取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

thinkinggirl

いざ仮想通貨を買おうと思った時、「取引所」と「販売所」があることに気がつきませんでしたか?初心者のなかには、ビットコインはどちらで買えるのか、取引所と販売所の違いは何か、自分はどちらを利用すればよいのか、わからない人もいるでしょう。

結論からいうと、取引所でも販売所でも仮想通貨は買えます。そして2つの違いを理解することで、より自分にあった仮想通貨取引ができるようになりますよ!

この記事では取引所と販売所の違いをやさしく解説。決定的な違いや、価格に差がある理由とは?それぞれのメリット・デメリットを比較し、アナタにあった売買方法を見つけましょう。

1. 価格に差がある「取引所」と「販売所」、 違いを徹底解説

仮想通貨を買う時は、「取引所」と「販売所」のどちらで購入すればよいのでしょうか?この章では取引所と販売所の違いについて解説していきます。

1-1. 決定的な違いはコレ! 取引所と販売所は取引相手が違う

取引所と販売所の大きな違いは取引相手です。取引所はユーザー同士が売値や買値を決めて取引を行う場所。つまりアナタの取引相手はほかのユーザーです。

一方の販売所はユーザーと事業者が、事業者の提示した価格で売買を行う場所。アナタの取引相手は事業者になります。この取引相手の違いが取引所と販売所を分けるポイントです。

1-2. 通貨ペアの違い! 販売所は法定通貨のみ、取引所は仮想通貨同士の交換も

販売所は、法定通貨(※)と仮想通貨の交換のみを取り扱っています。つまり日本円で仮想通貨を買うか、仮想通貨を日本円で買い取ってもらうかの2択。
(※)日本円や米ドルといった国が発行・管理している通貨

一方の取引所では法定通貨以外にも、仮想通貨と仮想通貨の交換もできます。いちいち日本円を入金しなくても、持っている仮想通貨をほかのコインと交換できますね。

取引に使う通貨の組み合わせを「通貨ペア」という

取引に使われる通貨の組み合わせを「通貨ペア」といいます。たとえばビットコインを日本円で買う時、この2つの銘柄は通貨ペアということです。

通貨ペアは一般的にBTC/JPYというように通貨コードで表記。この場合は、ビットコインを日本円と交換する取引を表しています。

また左側にある通貨コードは主軸通貨といい、売買される通貨を指します。右側の通貨コードは決済通貨といい、名前の通り決済に利用する通貨。BTC/JPYの場合はBTCが主軸通貨、JPYが決済通貨となります。

取引所や販売所では通貨ペアの表記が使われるので、自分が取引したい通貨の通貨コードは覚えておくとよいでしょう。仮想通貨取引でよく使われる銘柄の通貨コードは、以下を参考にしてください。

通貨の種類

通貨

通貨コード

法定通貨

日本円

JPY

仮想通貨

ビットコイン

BTC

イーサリアム

ETH

XRP(通称:リップル

XRP

ライトコイン

LTC

ビットコインキャッシュ

BCCまたはBCH

モナコイン

MONA

ネム

XEM

イーサリアムクラシック

ETC

リスク

LSK

カウンターパーティ

XCP

1-3. 価格に差がある理由はコレ!販売所の提示価格には事業者の取り分が含まれる

実際に取引所と販売所を見比べた方は気がついたと思いますが、両者は同時刻でも売買価格に差があります。ほとんどの場合、取引所を利用したほうが販売所よりも安く買えて高く売れる傾向です。

なぜ価格に差があるのでしょうか?それは販売所の提示価格のなかに、事業者の取り分となる金額が含まれているから。

販売所は取引所と異なり、一定の資金をプールしておかなければなりません。まとまった売り注文や買い注文にも対応しなければならないので当然ですよね。そのため販売所の売買価格には、あらかじめ事業者の取り分となる料金が含まれています。販売所のなかには「手数料無料」と公開しているところもありますが、実際は売買価格のなかに含まれていると考えてもよいでしょう。

一方の取引所はユーザー間での取引なので、資金をプールしておく必要がありません。やり取りされるのはユーザー同士の資金のみ。取引注文が頻繁にあっても、事業所の資金を動かす必要がないのです。このような理由から、取引所と販売所の価格に差があると考えられます。

2. 初心者でも失敗なし!販売所のメリット・デメリット

saleplace

「取引所のほうが安く買える」と聞くと、販売所のニーズはどこにあるのか疑問ですよね。2章では販売所のメリット・デメリットをまとめ、販売所での取引が向いているタイプを教えます!

メリットデメリット
  • 取引経験がゼロでも売買できる
  • すぐに取引が成立する
  • 大口の注文時、価格にタイムラグがない
  • 取引所よりも割高な傾向がある

さっそく、それぞれについて解説していきましょう。

販売所は初心者向け!取引経験がゼロでも売買できる

販売所では取引の経験がない初心者でも、確実に購入や売却を行えます。

買い方・売り方は各販売所によって異なりますが大まかには、提示されている金額に納得したら買い(売り)たい数量を入力するだけ。相場の流れを読むといった取引のコツがなくても購入や売却が成立します。取引経験がゼロの仮想通貨初心者でも心配ありません。設定を間違えて安く売り過ぎた、高い価格で買ってしまったというミスは起きないでしょう。

■ 今すぐ欲しいを叶える!すぐに取引が成立する

販売所では、すぐに仮想通貨の購入や売却が成立します。取引所と異なり条件がマッチする相手を待つ必要がないからです。

取引相手である事業者はすでに売買価格を提示しているため、ユーザーは発注する時点で取引額に納得しているということ。そのため発注した時点で、すぐに取引が成立して購入や売却が完了するというわけです。今すぐ仮想通貨が欲しいという人にオススメ。

価格にタイムラグがないから大口注文でも利益計算がラク

acres_of_bitcoin

販売所は大口の注文をする時も役に立ちます。

たとえば100BTCが欲しい時、取引所で何人ものユーザーからビットコインを購入し100BTCに到達するまで買い続けるとしましょう。一人のユーザーとは1BTC100万円、もう一人ユーザーとは1BTC101万円……というように取引が成立するユーザーによって購入時の価格にバラつきが出ます。100BTCに到達するころには相場の変化も相乗して、1BTCあたりの購入価格に大きな差がつくかもしれません。そうなれば、利益の計算がしづらい、想定していたより高つくといった結果を招く場合もあるでしょう。

販売所なら取引相手は事業者だけなので、大口取引でも価格にタイムラグがありません。まとまった数量でも申し込んだタイミングの価格で買えるでしょう。利益の計算もやりやすそうですね。販売所によっては購入や売却の限度額を設けているところもあるので、大口の発注を行う時は事前に問い合わせて取引が可能か確認するよいでしょう。

 値段重視な人には向いていない!? 取引所よりも割高な傾向

1章でも説明した通り販売所で提示されている売買価格は、取引所の価格よりも割高な傾向です。時には10%近く価格に差が出ることも。

少量の売買では気にならないほどの金額差と感じるかもしれませんが、ちりも積もれば山となります。何度も取引をして利益を出したい人は販売所よりも取引所を使ったほうがよいでしょう。

2-1. 販売所の利用が向いている人、向いていない人

メリット・デメリットを踏まえ、販売所の利用が向いている人、向いていない人の特徴をまとめました。

向いている人向いていない人
  • 初心者
  • すぐに買い(売り)たい人
  • 大口の注文をしたい人
  • 何度も売買を繰り返して利益を生みたい人

次は取引所のメリット・デメリットと、利用に向いているタイプを紹介していきます。

3. ステップアップしたら取引所!メリット・デメリットを解説

suitwoman

仮想通貨の取引に慣れてきたら、取引所を利用してみましょう。取引所のメリット・デメリットは以下の通り。

メリットデメリット
  • 販売所よりも安く買える
  • 外出や仕事中でも売買できる
  • すぐに取引が成立するかわからない

販売所よりも安い!マッチングしやすい成行と、希望価格で買える指値

取引所は販売所よりも安く購入できる傾向があります。理由は1-3で解説した通り。

取引所の主な発注方法には成行(なりゆき)注文指値(さしね)注文があります。

成行注文では、指定した発注量になるまで自動的に取引が成立していきます。価格が低い売り注文から順にマッチングしてくれるので安心。販売所より安い価格で、指値注文より早めに取引が成立する可能性が高いです。

指値注文では数量に加え購入希望価格も指定でき、指定した量になるまで自動的に取引が進められます。たとえば0.1BTC10万円で買いたい時、0.01BTC1万円で売りたいユーザーや、0.05BTC5万円で売りたいユーザーというように金額の条件がマッチしている人と取引が成立。最終的には0.1BTC10万円で買えます。

成行注文や指値注文を使えば、販売所の提示価格より仮想通貨を安く購入できるでしょう。

関連記事:ビットコインを安く買おう!指値注文の発注&キャンセル方法

タイミングを逃さない!指値、逆指値で外出や仕事中でも取引成立

workingman

指値注文では、希望した金額の条件がマッチするユーザーが現れた時点で自動的に取引が成立します。そのため発注をかけておけば、外出や仕事中に取引が成立することも。会社員や忙しい人でも、タイミングを逃さず取引ができますね。

また逆指値(ぎゃくさしね)注文を使えば、指定した金額以下になったら自動的に売りに出すこともできます。チャートから目を離している時に価格の暴落が始まっていても、自分が指定した損切り価格で売りに出せるので、大きな損益を生むリスクが減らせます。

関連記事:損をしないビットコイン取引をしたい人必見!逆指値を使った注文方法

すぐに取引が成立するかわからない……、ポイントは取引の活発さ

取引所ではユーザー同士の取引条件がマッチングすれば売買が成立します。反対にマッチしたユーザーが現れなければ、いつまでたっても取引が成立しません。すぐに取引を成立させたい人は、取引の活発さや、ユーザー数の多い取引所を選択するとよいでしょう。取引案件が多ければ多いほど、条件がマッチしたユーザーと遭遇しやすいからです。

仮想通貨は株と違って、取引所単位で売買が行われています。そのため取引が活発に行われている取引所もあれば、そうでない取引所も。世界にある取引所の取引高は、CoinMarketCap24 Hour Volume Rankings (Exchange)から確認できます。2018330日現在、日本にある取引所では、bitFlyer11位、Bitbank18位、BTCBOX22位と上位にランクイン。取引が活発に行われているように見受けられます。テンポよく取引を成立させたい時は、活発さやユーザー数などを確認して取引所を選びましょう。

3-1. 取引所の利用が向いている人、向いていない人

メリット・デメリットを踏まえ、取引所の利用が向いている人、向いていない人の特徴をまとめました。

向いている人向いていない人
  • 取引に慣れてきた人
  • 安く買いたい人
  • 外出や仕事中でも売買のタイミングを逃したくない人
  • すぐに取引を成立させたい人

向いているタイプの、どれかひとつでも当てはまれば取引所を利用したほうがよいでしょう。特に何度も購入や売却をくり返したい時は、圧倒的に取引所のほうがお得です。

ただし取引所の利用は販売所よりもコツがいります。主流の成行と指値注文の意味や使い方は前もって勉強しておきましょう。

4. 金融庁に登録済みの取引所・販売所リスト

安全に取引したいなら最低限、金融庁に登録済みの仮想通貨交換業者が運営しているサービスを利用しましょう。審査は仮想通貨に関する法律に基づき、安全や管理面などの厳しいチェックをクリアした企業しか通りません。そのような業者が提供するサービスなら怪いものではなさそうです。

2018年3262018年6月15日現在、金融庁に登録済みの仮想通貨交換業者のサービスをまとめました。

サービス名

仮想通貨交換業者名

取引所

販売所

QUOINEX

QUOINE株式会社

 

bitFlyer

株式会社bitFlyer

bitbank

ビットバンク株式会社

 

VCTRADE

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社

 

GMOコイン

GMOコイン株式会社

ビットトレード

ビットトレード株式会社

 

BTCBOX

BTCボックス株式会社

 

ビットポイント

株式会社ビットポイントジャパン

 

DMM Bitcoin

株式会社DMM Bitcoin

Bitgate

Bitgate株式会社

 

BITOCEAN

株式会社BITOCEAN

 

フィスコ仮想通貨取引所

株式会社フィスコ仮想通貨取引所

 

Zaif

テックビューロ株式会社

参考:金融庁

取引所と販売所のサービスを両方提供しているのは、bitFlyerGMOコイン、DMM BitcoinZaif4つ。販売所の呼び方は各取引所によって異なるようです。bitFlyer は「販売所」、GMOコイン、DMM Bitcoinは「現物売買」、Zaifは「簡単売買」という名で販売所のサービスを行っています。

まとめ

取引所と販売所の違いや、それぞれのメリット・デメリットがわかりましたか?

この記事では

  • 取引所はユーザー間の取引、販売所はユーザーと事業者の取引
  • 取引所では法定通貨と仮想通貨の交換のほかに、仮想通貨と仮想通貨の交換もできる
  • 販売所の提示価格には事業者の取り分が上乗せされているので、取引所よりも割高な価格になっている
  • 取引初心者、すぐ買い(売り)たい、確実に取引したい、大口の発注をしたい人には販売所が向いている
  • 取引に慣れた人、安く買いたい、目を離していても売買のタイミングを逃したくない人には取引所が向いている

といった内容をお届けしてきました。取引所と販売所の違いを理解し、自分にあった使い分けをしてくださいね。

オススメ記事:一歩も外出せずに買えた!知識ゼロでもわかるビットコインの始め方