徹底比較&おすすめ!金融庁登録・認可済の仮想通貨取引所全13カ所

cryptocurrency_exchange_licensed

仮想通貨取引所を選ぶ中で「みなし業者」や「金融庁登録済」という言葉を見かける方も多いのではないでしょうか。仮想通貨取引所を選ぶ基準として、金融庁登録済であることを挙げている記事や書籍もとても多くなりました。

では金融庁登録済の業者は……というと、2018年6月時点ですでに16社! そのうち12社が、取引所や販売所を営業しています。

「金融庁登録済の取引所や販売所を使いたい」と思いつつ、こんなに多いとどこがいいのか、何が違うのか調べるのも一苦労ですよね。

そんな人のために、この記事では2018年6月時点で登録済かつサービスを行っているすべての取引所と販売所を、セキュリティなど気になる項目で一覧比較してみました。比較項目は以下の通りです。

  • 取扱い通貨種類
  • アプリ版の有無
  • セキュリティ
  • 入金方法
  • サポート
  • 過去の事故事例

記事の後半では、そもそもなぜ登録が必要なのか、登録されている取引所とそうでないところは何が違うのかについて解説します。

初心者の人、トレードをたくさんしたい人など、やりたいこと別のおすすめ取引所も紹介。これから取引を始めてみたい人も、2つ目の取引所を探す人も、ぜひ参考にしてみてください。

本文内の「登録」「認可」の記載について
法律上、仮想通貨交換業の審査、認可は内閣総理大臣が行い、認可を受けた業者が「仮想通貨登録業者」として金融庁に登録されることになっています。審査、認可業務は総理大臣より金融庁に委任されているため、金融庁が審査を行っていますが、本記事本文中では、法律上の定義に基づき、仮想通貨交換業者が金融庁に認可されるものではなく、金融庁へ登録されるものとして「金融庁登録済」と表現しています。

1. 取扱い通貨から過去の事故事例まで。金融庁登録済全13カ所を一覧比較

以下の表は、登録済の取引所と販売所のサービス内容を一覧にまとめたものです。取引所、販売所以外の業者は記載を省略しています。

<仮想通貨取引所、販売所一覧表(簡易版)>

サービス名レバレッジ倍率取引通貨数入金サポートセキュリティ
(※3)
事故
QUOINEX最大25倍5銀行振込メール
bitFlyer最大15倍7
(※1)

銀行振込
Pay-easy
コンビニ入金

メール2016年bitFlyer Lightning FXがバグで取引停止
bitbank.cc6銀行振込メール
bitbank Trade最大20倍1ビットコイン入金メール
VCTRADE2クイック入金電話 
GMOコイン最大10倍5銀行振込
Pay-easy
メール
チャット

2017年注文レートと異なるレートでの約定が発生、同日深夜システムダウン
2018年業務改善命令

BitTrade6銀行振込メール
BTCBOX4銀行振込メール
BITPoint最大25倍5銀行振込
即時入金
メール
電話
DMM Bitcoin5倍固定7
(※2)
銀行振込
クイック入金
メール
LINE
Bitgate1銀行振込メール
フィスコ仮想通貨取引所3銀行振込メール
Zaif Exchange最大7.77倍16銀行振込
Pay-easy
コンビニ入金
メール

2016年BTC多重送金の不具合
2018年不正出金、不正注文発生
同年BTCがゼロ円で購入可能になるシステム障害
同年業務改善命令
同年BTH入金の重複反映

(※1) BTC以外のコインは販売所のみでの取り扱い
(※2) BTC/JPY、ETH/JPY、ETH/BTC以外はレバレッジ取引のみ
(※3) コールドウォレット、マルチシグの対応が公式サイトで明記されているものは〇。?は対応状況が明確には確認できないもの。

参考:金融庁|仮想通貨交換業者登録一覧

詳細版はこちら(pdf)

登録業者といっても、販売所、取引所など取引形態はさまざまです。中にはbitFlyerのように、取引所と販売所の両方を一つのサイトで行っている会社もあります。販売所と取引所のどちらでも仮想通貨の購入は可能です。

販売所と取引所の違い
販売所は販売所から通貨を買うことになります。対して取引所は、取引所を利用しているユーザーから購入するところ。販売所では事業者の取り分が手数料として上乗せされるため、取引所よりも購入価格が高くなる傾向があります。
取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

次の章では、この一覧の中からやりたいことに合わせたおすすめ取引所&販売所を紹介していきます。一覧表と合わせてご覧ください。

 2. 初心者? 短期トレード派? タイプ別おすすめ取引所&販売所

women_with_pen

「こんなにあったら選びきれない!」という人のために、タイプ別におすすめの取引所を選びました。

金融庁へ登録されていることと合わせて、セキュリティ面で絶対クリアしておいてほしい条件である「コールドウォレット対応(※4)」と「マルチシグ対応(※5)」が明示されている取引所からピックアップしています。

(※4) コールドウォレットとは、仮想通貨をオフラインで管理するウォレットのこと。オンラインで管理するホットウォレットよりもハッキングリスクが低い。ペーパーウォレットやハードウェアウォレットなどがある。
(※5) マルチシグとは、仮想通貨の送金に必要な秘密鍵を複数人で分割管理する技術。送金に複数の承認が必要になるため、万一ハッキング攻撃を受けた場合でも資産の流出が防ぎやすい。

2-1. 初心者でも使いやすいbitFlyer

〇bitFlyerのメリット
  • アプリが使いやすい
  • コンビニ入金、Pay-easyにも対応
  • 提携サービスの利用でビットコインがもらえるサービス有
  • 不正出金時の補償制度あり

bitFlyerには取引所も販売所もあります。販売所は取引所で買うよりやや割高にはなってしまいますが、チャートを見る必要がなく売買手順もシンプルなので、初心者の人でも売買しやすいです。不正出金時の補償制度がある点も大きなメリットといえます。また、ネットショッピングの利用でビットコインがもらえるサービスがあり、手元の資金がない人でもビットコインを手に入れることができます。

×bitFlyerのデメリット
  • オルトコイン(アルトコイン)は販売所形式のみ。

オルトコインは取引所形式の取引ができないため、オルトコインを頻繁に取引したい人には不向きです。bitFlyer単体ではなく、ビットコインはbitFlyerで取引しつつオルトコインを別の取引所で、という併用がおすすめです。

2-2. 投資経験がある人や短期トレードを楽しみたい人にはbitbank

bitbankのメリット
  • オルトコインも板取引可能
  • TradingViewによる多彩な分析
  • 過去に大きな事故がなくシステムが安定

国内取引所としては珍しく、オルトコインの取引所での売買が可能。オルトコインはビットコインよりも価格変動が大きく、価格下落のリスクも大きい反面、利益を狙いやすいといえます。売買画面はシンプルな構成なので、初心者の人でも操作しやすく設計されています。また、チャートには100以上のテクニカル分析が可能なTradingViewを採用。本格的な仮想通貨取引にもおすすめです。過去にシステム系の事故や事件もなく、安全性を重視する人からも注目が集まっています。

×bitbankのデメリット
  • 入金手段が銀行振込のみ

日本円入金が銀行振込しか対応していないので、土日祝日の入金は翌営業日の反映となってしまいます。日本円を少し余裕を持って取引所に置いておくか、仮想通貨入金は24時間365日対応しているので、BTCを少し余裕をもってウォレットに保有しておくと、銀行時間外を気にせず取引が可能です。

2-3. FXならBITPoint

BITPointのメリット
  • 高機能チャートツールMetaTrader4採用
  • 最大25倍のレバレッジが可能
  • FX、レバレッジ取引も手数料無料

BITPOINTは日本円入出金を除く取引手数料が無料です。Bitbankなど現物取引については無料のところもありますが、仮想通貨の送受金もレバレッジ取引もFX取引もすべて無料というのは珍しいのではないでしょうか。また、レバレッジ倍率25倍は国内最大。レバレッジ取引は少ない資金で大きな利益を狙うことが可能です。しかし、その分損失リスクも大きくなるので、資金に余裕を持って、予想外の損失とならないように気を付けましょう。電話サポートやネットバンキングでの即時入金など、実際に使ってみて便利なサポートが充実している取引所です。

×BITPointのデメリット
  • 取引量が少ない

bitFlyerなどTVCMを行っている取引所に比べると、取引量が少ないです。取引量が少ないということは流動性が低いということなので、価格急落時などは約定に時間がかかったり、成行注文で思いもしない価格での約定となる危険があります。今後利用者が増加していけば改善していくのではないでしょうか。

番外編. 新しいもの好きはZaif

Zaifのメリット
  • トークンの取り扱いが豊富
  • 新しい取組に積極的
  • 取引手数料がマイナス

登録済の取引所の中で、突出してトークン(※6)の扱いが多いZaif。BCHやETHなどのメジャーなオルトコインに比べても、トークンはまだ価格が低いものが多く、次の億り人を狙うことができるかもしれません。時計メーカーとのコラボや仮想通貨積立、GPS機能を使ってトークンを取得できるゲーム「ZaicaGO」など、ほかにはないサービスが多いのもZaifだけの特徴です。

(※6) トークンとは既存の仮想通貨の仕組みを流用して作成されるコインのこと。企業が資金調達のために独自で発行することも多くあります。

×Zaifのデメリット
  • システムに不安あり

なぜ番外編としているかというと、システムに不安が残るため。表を見ていただければわかる通り、過去に何度かシステム関連の事故を起こしており、20184月には金融庁からの業務改善命令も発令されています。

3. そもそも金融庁への登録が必要な理由

btc_on_hand2017年4月に、日本は仮想通貨取引業についての法律を定めました(改正資金決済法。通称・仮想通貨法)。

この法律内で、新規で営業を開始する仮想通貨交換業者は、利用者保護とマネーロンダリング対策の観点から以下の義務を課されています。

  • 登録制の導入(仮想通貨交換サービスの適切な実施)
  • 利用者への適切な情報提供
  • 利用者財産の分別管理
  • 取引時確認の実施

参考:金融庁|改正資金決済法等の施行(リーフレット)

取引所や販売所はこの「仮想通貨交換業者」に含まれるため、登録されていない業者は、取引所や販売所を運営することはできません

「みなし業者」と呼ばれる業者は、この法律が施行される前から営業をおこなっていた業者ですが、法律施行後6カ月以内の登録もしくは登録申請書の提出が求められています。登録申請を行わない場合や、登録に必要な基準を満たさない場合は、業務停止命令や業務改善命令といった行政処分を受けることになります。

3-1. 法律制定の背景

仮想通貨交換業者の登録義務化を含んだ法整備の背景には「マネーロンダリング・テロ資金供与対策」と「利用者保護」という観点があります。

仮想通貨は国によって管理される法定通貨とは全く違った仕組みであり、その性質上、テロ等への悪用が懸念されています。2015年6月のG7サミット等で仮想通貨に対する規制が求められるなど、仮想通貨のマネーロンダリング・テロ資金供与対策に関する国際的な要請が行われました。また、2014年に起きたマウントゴックス社の破綻では、債務超過や顧客資産のずさんな管理が明らかになっていくなかで、利用者保護の重要性が浮き彫りになりました。

それらの背景を踏まえ制定されたのが、2017年4月に施行された「改正資金決済法」、通称・仮想通貨法と呼ばれる法律です。

参考:政府広報オンライン|「仮想通貨」を利用する前に知ってほしいこと。

3-2. 金融庁への登録には、一定の基準をクリアすることが必要

金融庁へ登録されるには、資本金額が1000万円以上であることなど、一定の要件を満たす必要があります。また、登録業者には改正資金決済法に定められた、情報提供や利用者財産の分別管理、取引時確認の実施(マネーロンダリング対策)も義務付けられています。

つまり、金融庁に登録されている、ということは、それらの義務をクリアしているということ。

みなし業者も営業を継続しながら順次登録の申請を進めていますが、求めるレベルを満たせないとして仮想通貨取引業から撤退を決めたところもあります。

2018年1月にNEMの大量流出が発覚したコインチェックはみなし業者でしたが、この事件をきっかけに取引所の安全性に対して世間の注目は一気に高まりました。しかし、ユーザーから見える範囲では、その会社がどうやって資金を管理しているか、どんなセキュリティ対策をとっているか等ということはなかなか見えにくいものです。

それらの見えにくい部分を、一定の基準で審査しふるいにかけた結果が「金融庁への登録」です。

もちろん、登録済=絶対安全ということではありませんが、取引所選びの一つの基準になるでしょう。

3-3. 取り扱う仮想通貨の種類によっては、審査が長引く可能性も

金融庁登録済の取引所で扱っているコインのリストを「ホワイトリスト」と呼んでいます。金融庁が正式に用いている表現ではありませんが、登録業者が取り扱う仮想通貨は金融庁のwebサイトで公表されているため、このように呼ばれるようになりました。

コインチェックが国内トップの顧客数と取引量を保有しながらも審査が長引いていたのは、Monero(XMR)やDashDASH)など、送金の記録を匿名化することができる「匿名通貨」を扱っていたためとも言われています。同社は20184月にマネックスグループによって買収されましたが、経営戦略見直しの一環として、匿名通貨4種類の取扱いを廃止することが発表されました。

参考:コインチェック|一部仮想通貨の取り扱い廃止のお知らせ

申請中のみなし業者の状況

法律施行前から営業を行っていたみなし業者はコインチェックを含め15社。うち7社はすでに申請を取り下げています(※7)。残りの8社も行政処分を受けていますが、指摘内容に対して各社改善を行っています。
ほかにも、新規で100社以上が参入を予定しているといわれており、今後も新しい取引所が増えていくと思われます。
(※7) 当初みなし業者として発表された業者は16社、申請取下げは8社とされていましたが、うち1社は業務実態を詳細に把握した結果、仮想通貨交換業に該当しないことが金融庁により確認されました

まとめ

この記事では、金融庁登録済の取引所・販売所のうち、サービスを開始している13カ所の取引所と販売所を一覧比較しました。

後半では法律についての少し細かい解説になりましたが、コインペディアの中に、より詳しい記事もありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

おすすめした4社以外にも、各取引所、販売所にそれぞれ特色があり、人によって使いやすさも違います。ぜひこの記事も参考に、様々な取引所や販売所を吟味してみてくださいね。

▼おすすめ記事▼