仮想通貨Qtumとは? 特徴と価格動向|コインチェック取扱い開始の影響

仮想通貨クオンタム(Qtum)

2020年3月1に日からコインチェックが取り扱いを開始するQtum(クオンタム/QTUM)とはどんな仮想通貨なのか、気になっているのではないでしょうか?

Qtumはビットコインとイーサリアムの特徴的な機能を併せ持っている仮想通貨の1つなのです。

そんなQtumの特徴と価格動向、将来性について説明します。すでに仮想通貨の投資を始めている人だけでなく、これから仮想通貨投資を始めようとしている人もぜひ参考にしてください。

この記事でわかること(仮想通貨クオンタム(Qtum))

コインチェック

1. 仮想通貨Qtum (QTUM )はどんな仮想通貨か?

Qtumは、ビットコインとイーサリアムを知っている人なら納得できる「いいとこ取り」の仮想通貨です。

そんなQtumについて、まずはざっくり説明しましょう。

1-1. 仮想通貨QTUMとは?

通貨 QTUM
発行上限 1億QTUM(ただし、上限に達するたびに1%ずつ上限が上昇する)
時価総額 約234億円(2020年03月)※coincap参照
決済速度 約2分
提唱者 Patrick Dai
承認方式 PoS
公式サイト https://qtum.org/
ホワイトペーパー Smart-Contract Value-Transfer Protocols on a Distributed Mobile Application Platform
ソースコード https://github.com/qtumproject

Qtumの最大の特徴は、ビットコインと同じ形式のブロックチェーン上でイーサリアムの特徴であるスマートコントラクトを動作させることができるということです。

その結果、ビットコインの匿名性とイーサリアムの利便性を併せ持つ仮想通貨になりました。

また、PoSを採用しているためビットコインのようなマイニングにエネルギーを大量消費するようなこともありません。

【仮想通貨】PoS(Proof Of Stake)とは? PoWとの違い・マイニング方法

開発者のPatrick Daiが元Alibabaの開発主任を務めたこともある人物であることから、経済的な影響力のある中国との関連も強いことでQtumは投資家から注目を集めました。

現在では、時価総額が233億円で世界第33位になっています。(2020年3月)

1-2. 仮想通貨Qtumの価格推移はほぼビットコインとイーサリアムと同じ?

仮想通貨を投資先として判断する1つの指標は、過去の価格推移です。

仮想通貨はまだまだ発展段階の金融商品ですので、様々な要因で価格が動きます。そんな仮想通貨へ投資するのですから、チャートを読んでその理由を解釈することはとても重要なことです。

過去3ヶ月の価格推移

Qtumの過去3ヶ月の価格推移を確認してみます。

クオンタム(Qtum)の価格チャート

2020年2月に入って価格が上昇し始めて2月の中頃に急落しています。

この値動きには様々な要因がありますが、じつはこのチャートとほぼ同じ動きをしていた仮想通貨が2つあるのです。

ビットコイン(BTC)の価格チャート

 

イーサリアム(ETH)の価格チャート

上がビットコイン、下がイーサリアムの過去3ヶ月の価格推移を示すチャートです。このチャートの大きなピークや流れは、Qtumのチャートとほぼ一致しています。

Qtumはビットコインとイーサリアムのいいとこ取りとも呼ばれている仮想通貨です。

そのため投資家の目には、ビットコインやイーサリアムの好条件はQtumの好条件であり、その逆もまた然りということでしょう。

この点を考慮すると、Qtum投資には、ビットコインやイーサリアムの情報収集は欠かせないということが分かります。

1-3. 仮想通貨Qtumはビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持つ

Qtumの価格推移はビットコインとイーサリアムにとてもよく似た動きをしています。

ただし、どんなところを取り入れた仮想通貨なのかを知らなければ、ビットコインやイーサリアムの値動きに追随する必要のない情報にも踊らされてしまうことにもなるでしょう。

Qtum独自の特徴を紹介します。

UTXO

UTXOというのは、「Unspent Transaction Output」の略です。意訳すれば「未使用の入金」と言えるでしょう。

ビットコインはユーザーごとの残高データを保持していません。その代わりに、ブロックチェーン上にUTXOを記録しています。

ビットコインウォレットは取引が行われるたびに、ブロックチェーン上の該当ユーザーのウォレットアドレスをすべて検索し、そのUTXOの合計を計算しているのです。

面倒な処理に思えますが、UTXOを採用することで、次のような利点があります。

匿名性 ウォレットアドレスが漏洩しても、ユーザーの残高情報が完全に漏れる可能性が低い
安全性 残高情報をビットコインに書き込んでいるため、改ざんが非常に困難
軽量性 ユーザーのUTXOが存在するブロックがあればウォレットとして機能するので、ブロックチェーン全体を必要としないウォレットが作れる

UTXOは上述のように取引の処理が煩雑になってしまう欠点があります。

そのため、スマートコントラクトの実装を優先させたイーサリアムでは、煩雑なUTXOは排除されてユーザーごとの残高などの情報をアカウント情報として保持しています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトというのは、ブロックチェーン上で処理の条件分岐ができるしくみです。

「ただ分岐できるだけ?」と思うかもしれませんが、処理の条件分岐ができればプログラムを組むことができます。その結果、特定の条件が満たされると自動で決済が行われたり、特定のデータのロックを外れたりといった自動的な契約の履行することができるようになるのです。

イーサリアムに搭載されたスマートコントラクトによって、Dappsと呼ばれるブロックチェーン上で動作するプログラムがいくつも作られています。

ブロックチェーンエンジニアが解説|スマートコントラクトの事例と仕組み

開発の簡略化や開発期間を減らすために、スマートコントラクトを動作させるために既存のスマートコントラクトを利用するのが一般的です。

既存のコントラクトにアクセスするためには完全なブロックチェーンが必要になります。そのためには完全なブロックチェーンをダウンロードする容量が必要になりますので、スマートコントラクトはデスクトップウォレットでしか実行できないのが一般的です。

アカウントアブストラクトレイヤー(AAL)

Qtumの最大のポイントがこのAALです。

AALによってUTXOを採用しているブロックチェーン上でスマートコントラクトを機能させることができるようになりました。

AALはQtumブロックチェーン上の仮想マシンで、UTXOへのアクセスをあたかもアカウント情報へアクセスするのと同じように単純なものにします。

そのため、UTXOを採用しているQtumのブロックチェーン上でスマートコントラクトを安全に動作させることができるようになりました。

またこのしくみのおかげで、イーサリアムのスマートコントラクトをQtumへ移植するのが容易になっています。

1-4. 仮想通貨Qtumのマイニングは個人でも勝てるかも

ビットコインに採用されているPoW(Proof of Work)では「仕事」に対して報酬が得られるため、パソコンの仕事力である計算能力が必要です。

Qtumが採用しているPoS(Proof of Work)では、「仕事」の代わりに「保持しているコイン」に対して報酬が得られるしくみになっています。

簡単に説明すると、保持しているQTUMの枚数に比例した当選確率のくじを引くようなものです。

そのため莫大な数のコンピュータやパソコンの計算能力は必要ありません。普通のパソコンを使って個人でマイニングをしても勝てる可能性が十分にあるのです。

【仮想通貨】PoS(Proof Of Stake)とは? PoWとの違い・マイニング方法

Qtum Galaxy
公式サイトで登録してQtumのマイニングを行っている人に対して、抽選でQTUMを配布するキャンペーンです。
QTUMGALAXY
出典:QTUM GALARY

1-5. 仮想通貨Qtumはどんなウォレットを使う?

仮想通貨取引所は常にハッキングを受けていますので、取引所に預けたままにしておくのは非常にリスクが高いと思って良いでしょう。

そのため、仮想通貨の投資を行うのであればウォレットは必須です。

Qtumに対応しているウォレットはすでに数多く存在していて公式サイトでも以下の19種類が紹介されています。

デスクトップウォレット Qtum Core(公式)
Qtum Electrum
スマホアプリ Qtum Core(公式)
ABRA、AToken
Atomic Wallet
Bitpie、ColdLar
Edge、Exodus
Guarda Wallet
HyperPay、PlayWallet
QBao、SWFT、Trust Wallet
Webウォレット 公式
ハードウェアウォレット Ledger
Trezor

なお、Qtumのマイニングは公式のデスクトップウォレットでのみ実施できます。他のウォレットではできませんので注意しましょう。

コインチェック

2. 仮想通貨Qtumはこれから伸びる?

過去3ヶ月のチャートを見る限り、ビットコインやイーサリアムに引きずられる動きしかしていませんでしたが、Qtumにも独自の未来があるはずです。

そんなQtumの将来性を考慮する材料を紹介します。

明るい将来

Qtumが今後伸びると考えられる理由は、以下の3点です。

SNSの動きが活発

SNSの動きが活発なのは、コミュニティがしっかりとしていて一定数のユーザーが確保されていることを表しています。

また、開発情報の公開や更新が頻繁であるのも良い兆候です。

PoS

PoSを採用していることで、個人でのマイニングが可能です。

マイニングを実施する人口はセキュリティの高さや信頼性につながりますので、マイニングを始める敷居が低いというのは今後の発展や利用者増には重要なポイントでしょう。

コインチェックでの取り扱い開始

国内の取引所で簡単に購入できるようになれば、日本のユーザーも増えることが予想されます。

2018年の資金流出事件があったものの、その事件をきっかけに日本の仮想通貨に対する法整備は早急に整備されつつあります。そんな場所で取り扱いが開始されるということは、世界的にも良い印象を与えるでしょう。

不安な将来

明るい話題ばかりではなく、マイナス面もありますので紹介しておきましょう。この点が気になるのであれば、投資は控えた方が良いかもしれません。

中国当局の規制

開発者が中国の巨大企業Alibabaの元開発責任者だったこともあり、Qtumは中国と関わりが強いと言われています。

その中国では仮想通貨に対する規制が厳しく、取引所が閉鎖されています。そんな状況ですから、いまの段階でQtumが急成長することは考えにくいかもしれません。

コインチェック

3. 仮想通貨Qtumはコインチェックで上場する!

2020年3月12日の12時頃から、コインチェックでQtumを購入できるようになります。

海外の取引所でなければ購入できない状況から考えられないほど簡単に購入できるようになるのです。

いままで「興味はあるけど海外取引所でしか買えないから」という理由で躊躇していた人もいるでしょうし、このニュースでQtumを知った人も多いでしょう。

3-1. 国内の取引所で買えるようになる

コインチェックのプレスリリースを確認すると、Qtumの購入は他のアルトコイン(オルトコイン)と同様で販売所形式になるようです。

数量もしくは購入価格を指定するだけで好きなだけ購入できますので、Qtumでマイニングを行いたい人にとっては都合が良いでしょう。

取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

貸仮想通貨にも対応!

また、プレスリリースでは貸仮想通貨サービスにも対応する記載があります。

貸仮想通貨サービスはレンディングサービスとも呼ばれるもので、取引所に一定期間仮想通貨を預けることで利息が得られるサービスです。

ガチホするつもりのQTUMがあれば、試してもいいかもしれません。

仮想通貨レンディングのメリットは? 国内取引所と注意点を投資銀行出身のトレーダーが解説

ステーキングサービスは?

プレスリリースにはありませんのでQtumの対応予定はありませんが、コインチェックでは他の通貨でステーキングサービスを行っています。

ステーキングサービスというのは、PoSのマイニングであるステーキングを取引所が代行してくれるもので、報酬は少なくなりますが手軽にマイニングできるため人気があります。

リスク(Lisk)のステーキングの仕組みとは? 参加してみた結果

QtumもPoSですので、もしかしたら対応するかもしれません。

3-2. 海外の取引所でも買えるが

Qtumを購入するには、国内ではコインチェックの販売所を利用するしかありません。

そのため、コインチェックで購入したくないという人や、販売所ではなく取引板による取引で購入したいという人は海外取引所を利用するしかないでしょう。

しかし、海外取引所を利用する場合は、ビットコインなどの通貨を購入して送金し、購入したQtumをウォレットへ送金するという手間がかかります。

もちろん手数料もかかりますし、フィッシングサイトやウイルス感染などのセキュリティリスクもあります。

Qtumを購入するだけであれば、国内取引所で購入した方が良いでしょう。

コインチェック

まとめ

Qtumは、2020年3月12日のコインチェックで取り扱いが開始されます。

時価総額238億で世界33位と世界ではすでにメジャーな仮想通貨が、新たに日本市場に進出してくるのです。

これをチャンスと捉えるかどうかは、あなた次第でしょう。

  • 2020年3月12日にコインチェックで取り扱いが開始される
  • QtumはビットコインのUTXOとイーサリアムのスマートコントラクトを採用している
  • QtumのコンセンサスアルゴリズムはPoS
  • Qtumのマイニングは個人でも勝てる
  • Qtumのマイニングには公式のデスクトップウォレットが必要

ビットコインのセキュリティとイーサリアムの利便性を持っていることに先進性を覚えるのであれば、ぜひもう一歩進んで調べてみてください。

Qtumに仮想通貨の未来の1つを感じられたなら、投資対象の1つとしても良いのではないでしょうか。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。