GMOコインのレバレッジは2種類! 違い・やり方・コツを画像で解説

GMOコインのレバレッジ取引

GMOコインでは、「仮想通貨FX」と「レバレッジ取引」の2種類のレバレッジ取引があります。

両者の違いを理解し、使い分けることで、より効率的な取引をすることが可能です。

今回の記事では、2つの取引の具体的な違いや使い方だけでなく、レバレッジ取引で利益を出すコツも合わせて確認していきます。

この記事で分かること(GMOコインのレバレッジ取引)

1. GMOコインのレバレッジ取引は2つある

レバレッジ取引では、自己資金よりも大きな金額を使い仮想通貨(暗号資産*1)を取引することができます。

まずは、GMOコインの2種類のレバレッジ取引について、それぞれの違いやメリットを確認していきましょう。

*1)2019年5月、呼び名を「暗号資産」とする改正資金決済法が可決されました(参考|日本経済新聞

▼レバレッジ取引って何? という方はこちらをどうぞ

1-1. 取引形式や手数料の違いは?

GMOコインでは、販売所形式の「仮想通貨FX」取引所形式の「レバレッジ取引」の2種類のレバレッジ取引が利用できます。

仮想通貨FX レバレッジ取引
対応銘柄 全5種類 全5種類
メリット 手軽で簡単に取引できる コストを抑えた取引が可能
取引形式 販売所 取引所
取引相手 GMOコイン GMOコインのユーザー
アプリ ビットレ君 仮想通貨ウォレット
取引手数料 無料 無料
レバレッジ 4倍固定 4倍固定

「仮想通貨FX」では取引相手が販売会社となるGMOコインとなり、「レバレッジ取引」ではGMOコインのユーザーと直接取引を行います。

「販売所」と「取引所」の違い
仮想通貨取引所には「販売所」と「取引所」の2種類の取引形式があります。「販売所」は販売会社が取引相手となり、価格の設定も販売会社が行います。「取引所」ではユーザー同士が直接取引を行い、価格の設定も双方の同意に基づき行われます。

1-2. 初心者は仮想通貨FXがおすすめ

初心者の方であれば、仮想通貨FXがおすすめです。

価格設定をGMOコインが行ってくれるため、手軽で簡単に仮想通貨を取引できることがその理由です。

仮想通貨FXでの注文方法はこちら

1-3. コストを抑えるなら取引所のレバレッジ

コストを抑えるのであれば、レバレッジ取引がおすすめです。

ユーザー同士で取引をするため、売買価格の開きが小さく、価格にこだわった注文が可能になるからです。

取引所のレバレッジを使い方はこちら

GMOコインの口座開設をしていない方はこちらGMOコイン

2. 仮想通貨FXのやり方

ここからは、仮想通貨FXの具体的なやり方について確認していきましょう。

今回は、画面の見方とビットコインの買い方を中心に解説していきます。

2-1. 画面の見方

GMOコイン_仮想通貨FXの画面

仮想通貨FXでは、画面上部のメニューバーに4つの項目があります。

  • 実際に注文を出す「注文」
  • 現在出している注文が確認できる「注文一覧」
  • 保有している建玉が見れる「建玉一覧」
  • 取引の履歴が確認できる「取引履歴」

イルカちゃん
イルカちゃん
建玉とは、決済せずに保有している注文のことだよ!

それぞれの項目の画面の見方を確認していきましょう。

■注文画面

GMOコイン_仮想通貨FX_注文画面

画面上部では、取引したい銘柄の切り替えを行うことができます。

画面中央はその銘柄のチャートとなっており、時間足の切り替えをできるほか、「ローソク足チャート」をタップすると拡大表示をすることも可能です。

また、実際に注文を出す時には右側の発注画面から行います。

■注文一覧

GMOコイン_仮想通貨FX_注文一覧

画面下部に、現在出している注文の状況が表示されます。

また、画面上部では期間や銘柄などで切り分けて、注文状況を検索することも可能です。

■建玉一覧

GMOコイン_仮想通貨FX_建玉一覧

画面下部に、現在保有している建玉が表示されます。

また、画面上部から期間や銘柄に応じて建玉を検索することも可能です。

■取引履歴

GMOコイン_仮想通貨FX_取引履歴

画面下部には取引の履歴が表示されます。

また、画面上部から期間や取引・売買の区分に応じて履歴を検索することも可能です。

2-2. ビットコインの買い方

GMOコイン_仮想通貨FXでの注文方法1(スピード注文)

画面左側のメニューバーから「仮想通貨FX」を選択し、取引銘柄から「BTC/JPY」をクリックします。

仮想通貨FXでは2種類の注文方法が使えます。

仮想通貨FXの注文方法

  • 手軽で簡単に買える「スピード注文」
  • 注文方法にこだわって買える「通常注文」

今回はより手軽に注文できる「スピード注文」で購入してみましょう。

スピード注文ではワンタップで売買ができますが、そのぶん誤操作が発生しやすい注文方法です。「(買)ASK」ボタンをタップする前に、数量や価格に間違いがないかしっかり確認するようにしましょう。

GMOコイン_仮想通貨FXでの注文方法2(スピード注文)

画面上部のタブから「スピード注文」を選択し、「取引数量」に購入したいビットコインの数量を入力します。

画面上部の「(買) ASK」に表示されている価格で問題がなければ、クリックしてビットコインの購入は完了です。

スリッページとは?
画面下部には「許容スリッページ」という項目があります。スリッページは、表示されている価格と実際に購入する価格の価格差のことです。「許容スリッページ」を決めることで、どれくらいの価格差まで許容できるかを設定することが可能です。
両建てとは?
画面下部には「両建て」という項目があります。両建てとは、「買い(ロング)」と「売り(ショート)」の2つの建玉を同時に保有する取引手法のことです。たとえば、「売り(ショート)」の建玉を保有している状態でチェックをつければ、新規注文から「「買い(ロング)」の建玉を保有することが可能となります。
「売り(ショート)」とは?
レバレッジ取引では、「売り(ショート)」から注文をすることも可能です。本来であれば持っていない仮想通貨を売却したと仮定し、売却時よりも安い値段で買い戻すことで利益を出す取引手法です。通常の取引と違い、価格が下落した時に利益を出すことができます

2-3. 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

GMOコインのアプリ(ビットレ君)

GMOコインでは、仮想通貨FXの専用アプリである「ビットレ君」も提供しています。

仮想通貨FX特有の手軽な取引はもちろん、使い勝手も良いため、アプリでも取引したい方におすすめです。

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMOコイン仮想通貨FXアプリ ビットレ君

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

3. 取引所のレバレッジ取引のやり方

ここからは、取引所のレバレッジ取引のやり方を確認していきましょう。

今回は、画面の見方とビットコインの買い方を中心に解説していきます。

3-1. 画面の見方

GMOコイン_取引所レバレッジの画面

レバレッジ取引では、画面上部のメニューバーに4つの項目があります。

  • 売買の注文を出す「注文」
  • 発注している注文が確認できる「注文一覧」
  • 保有している建玉が見れる「建玉一覧」
  • 取引の履歴が確認できる「取引履歴」

それぞれの見方を、下記で確認していきましょう。

■注文

GMOコイン_取引所レバレッジ_注文画面

「注文」は、仮想通貨の購入や売却などの注文を出す画面です。

画面左側は、現在出ている売り注文と買い注文、およびその数量を示した「取引板」となっています。

画面右側では、上部タブで銘柄の切り替えを行い、下部で注文したい数量や価格の指定を行います。

■注文一覧

GMOコイン_取引所レバレッジ_注文一覧

画面下部にて、現在発注している注文の一覧を確認することができます。

また、画面上部では期間や銘柄を絞って注文を検索することも可能です。

■建玉一覧

GMOコイン_取引所レバレッジ_建玉一覧

画面下部にて、建玉の一覧を確認することができます。

また、画面上部では期間や売買区分、銘柄などで建玉を検索することも可能です。

■取引履歴

GMOコイン_取引所レバレッジ_取引履歴

画面下部に、これまでの取引の履歴が表示されます。

また、画面上部から取引区分や銘柄などで履歴を検索することも可能です。

3-2. ビットコインの買い方

GMOコイン_取引所レバレッジでの注文方法1

画面左側のメニュータブから「レバレッジ取引」をクリックし、画面右上の銘柄タブから「BTC/JPY」を選択しましょう。

レバレッジ取引では、2種類の注文方法を利用することができます。

取引所のレバレッジ取引

  • 価格を指定して購入する「指値注文」
  • 取引板の最も安い売り注文の価格で購入できる「成行注文」

今回は、より手軽に購入できる「成行注文」で購入してみます。

GMOコイン_取引所レバレッジでの注文方法2

画面上部の売買区分から「買」を選択し、取引数量に購入したいビットコインの数量を入力し、注文レートの「成行」のチェックボックスにチェックを入れましょう。

完了したら、画面下部にある「確認画面へ」をクリックします。

GMOコイン_取引所レバレッジでの注文方法3

入力した内容に問題がなければ、画面下部にある赤色の「確定」をクリックしましょう。

以上で、レバレッジ取引におけるビットコインの購入は完了です。

3-3. レバレッジ取引ができるアプリ「仮想通貨ウォレット」

GMOコインのアプリ(仮想通貨ウォレット)

GMOコインでは、レバレッジ取引もできるアプリ「仮想通貨ウォレット」も提供しています。

レバレッジ取引以外にも、現物取引から資産管理、日本円の入出金など、さまざまな機能に対応しているオールマイティなアプリです。

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMOコイン 仮想通貨ウォレット

GMO Coin, Inc.無料posted withアプリーチ

4. レバレッジ取引で利益を出すコツ

ここからは、レバレッジ取引で利益を出すコツを見ていきましょう。

4-1. トレンドを狙って取引する

基本的には、レバレッジ取引ではトレンドを狙って利益を出す方が効率的です。

テクニカル分析ファンダメンタル分析を使い、トレンドを読み解いてトレードできるよう心がけましょう。

4-2. 負けを小さくする

レバレッジ取引では、負けを小さくすることも利益を出すためのコツとなります。

決まりはありませんが、度の取引で許容できる損失は証拠金に対して1%を目安にしましょう。

4-3. リスク管理をしっかりする

リスク管理をしっかりと行うことで、仮想通貨特有の急激な価格変動による損失を抑えることができます。

具体的には、ハイレバレッジの取引を避けることや、ポジションの資金量を一定にして取引することなどを心がけましょう。

まとめ

以上、GMOコインのレバレッジについて解説してきました。

あらためて、記事のポイントをまとめておきましょう。

  • GMOコインでは「仮想通貨FX」と「レバレッジ取引」の2種類の取引形式がある
  • 「仮想通貨FX」は手軽で簡単に取引できるので初心者におすすめ
  • 「レバレッジ取引」はコストを抑えて取引したい方におすすめ
  • トレンドを掴みながら、負けを小さくして利益を狙う

GMOコインの2種類のレバレッジ取引を、用途に応じて使い分け、効率的に取引をしていきましょう。

▼まだ取引所口座を開設していない人は▼

  • 手数料は国内最安! bitbank(メリットや使い方はこちら
  • 初心者さんでも楽々! GMOコイン(メリットや使い方はこちら
  • 7種類14ペアでレバレッジ取引! DMM Bitcoin
  • Coinpediaからの口座開設で手数料割引! BitMEX(メリットや使い方はこちら