【国内は禁止】仮想通貨をクレジットカードで購入する方法・デメリットも

クレジットカードで仮想通貨は買えるのか?

「仮想通貨ってクレジットカードで買えないかな?」と思う方もいるでしょう。

確かにクレジットカードを利用できれば、現金なしでも買えるため、買い時を逃さないメリットがありますね。

しかし国内では購入禁止の上、手数料が高く損する可能性も。

今回はクレジットカードを利用できる仮想通貨の取引所、利用するうえでの注意点について調査しました。こちらの記事を読んで慎重に検討してみてくださいね。

この記事でわかること:仮想通貨_クレジットカード

↓↓まずは口座登録!↓↓
DMM Bitcoin

1. 日本国内ではクレジットカードで仮想通貨は買えない

クレジットカードで仮想通貨は買えるのか?

日本国内の販売所・取引所では、クレジットカードで仮想通貨を購入することはできません。

1-1. 以前は可能だったけど現在は不可能

コインチェックなどをはじめ、すべての国内取引所でクレジットカードは利用できないようになっています。以前はZaif・ビットフライヤー・コインチェックでクレジットカードが利用できましたが、現在は対応していません。

1-2. クレジットカード会社も警戒

また、クレジットカード会社が警戒しているという要素もあります。

クレジットカード会社はもともと、商品券・金券など、クレジットカードのショッピング枠を現金化しやすいものの購入は利用規約に違反する可能性があります。

一部の積立投信などは購入できる場合もありますが、利用できるカードが限られるのがほとんど。株式・債券・FXなど、仮想通貨以外の主要な投資商品も、クレジットカード払いはできません。

↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

2. 海外取引所とDEXではクレジットカードが使える

国内取引所では不可能ですが、海外取引所ならクレジットカードで決済できるところもいくつかあります。

DEXとは、Decentralized Exchanges(分散型取引所)の略称。中央管理者が存在しない取引所のことです。詳しくはこちらの記事を読んでみてくださいね。

2-1. Changelly

changellyのキャプチャ

利用可能なクレジットカード

VISA、Mastercard

日本語対応

手数料

10%

仮想通貨の両替ができるサービスを提供しているのが、Changellyです。自動でそのとき1番有利なレートを探してくれるため、もっともすぐれたレートを自分で探し出す必要がなく、効率的な両替につながります。

Changellyではクレジットカードを使い、以下のコインを購入できます。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • BNB(バイナンスコイン)
  • LTC(ライトコイン)
  • XLM(ステラ)

ただし手数料は10%かかる

クレジットカード決済での購入の場合、購入価格の5%クレジットカード手数料の5%で、合計10%の手数料がかかるのがネックです。

2-2. Binance

Binanceキャプチャ

利用可能なクレジットカード

VISA、Mastercard

日本語対応

×

手数料

3.5%または10ドル

知名度の高い海外取引所であるBinanceではクレジットカード決済が可能です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(通称:リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • BNB(バイナンスコイン)

ただし日本語に対応していないのがデメリットです。また、日本円での入金や取引もできません。

手数料はchangellyと同様に高い

クレジットカード払いの場合3.5%または10ドルの手数料がかかります。

2-3. PAXFUL

PAXFULキャプチャ

利用可能なクレジットカード

VISA、Mastercard

日本語対応

手数料

PAXFULはアメリカで設立されたビットコインの販売所です。個人間の売買を仲介する形式を取っているのが特徴です。

個人間売買ということで騙されたりしないか心配に思う方もいるかもしれません。販売者はPAXFULによる審査を受ける必要があり、クリアした人しか販売できない仕組みとしています。

日本語対応もほぼできているため、外国語がそれほど得意でなくても、画面操作に迷うことはないでしょう。

支払い手段が豊富

PAXFILLは支払い手段が非常に多く、その数は300以上あります。クレジットカードをはじめ、iTunesAmazonのギフトカードなどもビットコイン購入に利用することが可能です。

個人間売買なので条件をよく確認しないといけない

個人間売買のため、個人のオファー内容によって販売価格が大きく変わります。条件をよく確認してから購入しなくてはなりません。

2-4. My Ether Wallet (MEW) 

マイイーサウォレットのキャプチャ

利用可能なクレジットカード

VISA、Mastercard

日本語対応

手数料

MEWの手数料:1%

・決済会社の手数料:基本的に5%(最低10ドル)

MyEtherWalletとは、イーサリアム用のデスクトップウォレットのサービスです。こちらでイーサリアムをクレジットカードで購入することができます。

日本語対応がイマイチ

日本語対応については、やや中途半端な状態です。日本語に切り替えるメニューはあるのですが、切り替えても英語表記のままになっている箇所がたくさんあり、完全に翻訳されている状態とはいえません。

少額購入するには高い手数料

手数料としては、MEW手数料1%と、クレジットカード会社の決済手数料がかかります。決済手数料は基本的に5%で、最低10ドルとなっています。少額の場合は特に高くつくので、注意が必要です。

助けて!決済できない場合は? 
クレジットカードに対応しているサイトでも、実際にクレジットカード決済ができない場合があります。
クレジットカードの提携会社(カード発行会社)で「認証サービス」に登録すれば利用できるようになるケースがありますので、お困りの方は試してみてくださいね。
↓↓初心者でも使いやすさ抜群!↓↓

3. クレジットカードを使うメリットと注意点

仮想通貨をクレジットカードで購入する場合、メリット・注意点の両方があります。

3-1. メリット

クレジットカードで購入するメリット

買い時を逃さずに購入できる

クレジットカードがあれば、現金がなくても購入ができます。買い時だけれど手もとに現金がないという場合、通常は諦めるしかありません。

クレジットカード決済なら、買い時のチャンスを逃すことなくすぐに購入できます。

ポイントが付く

クレジットカードのポイントを貯めている方も多いのではないでしょうか。

貯まったポイントはさまざまな景品や他社のポイントに交換でき、なかには現金のように利用できるポイントもあります。仮想通貨の購入でもポイントが貯まれば、いつも使っているクレジットカードのポイントも、より早く貯まるようになります。

クレジット決済では手数料が別途かかりますが、ポイント還元によってある程度カバーできるという考え方もあります。複数のクレジットカードを保有しているなら、ポイントがどのくらいもらえるかを考えて選ぶのも良いでしょう。

3-2. 注意点とデメリット

クレジットカード決済のデメリット

手数料が高い

クレジットカード払いでもっとも大きなデメリットが手数料です。

安くても5%ほど高い場合だと10%ほど取られてしまうので、その分損益がマイナスの状態から投資がスタートすることになってしまいます。

クレジットカード決済でかかったコストを回収するためには、高い収益を上げることが必要となります。相場にもよりますが、それほど簡単なことではないでしょう。

その点、現金振込であればクレジットカードの手数料を支払わずに済み、すぐに売却や移動も可能になるため、投資の上では有利になります。よほど緊急事態で、クレジットカード決済の手数料もカバーできるほどの上昇が期待できるのでなければ、あまりおすすめとはいえないのが実情です。

借金を負う可能性がある

仮想通貨をクレジットカードで購入すると、借金を負ってしまう可能性もあります。

仮想通貨は価格変動が激しいため、クレジット決済した通貨が決済後に大きく値下がりするリスクもあります。支払期日に利用額の返済ができず、結果として借金を抱えてしまうケースもあり得るのです。

売却・送金がすぐにできない

クレジットカードで購入した仮想通貨は、すぐに移動させることができないことにも注意が必要です。ほとんどの取引所では、売却・送金まで1週間程度待たなくてはならないルールが設けられています。

他の取引所に移すことも不可能で、もし1週間以内に売却したいタイミングがあったとしても、あきらめなくてはなりません。価格が下落し始めると損切をしたくてもすぐ売却をすることができず、大きな損失につながってしまうリスクもあります。

対応通貨が少ない

現在、すべての仮想通貨をクレジットカードで購入できるようにはなっていません。取引所ごとに、クレジットカードで買える通貨には違いがありますので希望の通貨を買えないケースもあります。

さきほどご紹介した、クレジットカードを使える取引所を見てもわかるとおり、ビットコインやイーサリアムといった有名な通貨に限定されていることがほとんどです。

↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

4. 結論! クレジットカード決済はおすすめできない

結論、クレジットカードで仮想通貨を購入するのは損

さまざまなメリットとデメリットを紹介してきました。

高い手数料が特に問題で、投資する際に確実な不利をもたらします。ポイントが付いたとしても、国内のクレジットカードの場合、還元率は0.5%1.5%ほどに留まりますので、手数料をカバーできるほどではありません。

高い手数料を価格の上昇によって回収することは難しいため、よほどの事態でない場合は、現金振込で買った方が絶対にお得といえます。

↓↓初心者でも使いやすさ抜群!↓↓

まとめ

クレジットカードで仮想通貨を購入できる取引所について解説しました。

日本国内ではどこもクレジットカードの利用が不可能であるため、どうしても利用したいなら海外の取引所を利用することになります。

しかし5%10%の高い手数料がかかるため、購入時点で損失を抱えてスタートすることになります。さらにクレジットカード決済での購入では、すぐに売却・移動することができないので、最悪の場合は借金を抱えるリスクもあります。

結論としては、よほどの場合でない限り、クレジットカード決済はおすすめできません。余計なコストがかからず売却の制限もない、現金振込がお得なのです。