの設定03

クリプタクトの設定04

2段階認証が「有効」となっていれば、設定完了です。

クリプタクトの設定05

次に帳簿を設定します。2段階認証と同じく画面右上のユーザー名をクリックし、プルダウンメニューから「設定」を選択します。

「帳簿」の項目から「編集する」をクリックし、損益計算をする際の設定を行ってください。

クリプタクトの設定06

移動平均法と総平均法はどちらを選択してもかまいませんが、計算方法が異なります。詳細はこちら

コインチェックの取引履歴をアップロードする

設定が完了したらコインチェックでダウンロードした取引履歴のファイルをアップロードしましょう。まずCryptactの画面上部にあるメニューから、「tax@」をクリックします。

クリプタクトの取引履歴アップロード01

「ファイルをアップロード」ボタンをクリックします。画面右上の緑色のボタンからでもアップロードできます。

クリプタクトの取引履歴アップロード02

「coincheck」を選択します。

クリプタクトの取引履歴アップロード03

「ファイルをドラッグ&ドロップ」の場所へ、取引履歴のファイルをドラッグ&ドロップします。

クリプタクトの取引履歴アップロード04

「準備完了」となったら、右下の「アップロード」をクリックします。

クリプタクトの取引履歴アップロード05

アップロードが完了しました。

クリプタクトの取引履歴アップロード06

データが反映されると、損益額が自動で計算されます。

クリプタクトの取引履歴アップロード07

以下の記事では、エラーが出た時の対処法など詳しく解説しています。

2-3. ツールを使わない場合

ツールを使わない場合には、エクセルなどの表計算ソフト国税庁の計算表を利用しましょう。

国税庁|仮想通貨に関する税務上の取扱い及び計算書について(令和元年12月)

損益計算方法には「移動平均法」と「総平均法」があります。

移動平均法

移動平均法は、仮想通貨の購入時にひとつひとつ単価を計算する方法です。

移動平均法
移動平均法では、利確のたびに所得額(利益額)を計算する

以下、移動平均法の計算例です。

  • 1BTC = 50万円の時に、1BTCを購入する
  • 次に、1BTC = 100万円の時に、1BTC購入する

この時、保有しているのは2BTCで、購入合計金額は150万円です。

1BTCの単価は、保有数の平均単価になります。

1BTCの平均単価
= 150万円 ÷ 2 = 75万円

つまり、1BTCの単価はこの時点で75万円です。次に、1BTC =150万円の時に、1BTCを売却します。

単価75万円のBTCを2BTC所有しており、その内の1BTCを150万円で売却していますので、利益が発生します。

売却利益
= (150万円 – 75万円) × 1BTC = 75万円

1BTCを売却したことにより、所得金額は75万円となりました。現在所有しているビットコインは、2BTCの内1BTCを売却しましたので、1BTCです。

また、1BTCの単価は75万円のままです。次に、1BTC = 200万円の時に1BTCを購入します。

この結果、保有数は2BTC、購入金額の合計は275万円(単価75万円のBTC + 単価200万円のBTC)になりました。BTCの保有量と購入金額が増えたので、以下の計算で1BTCの単価を再計算します。

1BTCの平均単価
= 275万円 ÷ 2BTC = 137.5万円

次に、300万円のときに2BTCを売却します。2BTC保有していたので、この売却によってビットコイン保有数は0になります。利益は以下の計算により算出します。

売却利益
= 300万円 ― (137.5万円 × 2BTC) = 25万円

この売却により得られた所得金額は25万円です。前回売却した時に得た所得75万円と合計して、累計所得額は100万円となりました。

このように移動平均法は、売買を行った都度、上記のように売却益を計算していく手法です。確定申告の際には、1年間の所得額の合計を申告します。

総平均法

総平均法は、1年間の購入額と売却額をそれぞれ合計し、そこから利益を計算する手法です。

総平均法
総平均法では1年の終わりに一括で利益を計算する

以下、総平均法の計算例です。

・ 1BTC = 50万円の時に、1BTCを購入
・ 1BTC = 100万円の時に、1BTCを購入
・ 1BTC = 150万円の時に、1BTCを売却
・ 1BTC = 200万円の時に、1BTCを購入
・ 1BTC = 300万円の時に、2BTCを売却

1年間を通した売買履歴が上記の場合、以下のような計算になります。

・ 年間の購入金額合計:50万円 + 100万円 +200万円 = 350万円
・ 年間の売却金額合計:150万円+300万円=450万円
・ 利益額:450万円―300万円=150万円

総平均法の場合、所得額を計算するのは1年間が完了した時点のみなので、年度途中の平均単価は必要ありません。

移動平均法と総平均法は数年単位で見ればほぼ所得額が一致しますが、乱高下の激しい時期の仮想通貨取引では、総平均法で計算すると感覚的な利益とかなりズレが出ることもあります。

計算方法の変更は事前申告が必要
仮想通貨の所得については移動平均法と総平均法のどちらで計算してもかまいませんが、計算方法を去年と変更する場合は、事前の申請が必要です。(参考)国税庁|(所得税の仮想通貨の評価方法の変更承認申請手続)

3. 確定申告の提出書類を作成する方法

損益計算を終えたら、あとは確定申告の提出書類を作成するだけです。

確定申告書類はネットで作成できる

確定申告の提出書類に関しては、税務局から書類をもらってくるという方法もありますが、パソコンを使ってオンラインで作成することもできます

オンラインで書類を作成する方法

  • e-Tax
  • 確定申告書類等作成コーナー

いずれも国税庁のホームページで提供しているサービスですが、「e-Tax」を利用するには税務局での事前登録が必要です。事前登録のいらない「確定申告書類等作成コーナー」のほうが使いやすいでしょう。

国税庁の確定申告書等作成の手順

確定申告の提出書類については、以下の手順で作成します。まず国税庁HPにある「確定申告書等作成コーナー」へアクセスします。

「作成開始」をクリックします

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)01

「印刷して書面提出する」をクリックします。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)02

推奨環境と利用規約を確認して、「利用規約に同意して次へ」をクリックします。推奨環境は、使っているパソコンのOSに応じて、WindowsかMacintoshの条件が表示されます。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)03

申告する年度の「申告書の作成」から「所得税」をクリックします。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)04

次に「左記以外の所得のある方」の「作成開始」をクリックします。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)05

生年月日を入力し、「入力終了(次へ)」をクリックします。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)06

「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」には、チェックを入れても入れなくてもかまいません。この記事では、チェックを入れない状態で画面を紹介しますが、入力項目は同じで画面の見た目が変わるだけです。

ここから実際に金額を入力していきます。「雑所得」の欄の「その他」から、「入力する」をクリックします。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)07

「上記以外(報酬等)」の欄の「入力する」をクリックして、各項目を入力していきます。

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)08

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)09

種目:仮想通貨
名称:仮想通貨取引所の名称
場所:仮想通貨取引所の所在地
収入金額:コインを売却して得た金額
必要経費:コインを購入した金額+手数料

収入金額や必要経費については、コインチェックで取引したすべての種類のコインの合計を記入します。(BTCやETHを分けて入力する必要はありません。)

国税庁の確定申告書類作成(仮想通貨)10

以上で仮想通貨に関する入力は終了です。以降の画面では、控除額(医療控除やふるさと納税)の入力などを進めていきます。

すべての入力が完了したら、書類を印刷して税務署へ書類を郵送します。


4. 注意!NEM流出の補償金も課税対象

コインチェックでNEM保有者に対する補償金を受け取った人は、補償金も課税対象となりますので注意しましょう。

  • 補償金がNEMを取得した価格を上回る場合は、すべて雑所得として申告する必要がある
  • 補償金がNEMを取得した価格を下回る場合は、損失として雑所得と通算することができる

補償金を受け取った場合は雑所得として、仮想通貨取引の確定申告に含めなければならないということです。

(参考)国税庁|タックスアンサー「No.1525 仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合」


まとめ

仮想通貨の確定申告は非常に複雑です。しかし、最も時間のかかる損益計算自体は、コインチェックの取引履歴を取得し、取得したファイルをCryptactへアップロードするだけで完了です。

できるだけ簡単な方法で、確実に確定申告を行いましょう。