仮想通貨ウォレットは何がおすすめ? 利用シーンに合わせたウォレット

仮想通貨のウォレット

「仮想通貨ウォレットはどれが使いやすいのだろう」

自分の使い方に合ったウォレットを探すのに苦労している人も多いのではないしょうか。

パソコンで使うならウェブウォレットが便利ですし、スマホで管理するならアプリをインストールする必要があります。

今回は、仮想通貨のウォレットについて、使う環境やシーン別に紹介しますので、あなたに合ったウォレットを選んでみてください。

この記事でわかること(仮想通貨のウォレット)


1. 仮想通貨ウォレットとは

仮想通貨ウォレットとは、コインを保管する財布です。

ウォレットは、ウェブウォレットモバイルウォレットハードウェアウォレットなどに分かれており、利用シーンに合わせて選べます。

選ぶウォレット こんな人に向いているセキュリティ強度
モバイルウォレットコインをスマホで管理したい人
自分のスマホで資産(秘密鍵)を管理できる
ウェブウォレット「ネットさえあれば取引できる環境」を作りたい人
常にネットに接続されている
秘密鍵はサービス提供者側管理
ハードウェアウォレット長期間保有する人
ネットから秘密鍵が切り離されている
ペーパーウォレット長期間取引をせずに保有する人
完全にネットから切り離されている

セキュリティも考慮しながら、あなたが普段仮想通貨取引に利用する環境に合わせてウォレットを選びましょう。

ウォレットの仕組み

仮想通貨ウォレットは、身近なものでいえば「お金を入れる財布」のようなイメージですが、実際にコイン本体が入っているわけではありません。

仮想通貨ウォレットは、あなたが持っているコインを引き出すための「秘密鍵」を保管しているのです。

仮想通貨ではこの「秘密鍵」こそが資産なのです。

ウォレットの違い≒秘密鍵の保管場所の違い

秘密鍵の保管場所はウォレットによって異なり、どこに秘密鍵が保管されているかがセキュリティ強度に直結します。

基本的にはウォレットアプリ(モバイルウォレット)ならスマホ端末に、ウェブウォレットならウォレットサービスを運営している事業者のサーバーなどに、ハードウェアウォレットなら専用の端末に保管されています。

仮想通貨ウォレットの仕組み

仮想通貨ウォレットの機能や仕組みについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

(関連記事)
ウォレットとはビットコインを便利かつ安全に管理するための財布


2. コインをスマホで管理するならモバイルウォレット

スマホで使えるウォレットは、「モバイルウォレット」または「ウォレットアプリ」と呼ばれます。仮想通貨の資産である「秘密鍵」を自分のスマホに保存して管理できるため、ウェブウォレットよりもセキュリティが高いといえるでしょう。

スマホは常にネット接続されているので、ネットから切り離せるハードウェアウォレットやペーパーウォレットに比べるとセキュリティは低くなります。

2-1. Ginco

仮想通貨ウォレット(アプリ/Ginco)

  • 公式サイト:https://ginco.io/
  • 日本語:対応
  • セキュリティ:ユーザーのスマホで秘密鍵を管理、バックアップキー など
  • 対応OS:iOS、Android
  • 対応コイン数:16種類

Gincoは、日本発のモバイルウォレットです。

もちろんすべて日本語で利用できますし、シンプルな作りなので、その他のウォレットに比べて操作に迷うこともないでしょう。

万が一のトラブルが発生しても、日本語で問い合わせができるのは日本発ウォレットの安心できる部分ですね。

対応しているコインもBTCやBCH、XRPやETHなど16種類と豊富です。

Ginco - 仮想通貨ウォレット

Ginco – 仮想通貨ウォレット

Ginco Inc.無料posted withアプリーチ

2-2. Coinomi Wallet

仮想通貨ウォレット(アプリ/Coinomi)

  • 公式サイト:https://www.coinomi.com/en/
  • 日本語:未対応
  • セキュリティ:ユーザーのスマホで秘密鍵を管理、ワンタイムバックアップ など
  • 対応OS:Windows、MacOS、Linux、iOS、Android
  • 対応コイン数:100種類以上、ERC-20トークン1,770種類以上

Coinomi Walletは、GincoやBRDと比べても対応コインが多いという特徴があります。

日本語が使えませんので操作に慣れる必要はありますが、ビットコインやイーサリアムの他、イーサリアムベースのトークン(ERC-20トークン)を所有している人におすすめです。

Coinomi Wallet

Coinomi Wallet

Coinomi Limited無料posted withアプリーチ

2-3. BRD

仮想通貨ウォレット(アプリ/BRD)

  • 公式サイト:https://brd.com/
  • 日本語:対応
  • セキュリティ:ユーザーのスマホで秘密鍵を管理、復元フレーズ など
  • 対応OS:iOS、Android
  • 対応コイン数:100種類以上

BRDは、初心者でも利用しやすいシンプルなモバイルウォレットです。

アカウント作成も必要なく、設定するのは暗証番号のみ。直感的な操作でコインを管理できる点では、その他のウォレットよりも使いやすいでしょう。

多くのコインをシンプル操作で管理したい人におすすめのウォレットです。

(関連記事)
BRD(旧:bread)ウォレットの作り方&基本の使い方

BRD - ビットコイン ウォレット

BRD – ビットコイン ウォレット

breadwallet LLC無料posted withアプリーチ

 


3. 端末を選ばず取引するならウェブウォレット

ネットさえあれば取引できるという環境が理想ならばウェブウォレットが便利です。インターネットとパソコン、あるいはスマホがあればウォレットに接続できますので、取引する端末を選ぶ必要がありません。

便利な反面、常時ネットに接続されているウォレットはリスクの高い管理方法です。ウェブウォレットに保管するコインは、頻繁に取引をするコインだけにとどめておきましょう。

3-1. Blockchain Wallet

仮想通貨ウォレット(ウェブ/Blockchain)
参照:Blockchain.com
  • 公式サイト:https://www.blockchain.com/ja/wallet
  • 日本語:対応
  • セキュリティ:二段階認証 など
  • バックアップ方法:バックアップフレーズ
  • 対応:Web、iOS、Android
  • 対応コイン数:3種類

Blockchain Walletは、ウェブウォレットの中でも日本語に対応しているウォレットなので、操作が分かりやすいという特徴があります。

「BTC」「ETH」「BCH」に対応していますので、この3種類をメインに取引している人にはおすすめのウェブウォレットだといえるでしょう。またスマートフォンアプリにも対応しています。

(関連記事)
ビットコイン上級者向けウォレット「ブロックチェーン」を徹底解説

3-2. BitGo

仮想通貨ウォレット(ウェブ/BitGO)
参照:BitGO
  • 公式サイト:https://www.bitgo.com/info/
  • 日本語:未対応
  • セキュリティ:二要素認証
  • 対応:web
  • 対応コイン数:200種類以上

BitGoは、管理できるコインの種類が200種類以上あり、特にICOなどで購入したERC-20トークンを保管するのに便利でしょう。

ただし、日本語に対応していないので、ウォレットを使い慣れた人でないと操作に戸惑うかもしれません。

ウェブで多くのERC-20トークンを管理したい、またXRPやEOSなども一緒に管理したいという人にはおすすめのウォレットです。


4. 安全性の高いハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離された安全性の高い環境で利用するのにおすすめです。

USBメモリほどの大きさですので、保管にも場所を取りませんし、持ち歩きにも便利です。それほど取引に使わないというコインを管理するのに適しています。

ハードウェアウォレットは必ず正規販売店や正規代理店で購入しましょう。それ以外のネットショップや中古ショップで購入すると、リカバリーフレーズなどをハッキングされるリスクがあり、資産を失う可能性があります。

4-1. Ledger nano S

仮想通貨ウォレット(ハードウェアウォレット/Ledger)
参照:ledger.com
  • 日本正規代理店:https://hardwarewallet-japan.com/
  • 日本語:対応
  • セキュリティ:PINコード、リカバリーフレーズなど
  • 対応OS:Windows、MacOS、Linux
  • 対応コイン数:ERC-20トークンを含め1,100種類以上
  • 価格:8,990円~

LedgerNanoSはUSBでパソコンに接続して利用するスタイルです。秘密鍵を本体に保存して、コインを管理します。

LedgerNanoSをサポートしているウェブウォレットであれば、ウェブウォレットにログインしたあと、LedgerNanoSをパソコンに接続することで連携できるため、安全性の高い運用が可能です。

普段はあまり取引しないコインをLedgerNanoSに保存し、パソコンからは切り離して所有することで、コールドウォレットとして安全に保管できます。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

4-2. Trezor

仮想通貨ウォレット(ハードウェアウォレット/TREZOR)
参照:trezor.io
  • 日本正規販売店:https://hardwallet.store/
  • 日本語:対応
  • セキュリティ:PINコード、リカバリーシードなど
  • 対応OS:Windows、MacOS、Linux
  • 対応コイン数:15種類(ERC-20トークンを含め500種類以上)
  • 価格:12,800円~

Trezorは、ハードウェアウォレットでもLedger nano Sと人気を二分するウォレットです。

使い方もLedger nano Sと同じで、パソコンにUSB接続して利用します。

日本で人気の「NEM」「MONA」をサポートしていますので、これらのコインもハードウェアウォレットで管理したいという人におすすめです。

\「TREZOR」日本正規販売店/
TREZOR(トレザー)


5. ガチホならペーパーウォレット

ペーパーウォレットはその名の通り、秘密鍵を紙に印刷して保管します。仮想通貨を保管する方法としては、もっともセキュリティの高い方法です。

長期間保有しておく、いわゆるガチホをするコインはペーパーウォレットでの管理も1つの手段です。

紙の劣化や紛失には気を付けなければなりません。復元方法もないため、印刷した紙をなくすと二度と資産は戻ってこないからです。


6. 仮想通貨別おすすめウォレット

コインチェックへの上場で話題になった「ステラ・ルーメン(XLM)」など、仮想通貨別のウォレットを以下の記事で紹介しています。


まとめ

仮想通貨は取引所に預けたままではリスク管理として不十分です。ある程度のコインを所有している場合には、ウォレットの利用をおすすめします。

頻繁に取引をするコインはウェブウォレットで管理し、長期間取引をしないコインはハードウェアウォレットで保管するなど、資産を分散させることも選択肢の1つです。

仮想通貨のウォレットを選ぶ場合には、あなたの取引スタイルや管理方法でもっとも使いやすいものを選択しましょう。