仮想通貨リップル(XRP)の送金スピードを支えるPoCの仕組み

cryptocurrency_poc

仮想通貨(暗号通貨*)の取引において「PoC」という言葉を聞いたことはありませんか?

PoCとは「Proof of Consensus(プルーフ・オブ・コンセンサス)」の略称で、仮想通貨に用いられるコンセンサスアルゴリズムの一種。現在XRP(通称:リップル)のみが採用しています。

他のコンセンサスアルゴリズムと比べトランザクションの承認方法が大きく異なります

今回は、PoCの特徴やメリットデメリットについてご紹介します。PoCを知ることで、XRPについてより理解しやすくなりますよ。

*2018年12月の仮想通貨交換業等研究会による報告書において、呼び名を「暗号資産」とする内容が取りまとめられました(参考|「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第11回)議事次第

▼そもそもトランザクションとは?詳しい記事はこちら▼

1. PoCは、決まった承認者が取引の承認と記録を行う

コンセンサスアルゴリズムには様々な種類があり、仮想通貨の特色により採用するアルゴリズムも変わります。

コンセンサスアルゴリズムとは
「仮想通貨の取引データをどのように承認するか」についてのルールのこと。
「コンセンサス(合意)」を形成するための「アルゴリズム(方法)」という意味で「合意形成の方法」とも言います。

PoCはあらかじめ決められた承認者によって取引の承認・記録を行う方法です。

 

ripple_mechanism

PoCの“Proof of Consensus”とは「合意による証明」という意味。事前に決められた承認者によって取引を承認する仕組みです。

複数の承認者があらかじめ決められており、そのうち80%以上の承認者が「この取引は有効だ」と判断した場合に取引が承認され成立するのです。

PoCを採用しているXRPは、リップル社により「バリデーター(Validator)」と呼ばれる承認者が決められています。

このバリデーターだけが取引の承認(マイニング)を行うことができ、私たちのような個人は取引の承認に参加することはできません

バリデーターはUNL(Unique Node List)と呼ばれるリストで管理されており、リップルネットワークで繋がっているP2Pによって取引を承認しています。

2. ビットコインのPoWと比べ全てが速い!

pub_pri_chain

PoCの特徴は、ビットコインのコンセンサスアルゴリズムであるPoWと比べるとよくわかります。

PoCとPoWの大きな違いは、何よりも承認時間でしょう。

ビットコインのPoWの場合、承認には約10分かかるよう調整されています。

それに対しPoCを採用しているXRPの承認時間は約4秒とされています。

PoCは承認者を限定することにより承認時間を短縮しているのですね。

PoW(Proof of Work)

ビットコインでは、PoW(Proof of Work)というアルゴリズムを採用しています。
PoWは不特定多数の承認者によって、取引の承認作業や記録が行われる仕組みです。

承認作業とは、ブロックとブロックをつなぐ為にハッシュと呼ばれる値を探り当てる計算を行うこと。その計算が最も早い者が承認者となり分散型台帳へ記録する仕組みなのです。そして、その承認作業の報酬としてビットコインを貰うことができます。

3. PoCの課題は中央集権的であること

PoCの仕組みは、承認者を決める実質的な管理者が存在する状態を生み出します。また限られた承認者が承認を行うことにより、取引の内容が不透明な事が問題点とされています。

このことから、ビットコインのPoWに対しPoCは中央集権的であると言われ、取引の不正改ざんが懸念されます。

4. PoCを採用しているXRPの特徴

2019年2月現在、PoCを採用している仮想通貨はXRPのみです。

今後、仮想通貨のバージョンアップや新しい通貨の誕生によってPoCの採用が増える可能性もあります。しかし現状では「中央集権的」という問題点から、積極的に採用している通貨はないようです。

しかし、XRPを発行しているリップル社は現在自社の承認者を廃止し、外部からの承認者を選ぶ方針を検討しています。

XRP FAQ|Validators and Unique Node Lists

選出しようとしているのは、主にXRPをビジネスで利用している企業組織です。承認者を増やすことにより、実質的な承認の分散化を行うことで非中央集権のネットワークを構築しようとしているのです。

リップル社の提案する「国際送金の課題を解決する」仮想通貨であるXRPは、送金が瞬時に行われることで国際送金の課題を解決するとしています。

そのため承認者を限り承認時間を短縮したPoCが最適であるとしたのですね。

リップル社は2018年9月に開催されたカンファレンスで100社以上の企業と提携したことを発表。さらに2ヶ月後の2018年11月には200社を超えたと発表しており、PoCを基盤とするXRPの将来性が大きく期待されているのがわかります。

そのため、XRPの開発情報には今後も注目していきたいところです。

まとめ

PoCとは、仮想通貨取引のコンセンサスアルゴリズムのひとつ。現在は、国際送金問題の解決を目的とするXRPのみが採用しています。

コンセンサスアルゴリズムにはいくつかの種類が存在しますが、その中でもPoCの処理速度はトップクラス。その理由は限られた承認者によって合意形成を行っているためです。

しかし、管理者によって決められた承認者しか承認作業が行えないことから、「中央集権的」「承認が不透明だ」といった声があるのも事実。PoCを採用しているリップル社は、それを否定しつつ実質的な非中央集権化を目指しています。

これでPoCのことがおわかりになりましたでしょうか。

今後XRP以外にもPoCを採用した通貨が誕生する可能性はあるでしょう。投資対象だけでなく、どのような仕組みなのか理解し仮想通貨への知見を深めてくださいね。