知識ゼロでもOK!簡単&確実にできるビットコインの買い方を徹底解説

btc_by_btc

「話題のビットコインを買ってみたいけど、ガジェット系のイメージがあって難しそう」と重たい腰があがらない、そこのアナタ!ビットコインは機械音痴な人も、投資とは無縁の生活を送ってきた取引未経験者も、いつでも簡単に買うことができます。しかも自宅から一歩も出る必要がありません。

ビットコインの買い方は、初心者向けから上級者向けのものまでさまざま。初心者が上級者向けの買い方から勉強を始めてしまうと「やっぱり難しそうだから止めておこう」となるでしょう。このページに来た初心者はラッキー。難しい用語は一切使わず、簡単な方法をやさしく解説していきますよ。

1章ではビットコインの買い方として挙げられる3つの購入方法をピックアップ。それぞれの特徴を解説していきます。2章では初心者向けの買い方で、実際に購入している様子を画像付きでレクチャー。「早くハウツーを知りたい」という方は2章から読み進めてください。それではビットコインの買い方を学んでいきましょう!

1. オーソドックス、低手数料、現金と直接交換――ビットコインを買える3つの方法

ビットコインを購入する方法は主に以下の3つに分けられます。

  • 販売所や取引所で購入
  • 個人間で取引
  • ビットコインATMで購入

まずは、それぞれの特徴を紹介していきます。

1-1. もっともオーソドックスな買い方!販売所や取引所で購入

ビットコインの買い方としてもっともオーソドックスな方法が販売所や取引所での購入です。購入までの流れは口座を開設し日本円を入金、そしてビットコインを買うといったやり方。自宅から一歩も出ずに行えます。

初心者のなかには、いくつもある販売所や取引所をどのように選べばよいかわからない人もいるでしょう。オススメは金融庁に登録済の事業者が提供しているサービスを利用すること。なぜなら運営者が怪しげな詐欺業者でないと考えられるからです。さらに詳しく選び方を知りたい人は、以下の記事をチェックしてください。セキュリティや使い勝手の面から、初心者にあった取引所を紹介しています。

【初心者向け】仮想通貨取引所の選び方!セキュリティを要チェック!

販売所と取引所では、どちらもビットコインの売買ができます。2つの決定的な違いは取引相手。販売所ではユーザーと事業者が取引を行い、取引所ではユーザー同士で取引が行われています。詳しくはコチラの記事で解説しているので、参考にしてください。

取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

それでは、販売所と取引所の特徴を解説していきましょう。

1-1-1.知識や経験がなくても買える!初心者にオススメは「販売所」での購入

初心者には知識や経験がなくても安全に買える「販売所」での購入がオススメ。その理由は注文が簡単で、確実に買えるからです。

先ほども説明したように、販売所ではユーザーと販売所の運営者の取引を行っています。インターネットショッピングをイメージするとわかりやすいかもしれません。ネット通販とも呼ばれるインターネットショッピングでは、商品価格を販売ページで知ることができますよね。商品が欲しい人は価格を見て購入を判断し、買いたい数量を指定して注文。数日後、宅配便で商品が届くといった流れがメジャーでしょう。

同じように販売所でもビットコインの販売価格があらかじめ提示されています。ユーザーは価格に納得すれば欲しい数量を指定して、購入ボタンをクリックするだけ。インターネットショッピングと異なるのは、待たなくてもビットコインがすぐに買えるということです。クリックした瞬間にビットコインが手に入ります。

一方の取引所ではユーザー間の取引が行われているので、買い手と売り手の条件がマッチしないと成立しません。身近でいえばフリーマーケットに似ているでしょうか。売り手がいても買いたい人がいなければ売れないし、買いたい人が現れても両者が価格に納得しなければ売買は成立しません。取引所も同じようにユーザー同士の出す条件がマッチしないと取引は行われません。そのため確実に買えるという保証がないのです。

また取引所は注文方法も何通りかあるため、知識が浅い初心者にはハードルが高く感じるかもしれません。注文方法を間違えると、取り返しがつかない場合もあります。こうした理由から、初心者には簡単で確実にビットコインを買える販売所の利用が合っているといえるでしょう。

1-1-2.販売所よりも安く買える!慣れてきたら「取引所」がお得

確実にビットコインを買える保証がないのに、なぜ取引所の需要があるのか。それは販売所よりも安くビットコインを買える傾向があるからです。取引に慣れている人の多くは取引所を利用しているでしょう。なぜ取引所で購入したほうが安く買える傾向があるかというと、事業者へ支払う手数料が少ないからと考えられます。下の画像は、bitFlyerの販売所と取引所で同時刻に撮ったビットコイン価格の比較。 

price_comparison

販売所では1BTC(※)あたり869,689円で売られているのに対し、取引所に出ている最安値の売り注文は856,358円となっていますね。価格差は1BTCあたり13,331円。取引をくり返して利益を得たい投資家にとっては、少しでも安く買いたいですよね。そのためビットコイン取引に慣れている人は取引所を利用するケースが多いのです。
(※)BTCとは日本円でいえば “円” にあたるビットコインの単位のようなもの。正しくは通貨コードといいます。日本円の通貨コードはJPYです。

もちろん初心者にも、ビットコインを安く買いたいという気持ちはあります。しかし取引所の注文方法には何通りもありコツが必要なものも。それぞれの注文方法の特徴を理解しておかないと、間違えて意図しない発注をかける恐れがあります。それでも取引所を利用して安く買いたいという人のため、主流で使われる注文方法を2つ紹介しましょう。

成行(なりゆき)注文

成行注文は取引所で使われる注文のなかで、もっともビギナー向きの方法。販売所と同じく購入する数量のみを指定して発注をかけるだけなので操作が簡単です。

販売所との異なる点は、約定(※)をするまで購入金額の総額がいくらになるのかわからないところ。安い価格の売り注文から順に約定し、指定した数量に届くまで自動的に取引が進められます。慣れている人なら購入にかかる金額を、ある程度予想できるでしょう。場合によっては思った以上に高くつくこともあるようです。成行注文には比較的早く約定する、発注後のキャンセルができないといった特徴があります。
(※)取引が成立すること

指値(さしね)注文

指値注文は成行注文よりもコツが必要で中級者向き。使えるようになれば希望価格で売買を行える注文方法です。指値注文では購入したい数量と値段を指定して発注をかけます。この時、指定する値段が相場から離れている、流れと逆行しているといった場合は、なかなか取引が成立しません。また、成行と異なり約定する前なら発注後でもキャンセルができます。詳しいやり方はコチラで紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ビットコインを安く買おう!指値注文の発注&キャンセル方法

1-2. 余計な手数料がかからない!個人間取引で購入

次に紹介するビットコインの買い方は、個人間取引での購入。仲介業者を挟まずに、個人と個人の間で取引を行う方法です。たとえばビットコインを持っている知人から、日本円と交換でビットコインを買うといったやり方があります。

個人間取引のメリットは、余計な手数料がかからないといった点。販売所や取引所といった仲介業者を利用する時は取引手数料が発生します。仲介料として当然ですよね。個人間取引なら、こうした手数料が発生しません。価格も個人間の話し合いで決められるので、相場より何%も安い価格で買える可能性もありますね。

一方で注意しなければならない点は、取引の相手選び。素性のわからない人と取引をすると、お金を支払ったのにビットコインを受け取れないといった詐欺被害に遭う危険性があります。最低でも氏名や電話番号、住所といった個人情報がわかる人で、信頼できる相手を選びましょう。

個人間取引を行う前に準備しなければならないのは、ビットコインを受け取るウォレットです。ビットコインを保管する財布をイメージするとわかりやすいでしょう。ウォレットがなければビットコインを受け取ることができません。ウォレットにはパソコンやスマートフォンで管理できるものや、ハッキングのリスクをなくすため紙やUSB型のデバイスといったオフライン上で管理するものも。さまざまな種類があるので、以下の記事を参考に自分のウォレットをつくってみてください。選び方やつくり方、使い方など詳しく紹介しています。

ビットコインを安全かつ便利に使うためのウォレットの作り方

1-3. 直接現金と交換できる!ビットコインATMで購入

ビットコインにもATMがあることをご存知でしたか?日本には設置件数が少ないため、実際に目にしたことがある人は少ないかもしれません。Coin ATM Radarというサイトでは、世界各国に設置されているビットコインATMの所在地や手数料が記されています。

bitcoinATM_installation_location

こちらを参考にすると2018418日現在、日本にあるビットコインATM9ヵ所。仮想通貨交換業者として金融庁に登録済みの業者しかATMの運営をできないので設置件数が少ないのではないかと考えられます。

メリットは現金とビットコインを直接で交換できること。銀行を介さなくても、手持ちの現金でビットコインが買えます。デメリットは販売所や取引所と比べると手数料が高い、飲食店や商業施設内に設置されているので営業時間内しか使えないといった点が挙げられます。

YoutubeにビットコインATMの使い方を紹介している動画があるので、使ってみたい人は要チェック。

ビットコインはコンビニでも買えますか?

2018年418日現在、ビットコインを販売しているコンビニはありません。ビットコインの交換業を行えるのは金融庁に登録済みの業者か、仮想通貨に関する法律が施行される前から営業をしており金融庁に登録申請をしている業者のみ。コンビニを運営する企業が仮想通貨交換業者として金融庁に登録されれば、コンビニでもビットコインを買える時代が来るかもしれません。

コンビニで行えるのは、販売所や取引所へ向けた日本円の入金です。銀行と違って24時間365日、いつでも入金できるのが便利ですね。コンビニ入金を取り扱っている仮想通貨交換サービスや、入金方法はコチラで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

ビットコインはコンビニで購入できるのか。仮想通貨取引におけるコンビニ入金の上手な使い方

2. たった1円分から買える!販売所&取引所でのビットコインの買い方

2章ではビットコインの買い方としてもっとも一般的な販売所と取引所の使い方を紹介していきます。今回は2018年4月18日現在、24時間の取引高が国内No.1bitFlyerをフォーカスしました。口座開設、購入、売却は24時間365日行えるので、平日勤務の会社員や家事と育児で忙しい主婦の方でもビットコインを買えますね。bitFlyerでのビットコイン最小購入単位は以下の通り。

ビットコイン販売所では最低取引単位は0.00000001BTCです。

ビットコイン取引所・bitFlyer Lightningにおける最低取引単位は0.001BTC です。

引用:bitFlyer FAQ

この場合1BTC100万円の時は、0.00000001BTC0.01円、0.001BTC1,000円になります。実際には1円を切る日本円は存在しないため、最低購入金額は1円といったところでしょう。

それではビットコインの購入準備として、まずは口座開設と本人確認を行いましょう!

ビットコインの購入準備!口座開設~入金の流れ

  1. メールアドレスを登録して口座を開設する

  2. 利用する銀行口座を登録する

  3. 氏名や生年月日、現住所などを登録して本人確認を済ませる(簡易書留を受け取るまで認証されないので1週間ほどかかります。)

  4. 日本円を入金する

日本では法律上、本人確認を行わないと取引が開始できません。購入する前に必ず済ませましょう。

2-1. 初心者でも確実に成功する!販売所を使ったビットコインの買い方を画像付きで解説

販売所の特徴は1章で紹介した通り。さっそく販売所を使ったビットコインの買い方を解説していきましょう。パソコンから作業を行う人はすぐ下から。スマートフォンアプリから作業を行う人はコチラからスキップして読み進めてください。

パソコンを使って購入する場合

sales_office_how_to_buy_bitcoin_PC_01

ログインしたら画面右側のメニューから「ビットコイン販売所」をクリックします。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_PC_02

画面中央にある「購入価格(BTC/JPY)」と表示されているのは1BTCあたりの販売価格です。この金額は現在のビットコイン価格の相場に応じて、数秒ごとに更新されます。「数量(BTC)」に買いたいビットコインの数量を入力するか、数量欄の下にあるボタンをクリックして、購入するビットコインの量を指定しましょう。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_PC_03

数量を入力したら「コインを買う」ボタンをクリックします。すると上の画像のようなポップが表示されました。6秒以内に「注文実行」ボタンを押すと発注されます。タイムアウトすれば注文はされません。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_PC_04

発注後1秒もしないうちに「取引成立しました。」という表示が出ました。この表示がでれば購入完了です。注文実行後のキャンセルや返金はできないので注意しましょう。

スマートフォンアプリを使って購入する場合

sales_office_how_to_buy_bitcoin_sp_01

bitFlyerのアプリを開きます。トップ画面の「販売所」ページにある「ビットコイン」をタップしましょう。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_sp_02

「数量(BTC)」に購入するビットコインの量を入力。数量欄をタップするか、その下にある[+1] [+0.1] [+0.01]というボタンをタップして入力しましょう。[] のボタンでは入力をクリアできます。アプリでは数量に入力できる最小値が0.0011BTC100万円の場合は1,000円が最小購入金額ということですね。「Done」を押して入力を完了しましょう。購入量に間違いがなければ「買う」をタップします。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_sp_03

確認画面が表示されるのでミスがないかチェックして「注文確定する」を押してください。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_sp_04

注文が実行されました。

sales_office_how_to_buy_bitcoin_sp_05

画面左上の資産か、注文履歴ページで新しい取引履歴が使いされているか確認しましょう。BTCが注文した分だけ増えている、注文履歴に発注した内容が追加されているといった確認がとれれば、ビットコインの購入成功ということです。スマートフォンからでも簡単に買うことができるので、いつでも、どこにいてもビットコインを購入できますね。

2-2. 慣れてきたら取引所を使おう!トレードでビットコインを買う方法

取引所でビットコインを買うためには、トレード画面の見かたや注文方法の特徴を理解しておかなければ難しいでしょう。一般的なトレード画面にはチャート、取引板、注文板(注文フォーム)があります。下の画像はbitFlyerのトレード画面。

trade_screen

取引板では「BTC/JPY」の欄にある上部が売り注文、下部が買い注文の価格です。この数値を参考に取引を行います。「数量(BTC)」と「価格(BTC/JPY)」の欄に、自分が希望する数値を入力し、「コインを買う」ボタンをクリックすると発注完了。指定した条件とマッチするユーザーが現れれば自動的に約定します。以下の記事では実際に行った成行注文と指値注文でのビットコインの購入方法を詳しく解説。口座開設の方法から購入まで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。

一歩も外出せずに買えた!知識ゼロでもわかるビットコインの始め方

まとめ

この記事ではビットコインの買い方を紹介してきました。

  • 販売所では、初心者でも簡単で確実にすぐビットコインが買える
  • 取引所を利用するには知識やコツが必要だが、販売所よりも安い価格でビットコインを買える傾向がある
  • 個人間取引では余分な手数料がかからないといったメリットがあるが、素性のわからない人と取引すると詐欺に遭う危険性がある
  • ビットコインATMは国内では飲食店や商業施設といった9ヵ所に設置されており、利用できる時間が限られている
  • コンビニでは販売所や取引所への入金はできるが、直接ビットコインを買うことはできない

初心者にオススメなのは販売所での購入です。専門的な知識や経験がなくてもOK。実際にやってみると驚くほど簡単に購入できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!