【リップル(XRP)】買い方を口座開設から解説|安く買うならどこ?

リップルの買い方

リップル(XRP)の購入は、たったの3STEPで簡単に行うことができます。

せっかくリップルを買うのであれば、コストを抑えてお得に購入したいですよね。

今回の記事では、リップルの買い方からお得に購入するおすすめの方法まで、初心者向けにわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること(リップルの買い方)


1. リップルの買い方は3STEP

リップルの購入は、以下の3STEPで行います。

リップルの購入手順

STEP1:口座開設
STEP2:入金
STEP3:購入

それぞれの詳しい手順や準備が必要なものを、下記で確認していきましょう。

1-1. リップルの購入で準備するもの

リップルの購入で準備が必要なものは、以下の2点です。

  • メールアドレス
  • 身分証

メールアドレスはパソコンとスマートフォンどちらでも使えるものだと、お知らせなどを確認するのに便利です。身分証は運転免許証や健康保険証などを利用しますが、各取引所によって必要書類は異なります

自分がリップルを買いたい取引所で、必要になる身分証や補助書類を確認しましょう

1-2. 口座開設手順

リップルを買うためにはまず仮想通貨(暗号資産)取引所の口座を開設しなければなりません。口座開設は以下の5STEPで行います。

  • メールアドレスとパスワードを登録する
  • SMS認証をする
  • 個人情報と取引に関する情報のを登録する
  • 本人確認の手続きをする
  • 住所確認のハガキを受け取る

メールアドレスとパスワードを登録する

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み1)

GMOコインの公式ページにアクセスし、画面右上の「口座開設」をクリックします。

GMOコインの公式サイトはこちら

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み2)

上記の画面に移動したら、画面中央の空欄にメールアドレスを入力しましょう。

入力が完了したら「私はロボットではありません」のボックスにチェックを入れ、「無料口座開設」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み3)

確認用のメールが届くので、添付されているリンクをクリックしましょう。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み4)

上記の画面に移動したら、上の空欄にパスワードを入力し、下の確認用の空欄に再度同じパスワードを入力しましょう。

入力が完了したら、「設定する」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み5)

以上でメールアドレスとパスワードの登録は完了です。「ログイン画面へ」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設申込み6)

ログイン画面に移動するので、メールアドレスと先ほど設定したパスワードを入力してログインしましょう。

SMS認証をする

ログインすると、電話番号の入力画面に移動します。

「ご利用の電話番号」の空欄に電話番号を入力し、「コードを送信」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインのSMS認証1)

電話番号の確認画面が表示されるので、番号に誤りがないか確認しましょう。

問題がなければ、「コードを送信する」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインのSMS認証2)

登録した電話番号あてに、SMSで6桁の番号が届きます。

「2段階認証コード」の項目に番号を入力し、「認証する」をクリックしましょう。

リップルの買い方(GMOコインのSMS認証3)

以上でSMS認証は完了です。上記のような画面に移動するので「開設申込へ進む」をクリックします。

個人情報と取引に関する情報を登録する

リップルの買い方(GMOコインの個人情報登録1)

「開設申込へ進む」をクリックすると、個人情報の入力画面に移動します。名前や住所、生年月日などを順番に入力していきましょう。

画面を下に進めていくと、取引動機職業を入力する欄が出てきます。内容にしたがって、情報を入力していきましょう。

リップルの買い方(GMOコインの個人情報登録2)

すべての入力が完了したら、規約への同意の欄にある資料を確認していきましょう。

確認が終了したら、画面下にある「上記規約に同意します」にチェックを入れ、「確認画面へ」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの個人情報登録3)

内容を確認し、問題がなければ画面下部にある「登録」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設1)

次に取引に関連した情報を入力します。収入年収資産状況取引経験などを質問に従って入力していきましょう。

すべての入力が完了したら、画面下部にある「確認画面へ」をクリックします。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設2)

入力内容の確認画面に移動するので、問題がなければ画面下部にある「登録」をクリックしましょう。

本人確認の手続きをする

ここまで来たらあともう一息です!

リップルの買い方(GMOコインの口座開設3)

続いて、本人確認の手続きを行います。本人確認は、本人確認書類の画像をウェブ上でアップロードするか、対面で本人確認をするかの2種類から選択できます。

今回は、アップロードの方が手軽にできるため、こちらで進めていきます。

画面左側の「画像をアップロード」をクリックしましょう。

リップルの買い方(GMOコインの口座開設4)

タブからアップロードする身分証の種類を選択して、「表面の画像を選択」「裏面の画像を選択」から、それぞれ身分証の表と裏の画像をアップロードします。

アップロードが完了したら、「画像を確定する」をクリックしましょう。

以上で、本人確認の手続きは完了です。取引所側での審査が完了するまで数日待ちましょう。

住所確認のハガキを受け取る

取引所側での審査が完了すると、GMOコインから2日から5日ほどでハガキが送られてきます。

取引を開始するために必要になるので、必ず受け取りましょう

以上で、GMOコインの口座開設は完了です。

1-3. 入金手順

ここからは、入金手順を確認していきます。

GMOコインでは、以下の2つの入金方法が利用できます。

GMOコインの入金方法

  • 振込入金(一般的な振込形式での入金方法)
  • 即時入金(インターネットバンキングを使った入金方法)

今回は、振込入金での手順を紹介します。

振込入金の手順

リップルの買い方(GMOコインの入金方法1)

GMOコイン会員用ページ左側メニューバーから、入出金の項目にある「日本円」を選択すると「日本円入出金」画面に移動します。

上部のタブから「振込入金」をクリックすると、振込先の情報が表示されます。

2つ表示されていますが、どちらに振込を行っても入金することが可能です。指定された口座へ振込を行いましょう。

1-4. 購入手順

続いて、購入手順を確認していきます。

今回は、GMOコインの取引所の現物取引でリップルを買ってみたいと思います。

リップルの買い方(GMOコインの購入方法1)

GMOコイン会員様ページの左側メニューバーにある取引所の欄から、「現物取引」を選択しましょう。

リップルの買い方(GMOコインの購入方法2_a)

続いて銘柄選択のタブをクリックし、「XRP」を選択します。

リップルの買い方(GMOコインの購入方法2_b)

取引画面の左側が取引板というもので、GMOコインのユーザーが出している注文が一覧で表示されます。

右側にあるのが注文を出す画面なので、こちらに必要な情報を入力していきます。

リップルの買い方(GMOコインの購入方法3)

まず、「成行」か「指値」の2つの注文方法から、どちらかを選択します。

成行:現在の取引価格に基づいてすぐに購入できる注文方法
指値:価格を指定して購入する注文方法

今回は、より手軽に購入できる「成行」で購入してみましょう。

画面上部から「成行」を選択し、売買区分は「買」、取引数量に購入したいリップルの数量を入力します。

入力が終わったら、画面下部にある「確認画面へ」をクリックして、内容に間違いがないか確認します。

「確定」をクリックすればリップルの購入は完了です。


2. リップルをお得に買うおすすめの方法

ここからは、リップルをお得に買うおすすめの方法を紹介していきたいと思います。

2-1. 取引形式を選ぼう

取引形式の比較表

販売所取引所
概要販売会社とリップルの売買を行うユーザー同士が直接リップルの取引を行う
メリット手軽で簡単にリップルが買えるコストを抑えた取引ができる
デメリット価格が割高になる場合がある注文方法がやや難しい
どんな人に向いている?手軽にリップルを買いたい人コストを抑えてリップルを買いたい人

リップルには、販売所と取引所の2種類の取引形式があります。

手軽で簡単にリップルを買うのであれば販売所コストを抑えたいのであれば取引所がおすすめです。

強いて言えば、初心者の方には手軽で簡単にリップルを購入できる、販売所の方が適しています

2-2. 販売所ならスプレッドで選ぼう

販売所を使いたい人は、スプレッド(買いと売りの差額)でどこの販売所でリップルを買うか決めると良いでしょう。

スプレッドは小さければ小さいほど利益を出しやすくなるため、スプレッドが小さい業者を選ぶことで、販売所でもお得にリップルを買うことが可能となります。

リップルスプレッド比較表(2019年11月)

GMOコインCoincheckDMM Bitcoin
買い価格32.13432.59032.045
売り価格30.33430.22830.316
スプレッド(価格差)1.82.3621.735

上記は国内の販売所3社のスプレッドをまとめた表ですが、DMM Bitcoinがもっともスプレッドが小さくなっています

逆にCoincheckはスプレッドが大きいため、コストを抑えたい方にはあまり適していないかもしれません。

(関連記事)
リップルを安く買える販売所はどこ? 販売所や取引所の正しい選び方

DMM Bitcoin

2-3. 取引所なら取引手数料で選ぼう

取引所なら取引手数料が低い業者を選ぶことで、コストをさらに抑えてリップルを購入することができます。

リップル取引手数料比較表(2019年11月)

GMOコインBITPointbitbank
取引手数料メイカー:-0.01%
テイカー:0.05%
無料メイカー:-0.02%
テイカー:0.12%

上記は、国内の取引所3社の取引手数料を比較した表です。

BITPointでは取引手数料が無料となっており、GMOコインとbitbankではメイカーかテイカーに応じて手数料が異なります。

メイカー(maker)/テイカー(taker)とは注文方法の違いのこと。取引板にない価格で指値注文をすることを「メイカー注文」と呼び、取引板にある価格での指値注文や成り行き注文のことを「テイカー注文」と呼ぶ。
【手数料】メイカー(Maker)とテイカー(Taker)の違いとは?

2社ともメイカーの手数料はマイナスとなっているため、メイカーとして取引をするのであれば適していると言えます。

(関連記事)
リップル(XRP)の手数料がお得なのはGMOコイン! 取引所比較


3. リップルの概要と将来性

ここからは、リップルの概要や将来性を解説していきたいと思います。

3-1. リップルってどんな通貨?

国際送金の課題解決を目的に発行

リップルは、国際送金における課題解決を目的として発行された仮想通貨です。

従来の国際送金には、以下の2つの課題がありました。

  • 送金手数料が高い(約1,000円〜4,000円)
  • 送金に長い時間がかかる(1日〜3日程度)

格安の手数料と高速送金で課題解決を目指す

こうした国際送金の課題を解決するために、リップルには以下のような特徴が備わっています。

  • 送金手数料が安い(数円〜数十円)
  • 送金時間が速い(約4秒)

このようにリップルには、従来の国際送金を大幅に改善する特徴が備わっているのです。

3-2. リップルの将来性

大手企業・銀行との提携

リップルの発行元であるリップル社は、300を超える国内外の大手企業や銀行と提携しています。

たとえば、世界規模で送金事業を手がけているマネーグラムや、国内ではMUFGなどのメガバンクも提携先として挙げられます。

こうした提携は、多くの場所でリップルが使われるために必要です。

(関連記事)
【まとめ】リップル社の提携先一覧|国内メガバンクから海外大手まで

現時点では価格は低迷中

リップル(XRP/JPY)の価格チャート
参照:bitbank

提携が順調である反面、リップルの価格は低迷しています。

リップルは2018年1月頃に、過去最高値となる約400円をマークしました。その後は価格が急激に下落し、2019年12月時点では25円ほどで取引がされています。

(関連記事)
リップル高騰の要因は? 過去のチャートから今後の値上がりを考察!


まとめ

以上、リップルの買い方について解説してきました。あらためて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

  • リップルの購入は「①口座開設」「②入金」「③購入」の3STEPで簡単に行える
  • リップルの購入で必要になるのはメールアドレスと身分証
  • リップルを手軽で簡単に買うなら販売所、コストを抑えたいなら取引所を使おう
  • リップルは企業との提携など順調にプロジェクトを進めているが、価格は低迷している

この記事を参考に、自分に合った買い方でリップルを購入してみてくださいね。