ハードフォークとは? 仕組みや価格への影響、新通貨誕生を解説

ハードフォークとは

「ハードフォークってなに? 分裂するんだっけ?」

ビットコインキャッシュがハードフォークで誕生したこともあり、そのように思っている人も多いかもしれません。

ですがハードフォークは分裂するものとは限りません

この記事ではハードフォークがどのようなものか、そしてハードフォークの価格への影響正しい対処を紹介します。

1. ハードフォークとは仕様変更のこと

ハードフォークを「分岐」と呼ぶ人もいますが、仕様の変更のことです。この項ではハードフォークの詳細と、実際にハードフォークをした仮想通貨を紹介していきます。

1-1. ハードフォークは過去ブロックと互換性のない変更

ハードフォークは「互換性のない」変更のことです。

ハードフォークでは機能を更新したり追加したりするので、ブロックを作るときのルールが変わります。そのため変更後の新しいブロックは、変更前のブロックと互換性はありません

ハードフォーク

変更が行われた後、もし古いルールでブロックが作られたとしても、マイナーは新しいルールを優先するため最終的にはチェーン自体がなくなります。しかし新しいルールに反対するマイナーが一定数いる場合、古いルールでのマイニングが継続されます。

マイニングが継続され、古いブロックのチェーンと新しいブロックのチェーンが両方とも生き残ると、新しいコインが誕生することになります。

1-2. 互換性がある変更はソフトフォーク

ハードフォークと合わせて語られることの多い「ソフトフォーク」という言葉があります。

ソフトフォーク

ハードフォークとソフトフォークの違いは、過去のブロックと互換性があるかどうかです。

過去のチェーンと互換性がある ソフトフォーク
過去のチェーンと互換性がない ハードフォーク
一時的なチェーンの分岐は起こる
ソフトフォークの場合に、マイナーの一部が新しい仕様を知らないなどの理由から一時的にチェーンが分岐してしまうことはあります。しかし新基準のチェーンを正当なチェーンとしてみんながマイニングしていくので、古いチェーンは新しいチェーンより短くなり、結果的にチェーンは1本になります。

1-3. ハードフォークした仮想通貨たち

話題の大小を問わず、ハードフォークは実は頻繁に行われています。代表的な仮想通貨のハードフォーク事例を紹介します。

ビットコイン

2013年3月にビットコインコアをバージョン0.80へアップデートしたとき、バグが判明。ハードフォークが実行されました。

ただバージョン0.80にアップデートをしなかったとしても、バグが発生した可能性があるという説もあり、ソフトフォークだったともいわれています。

イーサリアム

イーサリアムのハードフォークは計画的に実行されているものと、突発的なものがあります。計画的に実行されているハードフォークには名前がついていて、2017年実行されたビザンチウムや2019年2月28日のコンスタンティノープルなどがあります。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュでは2017年11月2018年5月にハードフォークが実行されました。

2017年11月のときはマイニング難易度の調節、2018年5月はブロックサイズの8MBから32MBへの変更とスマートコントラクトの実装が行われました。

直近では2019年5月にもハードフォークを実施しています。

2. 新しい仮想通貨が付与されるって聞いたけど?

ハードフォークというと新しい通貨の誕生というイメージをもっている方もいるかもしれません。しかしハードフォークだからといって、新しい通貨が誕生するとは限りません

この章では新通貨が誕生する理由や、誕生した通貨をもらう方法を解説します。

2-1. いつも新通貨が誕生するわけではない

新コインの誕生

ハードフォークは仕様の変更です。単純に変更されるだけであれば、新しい通貨は生まれません。

しかしその変更の過程で、開発陣や実際にマイニングを行うマイナーの間で仕様への意見が統一されていないと、ブロックチェーンが分岐し、新通貨が誕生することがあります。

マイナーがいなければ価値を維持できない
新しい通貨が誕生しても、マイナーがいなければそのコインのブロックはマイニングされません。基本的に仮想通貨はマイニングによって生み出される仕組みになっているので、マイニングがされないということはそのコインは発行されません。またマイナーが少なければ取引の承認が行われにくく、安全性も担保できないため、価値を維持するのは難しくなります。

2-2. 分裂して誕生した仮想通貨たち

ハードフォークをし、新しく誕生した仮想通貨を紹介します。

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインからのハードフォークで誕生しました。

原因はユーザー・開発陣と、一部のマイナーの対立です。

2017年当時、ビットコインは急激な需要拡大により、取引承認スピードの遅延送金手数料の高額化が問題になっていました。その際にユーザーと開発陣が問題解決のために提示したのは、取引データーのサイズを圧縮するSegwitという方法。反対にマイナー側はブロックサイズの変更を提案しました。

双方の意見の統一ができなかったため、Segwit実装と同時にハードフォークが実行され、ブロックサイズがビットコインよりも大きいビットコインキャッシュが誕生しました。

ビットコインキャッシュの分裂については、以下の記事でも詳しく解説しています。

ビットコインゴールド

2017年11月にビットコインからのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

ビットコインでは一部の団体がマイニングを独占的に行ってしまうという問題が起こっていました。その原因の1つが、取引量の増加に伴う計算量の増加。一般のパソコンでは処理能力が追い付かず、ASICという高価な機器を使わないとマイニングができない状態になっていました。

そのような点を打破するためにASIC耐性(ASICでマイニングできない)という機能を付加して誕生したのが、ビットコインゴールドです。

ビットコインを所持していた人には無料で付与されました。

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックは2016年にイーサリアムからのハードフォークで誕生しました。

きっかけは「The Dao事件」と呼ばれる、イーサリアムのハッキング事件です。当時のレートで約50億円分のイーサリアムが盗まれました。

対応として様々な選択肢がありましたが、開発陣が選択したのは取引自体を無かったことにするというハードフォーク。実際にこのハードフォークは実行され、「イーサリアムが盗まれた」という記録は取り消されました。

しかし、この「一部の人間の意図で取引をなかったことにする」という対応は非中央集権の考えに反するとして、一部の開発者が反発。

結果、反対した開発者たちはイーサリアム開発陣を脱退し、イーサリアムクラシックを作り上げます。

2-3. 新通貨が欲しければウォレットに移すこと

新コインが欲しいときはウォレットへ

ハードフォークで新しい通貨が誕生する場合、新通貨に対応したウォレットや取引所へ、新通貨の元になるコインを移動しておきましょう。

取引所やウォレットが新通貨に対応していない場合は、元になるコインを入れておいても新通貨はもらえません。取引所やウォレットが新通貨に対応しているかどうかは、公式からの発表を確認しましょう。

入れても意味がないウォレットもある
2018年11月のビットコインキャッシュのハードフォークでは、bitcoinSVが誕生しましたが、国内の取引所ではBitcoinSVの取扱いは行われませんでした。基となるコイン(この場合はビットコインキャッシュ)に対応していても、新通貨(BitcoinSV)に対応していなければ、コインは付与されません。

2-4. ハードフォークでもらった仮想通貨の税金

ハードフォークで付与された仮想通貨は、もらった時点では税金はかかりません。売却したり、他の仮想通貨と交換したりしたとき(「利確」とみなされるとき)に、課税対象となります。

国税庁|仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(pdf)

どんなときに税金がかかるのかは、以下の記事でも詳しく解説しています。

3. ハードフォークの影響は?

ハードフォークの前後では、価格が大きく上がるときもあれば逆に下がる場合もあります。

3-1. 価格が上昇した例

下の図は2019年2月にイーサリアムのハードフォーク(コンスタンティノープル)が実施された際のチャートです。

イーサリアムハードフォーク直前の価格チャート
eth/jpyチャート(参照:TradingView

ハードフォーク直前の1か月で60%以上の大きな価格上昇となっています。ハードフォーク予定日直前で利確売りとみられる急落がありますが、上昇前よりも少し上の価格で下げ止まっています。

イーサリアムのハードフォークは計画的に実施されていることもあり、実施予定日が近づくと同じような動きをしていることが多いようです。

3-2. 価格が下落した例

ハードフォークが実施されたケースではないのですが、下落した例としてビットコインのハードフォークが延期されたときのチャートを見ていきましょう。

下の画像は2017年10 月後半から11月の価格チャートです。

ビットコインハードフォーク延期前後の価格チャート
btc/jpyチャート(参照:TradingView

2017年11月中旬にSegwit2xの実装を行うハードフォークが予定されていましたが、11月8日に、ハードフォークを主導するグループが延期を発表。発表を受け価格は急落しました。

このころは仮想通貨全体が上昇基調だったこともあり、すぐに価格を戻しました。ハードフォークは直前で延期されたり中止されたりすることもあり、価格へ大きな影響が出ることも少なくありません。

3-3. 新通貨が誕生した時

2017年8月にビットコインキャッシュが誕生した時、元となったビットコインは大きく値上がりしました。しかし新通貨であるビットコインキャッシュは、ハードフォーク3日後に価格が7分の1に急落。その後元の価格まで戻りますが、年末の仮想通貨バブルに入るまで下落傾向が続いています。

ハードフォーク前後のビットコインの価格チャート
ハードフォーク直後から急激な値上がり(参照:bitbank
ハードフォーク直後に急落。約1か月の間は下落傾向に。(参照:bitbank

4. もしもハードフォークのニュースを見かけたら

ハードフォークのニュースを見たら

では実際に自分の持っている通貨がハードフォークをするという発表があったらどうすればよいのでしょうか。

4-1. 資産を動かさず見守った方がいい

ハードフォークの前後は価格が大きく動きやすく、また直後はブロックチェーンの稼働も不安定です。

取引所での入出金が停止されている場合も多く、うっかり送金してしまうとセルフGOXといって、自分が預けていたコインを紛失しまう、ということが起こる可能性があります。

4-2. 取引所の対応に注目しよう

ハードフォークを実行することが分かると、取引所がどのような対応をとるのかを公式サイトなどで発表します。

入出金や取引停止の有無のほか、新しい通貨が生まれる見込みがある場合は、その取り扱いについても発表されます。

対応が分かれた|イーサリアムのハードフォーク

イーサリアムのハードフォーク(コンスタンティノープル)が実施された際の各社の対応です。

入出金を一時停止 コインチェック、DMM Bitcoin、BTCBOX、Huobi、GMOコイン、bitFlyer、BITPOINT、VCTRADE
停止期間なし bitbank、Zaif

このときは多くの取引所で入出金が停止。停止の時間や再開時期は取引所によってさまざまでした。

最後は日本円で付与も|ビットコインキャッシュのハードフォーク

次にビットコインキャッシュがBitcoinABCとBitcoinSVに分裂した際の対応です。ABCとSVのどちらをビットコインキャッシュとしてハードフォーク後に取り扱うかも含め、注目が集まりました。

入出金を一時停止 bitbank、BTCBOX、GMOコイン、bitFlyer、BITPOINT、Liquid、フィスコ
売買を一時停止 DMM Bitcoin、VCTRADE
入出金と売買を一時停止 コインチェック

※Zaifはハードフォーク以前から入出金を停止していたため、特段の対応は無し

■日本円でBitcoinSVを付与した取引所

bitcoinABCをビットコインキャッシュとして取り扱うことを表明した取引所の中には、bitcoinSV相当額を日本円として付与する取引所もありました。

2019年3月18日にコインチェックが日本円で付与する方針を発表。その後bitbankBITPOINTが同様の対応を決定しています。

コインチェック|BitcoinSVの日本円による交付について
Bitbank|2018年11月16日のBCCハードフォークに際して生じたBSVの付与・取扱方針に関するお知らせ
BITPOINT|BCHの分岐により発生したBSVの取扱いについて

なぜ日本円で付与?
コインチェックなど3社はBitcoinSVを直接ユーザーに付与するのではなく、日本円で付与しました。これはいずれの業者も、少なくとも直近ではBitcoinSVを取り扱う予定がないため。新しい通貨を取り扱う場合は、その通貨に合わせた安全性の確保や金融庁での審査が必要となるため、コストや時間を考えて日本円での付与を決定したものと思われます。
海外取引所では取扱いを中止

 

ハードフォークから約4か月後の2019年4月12日、Binanceのジャオ・チャンポン(通称CZ)が「クレイグ・ライトはサトシではない。もう我慢の限界だ。我々は上場を廃止する!」とツイートしました。

これをきっかけに、ツイッター上ではBitcoinSVに対する上場廃止運動(#DelistBSV)が拡大。実際にクラーケンは上場廃止を決定しました。

COINTEREGRAPH|「仮想通貨ビットコインSV上場廃止運動」広まる きっかけはバイナンスCZ、5月1日に同時上場廃止求める声も
仮想通貨Watch|米大手仮想通貨交換所クラーケン、ビットコインSVの上場廃止を決定

5. 今後のハードフォークの予定は?

ハードフォークは通貨によっては事前に計画されているものもあります。計画されていないものであっても、アップデート時にハードフォークが起こる可能性については数日から数週間前に何らかの形で公表される場合が多いようです。

各通貨の公式サイトや、ツイッター・telegramなどSNSでの公式アカウントの発表のほか、利用している取引所のリリースも日ごろからチェックする習慣をつけておきましょう。

直近では、イーサリアムのハードフォーク「Serenity」が予定されています。

まとめ

この記事で重要なことは以下の4つです。

  • ハードフォークは『互換性のない仕様の変更』
  • 新規通貨が生まれないハードフォークもある。
  • ハードフォークの前後は価格が大きく変動する可能性が高い。
  • 取引所では入出金や売買が停止される場合もあるので、対応を確認すること

ハードフォークというと分裂して新規コインが貰えると思っている方も多いかもしれません。

しかし新規通貨が発行されるのは、あくまでも内部対立の結果であって、ハードフォークしたからといって必ずしも新しい通貨が貰えるということではありません。

加えて新規通貨が発行された場合、世間からの注目されることもあり上にも下にも価格が大きく動きやすくなるので、注意が必要です。