仮想通貨のチャートの見方|ローソク足や出来高など基礎から解説

仮想通貨のチャートの見方

仮想通貨(暗号資産)のチャートの見方は、株やFXなど他の投資と同じです。

指標売買シグナルを活用すれば、さらに効率的に利益を狙うこともできます。

今回の記事では、ローソク足や出来高などの基本的な見方から、実践的なトレードのコツまで紹介していきます。

この記事でわかること(仮想通貨チャートの見方)


1. 仮想通貨のチャートの見方

この項目では、チャート の見方で重要となる「ローソク足」「移動平均線」「出来高」の3つを解説していきます。

1-1. 価格変動を表す「ローソク足」

仮想通貨チャートの見方(ローソク足01)

ローソク足とは、設定した計測期間における価格変動を表したものです。

ローソク足は大きく分けて、下記の3つの要素で構成されています。

ローソク足の3つの要素

  • 上ヒゲ:設定した期間における最高値
  • 胴体:設定した期間における始値または終値
  • 下ヒゲ:設定した期間における最安値

ローソク足の計測期間は1分や5分などの短いものから、1日や1ヶ月などの長めの期間でも設定することが可能です。

ローソク足は「陽線」と「陰線」の2種類

ローソク足の種類は、大きく分けて「陽線」「陰線」の2つがあります。

ローソク足の種類

  • 陽線:始値よりも終値が高いもの
  • 陰線:始値よりも終値が低いもの

また、陽線と陰線には区別しやすいように色が付きますが、使うチャートによってそれぞれに付く色は異なってきます。

(関連記事)
【基礎】仮想通貨のテクニカル分析|イラストとチャート実例で解説

1-2. 価格の平均値を表す「移動平均線」

「移動平均線」は、期間ごとの価格の平均値を線で結んだものです。

「日数ごとの終値合計 ÷ 日数」で平均値を算出します。

相場の方向感がわかる

移動平均線からわかることは、相場の方向感です。移動平均線が上向きであれば相場は上昇傾向であり、下向きであれば相場は下落傾向と考えることができます。

また、期間が短いほど短期的な方向感がわかり、長いほど長期的な方向感を示しています。

実際のチャート例

下記の画像は、ビットコインチャートにオレンジ色の50日移動平均線と青色の200日移動平均線を示したものです。

仮想通貨チャートの見方(移動平均線)
出典:Tradingview – BTCJPY

短期的な方向感を示すオレンジの50日移動平均線は上昇しており、水色の200日移動平均線は画面左側では下落傾向にありましたが、右側では上昇しています。

つまり、このチャート例の場合では、短期的にも長期的にも価格が上昇傾向にあることが2つの移動平均線から読み取れます。

(関連記事)
移動平均線とは? 概要・種類・使い方を初心者向けにわかりやすく解説

1-3. 取引量を示す「出来高」

仮想通貨チャートの見方(出来高)
出典:Tradingview – BTCJPY

上記のチャート画像下側に表示されているのが、期間ごとの取引量を示す「出来高」す。

たとえば、チャートが1時間足で設定されている場合には、1時間でどれくらいの金額が取引されたのかがわかります。

チャートによって色は異なりますが、出来高はローソク足が陽線か陰線かによって色分けされます。

チャートの信頼性と投資家の関心がわかる

出来高からはチャートが示す情報の信頼性がわかります。

一般的には、出来高が大きいほどそのチャートの信頼性は高くなり、小さいほどそのチャートの信頼性は低くなります。

なぜなら、出来高が低い場合、特定の投資家によって意図的に作られたチャートである可能性が高まるからです。

また、出来高が大きいということは、その仮想通貨の取引に多くの投資家が参加している状態です。

そのため、出来高が高ければ、投資家のその仮想通貨への関心も高いということがわかります。

(関連記事)
仮想通貨の出来高と価格の関係は? 概要・見方・取引のコツを解説!


2. チャートから利益を出すコツ

この項目ではこれまでの内容を踏まえて、より実践的な利益を出すコツを確認していきます。

2-1. 売買シグナルを見つけよう!

利益を出すコツの1つは売買シグナルを見つけることです。チャートや指標から売りや買いのサインを読み取ることで、より効率的に取引することができます。

今回は、移動平均線を使った「ゴールデンクロス」「デッドクロス」の2つを紹介していきます。

買い時を示す「ゴールデンクロス」

ゴールデンクロス買い時を示すサインの1つで、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上回ったタイミングのことを指しています。

下記のチャート画像では、画面中央付近でオレンジの50日移動平均線が青色の200日移動平均線を上回り、ゴールデンクロスが発生していることがわかります。

仮想通貨チャートの見方(ゴールデンクロス)
出典:Tradingview – BTCJPY

ゴールデンクロスが発生した後にはチャートが上昇しているので、買いを入れることで利益を狙うことが可能です。

このように、ゴールデンクロスは買い時を示すサインの1つと考えることができるのです。

売り時を示す「デッドクロス 」

デッドクロス売り時を示すサインの1つで、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下回ったタイミングのことを指しています。

下記のチャート画像では、画面左側でオレンジの50日移動平均線が青色の200日移動平均線を下回り、デッドクロスが発生していることがわかります。

仮想通貨チャートの見方(デッドクロス)
出典:Tradingview – BTCJPY

チャートはデッドクロス発生後、大きく下落している状態です。

このように、デッドクロス発生後には価格が下落する可能性が高まるので、売り時の1つの目安として活用することができます。

2-2. 指標やパターンで値動きを予想しよう!

指標やチャートのパターンから値動きを予想することで、さらに効率的に利益を狙うことができます。

たとえば、以下のようなものが指標やパターンとして挙げられます。

指標やパターンの例

  • トレンドの転換点を示す「MACD
  • 投資家心理を示す「RSI
  • 相場を波で捉える「エリオット波動」

今回はこの中でも、初心者が使いやすい「RSI」を詳しく確認してみましょう。

投資家心理を示す「RSI」

RSIは0から100までの数値を使い、投資家心理を示す指標です。一般的には、20〜30を下回った時に相場は弱気であり、70から80を上回った時には相場は強気であると考えられています。

反発を狙って利益を出す

RSIは20〜30を下回った時には反発して上昇、70から80を上回った時には反発して下落する傾向があります。

たとえば、下記のチャート画像左側では、RSIが20〜30を下回ったタイミングから上昇方向へ反発していることがわかります。

仮想通貨チャートの見方(RSI)
出典:Tradingview – BTCJPY

そのため、このタイミングで買いを入れることで、反発を狙い利益を出すことも可能です。

(関連記事)
外資戦略コンサル出身のトレーダーが解説!RSIの使い方・エントリー&決済のコツ


3. 仮想通貨のチャートの見方Q&A

ここからは、仮想通貨のチャートの見方に関するよくある質問を確認していきます。

3-1. 初心者におすすめのトレードスタイルは?

仮想通貨のトレードスタイルには大きく分けて期間に応じた4種類のスタイルがありますが、初心者にはスウィングトレードまたは長期トレードがおすすめです。

以下の表は、4種類のスタイルの概要やメリット・デメリットをまとめたものです。

スキャルピング、デイトレード

トレード期間 (スキャルピング)数秒または数分
(デイトレード)1日
メリット すぐに利益を出せる
デメリット ・チャートを常に確認する必要がある
・資金が多くないと利益を出しづらい

スウィングトレード、長期トレード

トレード期間 (スウィングトレード)数週間
(長期トレード)数か月~数年
メリット ・小額でも利益を狙いやすい
・チャートを常に確認する必要がない
デメリット すぐに利益が出ない

初心者の人はスキャルピングのような短期的なスタイルよりも、スウィングトレード長期トレードがおすすめです。小額からでもスタートしやすく、スキャルピングのように常にチャートを確認する必要もありません。

(関連記事)
仮想通貨は儲かるの?東大卒トレーダーが投資例と注意点を解説

3-2. 期間の設定はどれくらいにすれば良い?

チャートや指標を表示する期間の設定は、トレードスタイルに応じて異なります。一般的にスウィングトレードや長期トレードで使われている期間は「日足」です。

たとえば、日足の移動平均線は多くのトレーダーが使っており、買いや売りを入れる目安の1つとなっています。そのため、初心者の人は期間の設定を日足にすることをおすすめします。

ただし、トレードの期間が長いほど長期の設定、短いほど短期の設定が適していると考えられています。


まとめ

以上、仮想通貨のチャートの見方について解説してきました。記事のポイントを、あらためてまとめておきましょう。

  • ローソク足は期間ごとの価格変動を示したもの
  • 移動平均線は日数ごとの終値の平均値を線で結んだもの
  • 売買シグナルや指標を活用して効率的に利益を狙おう
  • 初心者はスウィングトレードや長期トレードから始めよう

今回紹介したように、チャートの見方を覚えることは、仮想通貨をトレードするうえで重要です。今回紹介した内容を踏まえて、効率的なトレードを目指していきましょう。

————-

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。