【初心者でもわかる】ビットコインとビットコインキャッシュの違い

bitcoin_bitcoincash

ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて分からない方は多いのではないでしょうか。

それもそのはず、もともとビットコインキャッシュはビットコインから誕生したものだからです。

そのため両者の基本性質はほとんど同じです。

そこで今回はビットコインとビットコインキャッシュの違いについて分かりやすくご紹介いたします。この2つの通貨の違いを知れば、今後の仮想通貨(暗号資産*)投資もさらに楽しむことが出来るでしょう。

ぜひ、「どちらの通貨が便利でサービスとして普及するんだろう」と考えながら最後までご覧いただければ幸いです。

*2018年12月の仮想通貨交換業等研究会による報告書において、呼び名を「暗号資産」とする内容が取りまとめられました(参考|「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第11回)議事次第

1. ビットコインキャッシュが誕生した経緯

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォーク(分裂)して誕生した仮想通貨です。でも、一体なぜ分裂したのでしょうか。その理由や経緯と違いについてまとめてみましょう。

1-1. ビットコインのハードフォークによって分裂した

bitcoincash_top

ビットコインキャッシュが誕生する前の話、ビットコインはある問題に直面していました。ビットコインの取引がどんどん増加し活発になりすぎてしまった結果、処理が追いつかなくなってしまったのです。

処理速度が低下してしまったため送金詰まりが起きました。

そのことから、処理の報酬であるトランザクション手数料は高騰していき、仮想通貨の「速くて安い」というイメージは脆くも崩れてしまったのです。

これを「スケーラビリティ問題」といいます。

2017年8月、その問題を解決するためにビットコインキャッシュはハードフォークという形で誕生しました。そのほとんどはビットコインと同じ性質を持つ通貨として誕生したのですが両者には大きな違いがありました。

それは容量が8倍になったということでした。

1-2. ハードフォークとは仮想通貨の仕様変更の事

ある地点で今まで使われていたブロックチェーンとは別のチェーンを誕生させることをハードフォークといいます。結果的に2つのチェーンに分裂することになる場合があり、ブロックチェーンの性質上一度決めてしまうと仕様変更が出来ません。

なので、ハードフォークは基本的に仕様変更や改善のため行われ、2つの開発陣営により意見が分かれた場合は別々の仮想通貨へ分裂することになります。

2. 送金スピードはビットコインキャッシュの方が速い

ビットコインキャッシュはビットコインよりも送金スピードが速いといわれていますが一体なぜでしょうか。両者の仕様を比較しそれぞれの性能について見ていきましょう。

2-1. ビットコインとビットコインキャッシュの仕様比較

ビットコインビットコインキャッシュ
開発チーム(関係する企業)ビットコインコアBitmain社中心
大手マイニングプール
開始年月2009年1月2017年8月
最大ブロックサイズ1MB8MBで誕生(のちに32MBにアップデート)
ブロック作成時間約10分約10分
マイニング方法PoWPoW
SegWit有無ありなし

2-2. ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きい

ビットコインキャッシュはビットコインに比べるとブロックサイズが大きいのが最大の特徴です。ブロックサイズとはブロックチェーンのブロックの容量の大きさのことです。

ブロック部分には取引(例えば「AさんからBさんに1BTC送金した」といった)情報が格納されています。1つのブロック生成にかかる時間は通貨ごとに違います

例えば、ビットコインは約10分で1ブロックが生成され、1ブロックのサイズは1MBとなっています。先ほど紹介した「スケーラビリティ問題」は、ビットコインの取引量が増加したことで10分ごとに1MBのブロックの生成では対応が出来なくなってしまったことをいうのです。

そこでビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題を解消するために8MBのブロックが10分ごとに生成される仕組みにしました。ビットコインキャッシュの仕組みは多くの取引データを格納でき、処理をどんどん行えるため、ビットコインよりも送金処理が速く行えるのです。

2-3. 処理速度をとるか、マイニング報酬をとるか

ビットコイン側もスケーラビリティ問題の解決のために2017年8月にSegWit(セグウィット)を実装しました。SegWitとは取引データの一部分を従来のデータから分離させる技術のことです。

取引データを分離することでブロックに格納するデータサイズを従来よりも小さくすることが可能になります。1ブロック(1MB)のサイズを大きくするのではなく、格納するデータを小さくすることで取引処理の高速化を図ったのです。

一方、SegWitの導入にはデメリットも存在します。

それはマイニング手数料が安くなってしまう点。

マイニングとはコンピュータで取引のチェックを行い、誤りがないことが確認できたらブロックに取引情報を記載し承認する作業のことです。これまで遅延気味だった処理は手数料を高くすることで優先的にマイニングされてきました。

しかし、SegWitを実装することでネットワークが効率化すると相対して取引手数料が安くなります。そのため収益の低下を懸念するマイナー達はSegWitに対して否定的な態度を示しています。

一見すると、手数料が安いことは一般のユーザーには良いことのように感じますが、実はそうでもありません。

手数料が安くなることに対し、マイナーの離脱が増えることも考えられます。

マイニングがされないと取引の処理自体が承認されませんので、結果として処理が遅くなってしまう可能性も出てきてしまうのです。

また、ビットコインコアの開発者は、ASIC Boostと呼ばれるマイニングの高速化を進める特許技術に対し、その特許技術の使用を防止するための技術提案を行ったそうです。

世界の7割のマイニング機器(ASIC)を製造しているBitmain社は「互換性が失われるとマイナーが失業に追い込まれる可能性がある」として、この技術提案に対し強く反対しました。 

2-4. 開発チームの考え方の違い

● ビットコイン

ビットコインの開発チームの考え方は至ってシンプルです。「誰もが平等に利用できる非中央集権的な通貨」という点です。

一方で、あまりにも急激に増加してしまった現実の取引量に対応出来るだけのスペックは備えていませんでした。

SegWitを実装したことも平等な監視体制を念頭に置いた結果といえますが決済機能として十分かというとまだ改良の余地がありそうです。

● ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは仮想通貨をより実践的なものとして捉えています。「新しい決済手段として使える通貨」が根本にある考え方です。実際にビットコインで起きていた送金詰まりは現状起こりにくいといえます。

一方、マイニングは高性能なスーパーコンピュータで行われるような難易度の高いものになっており、ビットコインの「全員が平等に監視体制にある」という状況とは多少異なるところも事実です。

3. ビットコインの価格への影響は結果的にポジティブだった

ビットコインキャッシュが誕生してからのビットコインの価格はどのように変動していったのでしょうか。当時のチャートなどを見ながら価格推移をまとめてみましょう。

btc_bb_chart

通貨の価格面ではビットコインキャッシュが誕生することでビットコインの価格が下落してしまうのではないかと不安視されていました。仮想通貨が二つに分裂するという状況は価格の価値も半減させてしまうのではと考えられたためです。

しかし予想に反して、ビットコインの価格はビットコインキャッシュが誕生した2017年8月以降も下がることはなく一貫して2017年末まで高騰しました。

8月1日時点では2,825米ドル(約31万円)だったものが月末には4,655米ドル(約51万円)。その後も高騰し続け、2017年末には最高値19,758米ドル(約216万円)という価格をつけました。

価格の高騰には様々な要因が考えられますが、少なくともビットコインキャッシュの誕生がビットコインに与えた影響はネガティブなものではなかったといえるでしょう。

一方でビットコインキャッシュも2017年8月1日時点では300米ドル(約3万円)前後でしたが2017年末には4,000米ドル(約44万円)を超える価格をつけ、現在では時価総額第4位に入るほどのメジャーな通貨となっています。

現在、2通貨の価格は当時に比べ下がってはいるものの取引量は多く、今後の仮想通貨業界においても中心的な存在となっていくことが期待されています。

まとめ

今回はビットコインとビットコインキャッシュの違いについて解説いたしました。実はハードフォークは他の通貨でも行われたことがありますが、ビットコインとビットコインキャッシュのように2通貨とも支持を集めるということは簡単なことではありませんでした。

現状も仮想通貨関連技術はより質の高いサービスを追求している段階です。今後もどんどんアップデートを行っていくことでしょう。

またユーザー側の認識が深まり仮想通貨の存在が確立していくことで、もっと便利で私たちの生活にとって身近な存在となる日はそう遠い未来ではないかもしれません。

今後も通貨のアップデートがあった時にはどんな改良があったかについて注目していきたいところです。