【手数料無料】初めての人のための取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは

CoinTrade(コイントレード)の手数料

2021年3月にサービスを開始したばかりCoinTrade(コイントレード)は、まだまだ情報が少なく、利用を迷っている方も多いのではないでしょうか。

特に「手数料」や「アプリの使いやすさ」は投資を続けるうえでハードルとなりやすいため、事前に知っておきたいですよね。

CoinTradeは取引手数料無料、シンプルな操作で売買できるアプリになっているため、初めて暗号資産(仮想通貨)を購入する投資知識が少ない方にこそおすすめです。

この記事でわかること(コイントレードの手数料)

CoinTrade(コイントレード)

1. CoinTradeの概要

簡単にCoinTradeの概要を紹介します。

運営会社 株式会社マーキュリー
資本金  3億円(2021年1月末時点)
取引形式 販売所
取扱い通貨 ビットコイン
イーサリアム
XRP(リップル)
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
スマホアプリ iOS、Android
会社概要 https://coin-trade.cc/about/company/

運営企業

一般の知名度は高くはありませんが、実は東証一部上場企業の完全子会社です。

親会社は「国内最大」のポイントサイト運営企業

運営会社である株式会社マーキュリーの親会社は、東証一部上場の「株式会社セレス」という企業です。マーキュリーもセレスもテレビCMなどは放送していないので、聞いたことのない方も多いのではないでしょうか。

しかしポイントサイト「モッピー」といえば、利用したことのある方もいるのでは?

セレスは「モッピー」の運営会社であり、5年連続で増収増益を更新中。「注目株銘柄」として株投資関連のメディアではたびたび取り上げられています。

(参考)<東証>セレスなど仮想通貨関連が高い ビットコイン時価総額1兆ドルで思惑|日本経済新聞

金融・FinTech経験を活かした体制

そのセレスの完全子会社として、仮想通貨取引所のために設立されたのが株式会社マーキュリーです。

コインチェックを始め他社での流出が相次ぐ中、マーキュリーは金融や仮想通貨に詳しい経験者を多く採用し体制を整備しました。

アプリ(iPhone/Android)

CoinTradeの専用アプリはiPhone用、Android用ともリリースされています。

アプリから口座開設も取引もできる

CoinTradeでは口座開設から取引まで、アプリで手続きを完了できます。

アプリのインストールは公式ページから!(2021年3月31日まで口座開設キャンペーンを実施中です)

シンプルな操作で購入できる「販売所」タイプ

仮想通貨取引所には「取引所形式(板取引)」と「販売所形式」というふたつのタイプがあり、CoinTradeは「販売所形式」を採用しています。

「販売所形式」は「取引所形式」に比べて購入方法がシンプルで、仮想通貨を初めて購入する人でも直感的に操作ができることが特徴。

CoinTradeのアプリは「はじめてでもわかりやすく」をモットーに、画面の見やすさや操作方法が工夫されています。

販売所と取引所のアプリ比較

取引所形式を採用しているところは、チャート分析機能注文機能が充実した取引所も多く、分析しながらトレードを行う人にはピッタリ。

しかし取引自体に慣れていないと使いこなせない可能性もあり、投資経験の浅い人にはハードルが高いといえるでしょう。

投資の第一歩は「わかりやすさ」を優先しよう

高機能なアプリやツールを使っても使いこなせなければ意味がありません。特に仮想通貨投資を始めたばかりの個人投資家の方には「わかりやすいアプリ」は必須です。

最初の一歩でつまずかないためにも、「まず買ってみたい」という人には取引所形式よりも販売所形式のほうがおすすめです。

最短「即日」で口座開設

CoinTradeではオンラインで口座開設が完了するシステムを導入しています。

スマホで必要情報を入力して免許証などを撮影すれば申込み完了。不備がなければ追加の類提出は必要ありません

最短で申込みの当日に取引ができるので「今からアプリをインストールして数時間後にはビットコインを購入」ということも可能です。

CoinTrade(コイントレード)

2. CoinTradeの手数料

投資を続けるために重要になる「手数料」について紹介します。

取引手数料は無料

CoinTradeの取引手数料は無料です。

取引手数料 無料
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
日本円出金手数料 550円
仮想通貨送金手数料 BTC 0.0005 BTC
XRP 0.01 XRP
ETH 0.005 ETH
LTC 0.001 LTC
BCH 0.004 BCH

(参考)手数料|CoinTrade

手数料が必要になると、取引のたびに利益が目減りしていきます。また手数料が無料であることで、利益計算もわかりやすくなります。

スプレッドは約5%

販売所の“隠れた手数料”と言われる「スプレッド」について紹介します。

「スプレッドが高い=損」ではない!

「販売所はスプレッドが高いから損をする」と言われることが多くあります。

スプレッドというのは、売却価格と購入価格の差のこと。CoinTradeではビットコインが約5%ビットコイン以外の仮想通貨で約7%のスプレッドとなっているようです(2021年3月25日現在)。

CoinTradeの手数料(スプレッド)

 

例えば594万円で1BTCを購入し、すぐに566万円で売却すると28万円の損失となります。しかし購入したビットコインをすぐに売却するということは、デイトレーダーでない限りそれほどないはずです。

また取引が数万円単位であれば、たとえ買ってからすぐに売却しても損失は数百円です。

  • 10,000円で0.002BTC を購入
  • 0.002BTC を10,400円で売却

⇒損失額 400円

実際の額面としてみるとそれほど大きな金額ではないと感じるのではないでしょうか。

使いやすさのための必要経費

販売所がスプレッドを設けているのは、利用者のためのサービス維持や開発のための主に経費のためといわれています。

頻繁に取引をするようでなければあまり気にする必要はないでしょう。

500円から購入可能

CoinTradeは500円からでも仮想通貨を購入できます(2021年3月25日現在)。

投資は余剰資金を使うのが鉄則ですが、数万円単位のまとまったお金を用意できなくても売買が可能です。

CoinTrade(コイントレード)

3. CoinTradeの口座開設方法

CoinTradeの口座開設はアプリだけで完結します。

スマホがあればOK

1.アプリをダウンロード

公式サイトからアプリをダウンロードします。

2.メールアドレスとパスワードを登録

メニューの「新規登録」から口座開設申込に進みます。

CoinTradeの口座開設方法

3. 詳細情報の登録

メールアドレスとパスワード登録が終わったら、アプリにログインして詳細情報を登録していきます。

CoinTradeの口座開設方法

画面に従って入力を進めます。

CoinTradeの口座開設方法

本人確認書類の提出もスマホのみで完了します。

CoinTradeの口座開設方法(オンライン本人確認)

申込み完了までの所要時間は5分程度です。審査が終わって取引ができるようになるとCoinTradeからメールが届きます。

より詳しい手順はCoinTrade公式サイトでも紹介中されています。

CoinTradeの登録方法|CoinTrade

即日で口座を開くためのポイント

申込みに不備があると、追加手続きが発生し口座開設までに時間がかかります

金融機関なのでチェックが厳しい

申込みは簡単ですが、口座開設審査は法律に基づき厳密に行われます。そのため誤字や脱字があると、郵送での書類提出など追加で手続きが必要になることも。

追加の手続きが発生すると、取引ができるようになるまで1週間以上かかってしまう場合もあります。間違いがないように注意して申込みをしましょう。

チェックポイント

口座開設申込みでよくあるミスをまとめました。

不備を防ぐためのチェックポイント!

  • 本人確認書類には「現住所」が記載されていますか?
  • 本人確認書類の有効期限は切れていませんか?
  • アパートやマンションは部屋番号まで記入されていますか?
  • 名前の漢字を間違えていませんか?
  • 本人確認書類の文字が光の反射などで隠れていませんか?
  • 本人確認書類の厚みが確認できるように映っていますか?

事前のシミュレーションでは、半数の人で誤字やマンション名の記載漏れなどの入力ミスがあったそう。

ちょっとしたミスがあると口座開設に時間がかかり、せっかくの投資チャンスを逃してしまうことにもつながります。焦らずしっかり確認しましょう。

CoinTrade(コイントレード)

まとめ

CoinTradeは初心者や投資経験の浅い人のことを考えて作られたサービスです。

  • チャート分析ができなくてもかんたんに買える「販売所形式」
  • 利益計算のしやすい「手数料無料」
  • 使いやすい「アプリ」

これから仮想通貨投資を始める人の強い味方になってくれるでしょう。

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本暗号資産取引業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。