DMIとは? 見方&売買ポイントを見つけ出すコツをトレーダーが解説

DMI

DMIはプロのトレーダーも使う、トレンドの分析に役立つ指標です。活用することで、感覚だけのトレードよりも根拠のある精度の高いトレードを目指すことができます。

今回の記事では、DMIの概要、見方・使い方、効率的に利益を狙うコツまで詳しく解説していきます。

この記事でわかること(DMI)


1. DMIとは?

この項目では、DMIの概要、計算式、構成指数について解説していきます。

1-1. 「市場のトレンド有無を調べる指標」 のこと

DMIは価格の変動幅を基にした、「市場のトレンドの有無を調べる指標」のことです。

大きく分けて、以下の3つの線を基にして構成されます。

DMIとは

DMIを構成する3つの線

  • 期間ごとの上昇の強さを示す「+DI」
  • 期間ごとの下落の強さを示す「−DI」
  • 上昇と下落のトレンドの強弱を示す「ADX」

DMIにおいて重要視されるのは、高値と安値を基にした変動幅(ボラティリティ)です。これら3つの線も変動幅を基にして算出されます。

日本語では「方向性指数」という意味がある

DMIは「Directional Movement Index」の略称であり、日本語訳では方向性指数という意味があります。

1-2. DMIの計算式と考え方

この項目では、DMIの計算式を確認していきます。

■「+DM」と「−DM」と「TR」

DMIの計算でまず行うことは、上昇と下落の強さを示す「+DM」と「−DM」、実質的な変動幅を示す「TR」という3つの要素の計算です。

DMIを計算する3つの要素

  • +DM:価格の上昇幅
  • -DM:価格の下落幅
  • TR:実質的な変動幅

価格の上昇幅を示す「+DM」

「+DM」は価格の上昇幅を示すものです。「当日の高値 – 前日の高値」で算出します。

なお、「+DM」より「−DM」の値が大きい場合、もしくは「+DM」が負の数になる場合には、「+DM」は0となります。

価格の下落幅を示す「−DM」

「−DM」は価格の下落幅を示すものです。「前日の安値- 当日の安値」で算出します。

なお、「−DM」より「+DM」の値が大きい場合、もしくは「−DM」が負の数になる場合には、「−DM」は0となります。

実質的な変動幅を示す「TR」

「TR」は実質的な価格の変動幅を示すものです。以下のうち、最も大きい値を「TR」として定めます。

  • 「当日の高値-当日の安値」
  • 「当日の高値-前日の終値」の絶対値
  • 「前日の終値-当日の安値」の絶対値

■「+DI」と「−DI」と「ADX」

次に±DMとTRを使って、DMIの3つの要素である±DIとADXを計算します。

「+DI」の計算式と考え方

「+DI」の計算式は、以下のようになります。

+DI=(計測期間における+DMの合計)÷(計測期間におけるTRの合計)× 100

計算される値は、上昇した価格幅である「+DM」が、実質的な変動幅である「TR」に対してどれくらいの割合なのかを示したものです。

そのため、「+DI」は上昇の強さを示していると考えることができます。

「−DI」の計算式と考え方

「−DI」の計算式は、以下のようになります。

-DI=(計測期間における+DMの合計)÷(計測期間におけるTRの合計)× 100

計算される値は、下落した価格幅である「−DM」が、実質的な変動幅である「TR」に対してどれくらいの割合なのかを示したものです。

そのため、「−DI」は下落の強さを示していると考えることができます。

「ADX」の計算式と考え方

「ADX」は「+DI」と「−DI」の絶対値を、「+DI」と「−DI」の差で割った値の指数平滑移動平均線(EMA)です。

指数平滑移動平均線(EMA)とは相場の方向感を示す移動平均線の1つです。通常の移動平均線よりも、直近価格を重要視した分析をしたい時に使います。

大きな特徴として、上昇と下落を問わず、トレンドが強くなると「ADX」が上昇する傾向があります。

指数平滑移動平均線についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

(関連記事)
外資戦略コンサル出身トレーダーが解説|BTCの移動平均線の使い方


2. DMIの使い方・売買ポイント

この項目では、DMIの使い方を確認していきます。

+DIが-DIを上に抜けたら買い

DMIの買いポイントは、+DIが-DIを上に抜けたタイミングです。

下記の2019年のビットコインのチャート画像では、画面中央付近の3月26日頃に、青色の+DIがオレンジ色の-DIを上抜けしています。

DMIの売買ポイント
参照:Tradingview – BTCJPY

その後、価格も上抜け時の約45万円から6月26日頃の約150万円まで、大きく上昇していることがわかります。

このように、+DIが-DIを上に抜けたタイミングは、買いを入れる1つのポイントと考えることができるのです。

+DIが-DIを下に抜けたら売り

+DIが-DIを下に抜けたタイミングは、売りのタイミングの1つと考えることができます。

下記の2018年のビットコインのチャート画像では、画面中央付近の2018年11月12日頃に、青色の+DIがオレンジ色の-DIを下抜けしています。

DMIの売買ポイント
参照:Tradingview – BTCJPY

下抜け時の価格は約70万円でしたが、12月15日頃には約35万円まで大幅に下落しています。

このように、+DIが-DIを下に抜けたタイミングは下落する可能性が高まるため、売り時の1つの目安として考えることが可能です。


3. DMIを使ってトレードで利益を出すコツ

ここからは、DMIを使ってトレードで利益を出すコツを確認していきます。

3-1. ADXが上昇してからエントリーする

利益を出すコツとして、ADX上昇後にエントリーすることが挙げられます。

ADXは明確なトレンドが発生してから上昇するため、上昇後にはそのトレンドの信頼性が高まることが理由です。

+DIと-DIは価格に対して敏感に動きますが、買いや売りを示唆する動きが出ても、トレンドが発生しない可能性があります。

ここでADXを使うことで、+DIと-DIが示す買いや売りのサイン、つまりはトレンドの信頼性を高めることができるのです。

3-2. 他の指標と組み合わせる

DMIは他の指標と組み合わせることで、利益を出せる可能性が高まります。

DMI以外でトレードの根拠を増やすことで、その根拠の信頼性をさらに高められたり、DMIだけでは判断できない情報を確認できたりすることが、その理由です。

RSIで決済ポイントを探る場合の例

例として、買われ過ぎや売られ過ぎの指標となる、RSIを組み合わせた場合を見てみましょう。

以下の2017年のビットコインのチャート画像では、11月14日頃に+DIが-DIを上抜けしており、価格も上昇しています。

DMIとRSI
参照:Tradingview – BTCJPY

いっぽうで、決済のポイントを探したい場合、この上昇がどこまで続くのかDMIだけでは判断が難しい状態です。

しかし、価格が下落した12月7日頃を見るとRSIの値は90を超えており、買われ過ぎの水準に達しています。

RSIは買われ過ぎの水準に入ると、価格が反発する傾向があるため、決済の1つの目安として考えることができます。

このように、DMIだけでは判断が難しいポイントでも、他の指標を組み合わせることでトレードの根拠を増やすことができるのです。

(関連記事)
外資戦略コンサル出身のトレーダーが解説!RSIの使い方・エントリー&決済のコツ


まとめ

以上、DMIについて解説してきました。あらためて、この記事のポイントをまとめておきましょう。

  • DMIはトレンドの有無を判断するための指標
  • +DIは上昇、-DIは下落、ADXはトレンド自体の強弱を示す
  • +DIが-DIを上抜ければ買い、下抜ければ売りの目安となる
  • 他の指標との組み合わせでトレードの根拠を高めよう

DMIでトレンドの判断を行い、効率的な取引を目指していきましょう。


■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。