仮想通貨の始め方! コインの買い方から現金化の方法までを紹介

仮想通貨の始め方

仮想通貨(暗号資産)を始めてみたいけど、どうすればいいんだろう

仮想通貨に興味はあるけど、このように思っている人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨の話題は、「大儲けした」とか「ハッキング被害にあった」というものばかりで、その実態や買い方が分かりにくいですよね。

そこで本記事では、仮想通貨とは何なのかをおさらいしながら、その買い方や現金化の方法を紹介します。

この記事でわかること(仮想通貨の始め方)


1. 仮想通貨ってなに?

仮想通貨とは

  • デジタルな資産(お金)
  • 日本円と交換(売買)できる
  • たくさんの種類がある
  • 買い物にも利用できる

仮想通貨は法定通貨(国などが発行する通貨)で買えるデジタル資産です。

法定通貨に「日本円」や「USドル」などがあるように、仮想通貨にもいくつか種類があります。BTC(ビットコイン)が有名ですが、ほかにも「ETH(イーサリアム)」「XRP(XRP/リップル)」などが取引されています。

■取引するだけでなく買い物にも使える

仮想通貨は「安く買って高く売る」という取引で、資産を増やすための手段として多くのユーザーが日々取引をしています。

いっぽう仮想通貨で買い物ができるネットショップや飲食店もあるので、取引するだけでなく「お金」として使うこともできます。

(関連記事)
スマホひとつで支払える!ビットコインの使い方&決済可能な店舗9選

まず買う仮想通貨を決める

前述したとおり、仮想通貨にはビットコイン以外にもさまざまな種類があります。

仮想通貨への投資を始めるなら、まずは買いたい仮想通貨を決めましょう

仮想通貨取引所の口座を開設しても「種類が多すぎてどれを買えばよいか分からない」となってしまいますし、国内取引所によって扱っているコインが違うためです。

(関連記事)
仮想通貨の種類が多すぎて選べない! 国内で買える15銘柄まとめ


2. 仮想通貨で注意すること

仮想通貨のリスクは、価格の乱高下が激しいことやハッキング被害、仮想通貨に関連した詐欺が横行していることです。

仮想通貨の注意点

  • 暴落する危険がある
  • ハッキング対策などは各自で行わなくてはいけない
  • 利益に対して税金がかかる

暴落することがある

仮想通貨の価格はふり幅が大きいことから、下落すると「大暴落」を起こすことが珍しくありません。

仮想通貨が将来に期待できる状況であれば、みんなが「安いうちに買っておきたい」と思うため、少し値段が高くても取引が成立し、その価値はどんどん高くなります。

しかし、今後価値が低くなりそうだと判断された場合には「価値がなくなる前に売ってしまいたい」という気持ちが高まるため、価格が一気に下落する場合があります。

■新型コロナの影響で暴落

新型コロナウィルスの世界的な広がりは世界経済だけでなくビットコイン価格にも影響が大きく、50%近く下落しました。

仮想通貨の注意点(暴落)
参照:bitbank

(関連記事)
仮想通貨の暴落要因と将来性|東大卒・投資銀行出身トレーダーが解説

ハッキング被害は個人管理で対策を

ハッキング被害とは、例えば仮想通貨取引所が管理している仮想通貨(コイン)が、不正アクセスによって盗まれてしまうなどの被害です。

これにより、仮想通貨取引所のユーザーの資産も盗まれ、補償問題セキュリティ問題など大きな課題が露呈しました。

(関連記事)
仮想通貨の流出はなぜ起こる? 被害総額ランキング1位は日本の取引所

現在、どのような取引所でもできる限り安全なセキュリティ対策を施していますが、今後どのような形で、新たなサイバー攻撃が起こるかは分かりません。

仮想通貨の管理は、取引所はもちろん安全な対策を個人でも学んでおく必要があるのです。

(関連記事)
[2020年版]ビットコインを安全に保管しよう|ウォレット4選・選び方

税金がかかる

仮想通貨を現金化するときに意識しておくべきことが「税金」です。

仮想通貨は、現金化した瞬間に課税対象となりますので、すべての取引を記録しておき、その利益に応じた税金を支払う義務があります。

例えば、1BTC=100万円の時に1BTC(100万円)を購入し、1BTC=200万円になってから現金化した場合、100万円の利益が課税対象です。

複数の取引所で取引をしている場合には、利益計算も複雑になりますので、漏れのないようにしっかりと取引管理をしておきましょう。

(関連記事)
【2020年保存版】ビットコインの税金|節税の方法や大損しない為の知識


3. 仮想通貨の始め方

仮想通貨を始める手順

「仮想通貨を始める」ということは、仮想通貨取引所で「仮想通貨取引を開始する」ということです。

仮想通貨の始め方

  1. 仮想通貨取引所に口座を作る
  2. 仮想通貨を購入するための資金を入金する
  3. 仮想通貨を購入する

ここでは、例としてGMOコインで仮想通貨を購入するまでの手順を、3つのステップで紹介します。

3-1. 仮想通貨取引所に口座を作る

仮想通貨取引所に口座を開設します。

初めてコインを買う場合には日本円で購入することになりますので、日本国内の仮想通貨取引所に登録しましょう。

■口座登録に必要なもの

口座登録をする際には以下が必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。

口座登録に必要なもの

  • メールアドレス:GmailなどのフリーメールでOK
  • パスワード:あらかじめ決めておくとスムーズです
  • 本人確認書類:パスポート・運転免許証・マイナンバーカード など

(関連記事)
【GMOコインの口座開設】やり方・本人確認の注意点・開設できない場合

■口座開設に必要な期間

メールアドレスとパスワードで口座登録をしたのち、本人確認が終わったら取引所の全機能が使えるようになります。

従来は本人確認に郵送はがきの受取が必要だったため、申込みから口座開設まで1週間程度かかっていました。

しかし最近は、郵送受け取り不要の「eKYC」というサービスが広がっており、導入している取引所では最短で即日の口座開設も可能になっています。

eKYC導入取引所

※2020年4月22日時点

3-2. 入金する

日本の仮想通貨取引所に口座を開設したら、日本円を入金します。

取引所によってその手順は異なりますが、ほとんどの場合「銀行からの振り込み」や「コンビニからの振り込み」に対応していますので、その手順に従いましょう。

例えばGMOコインの場合は、「即時入金」「振込入金」という2つの入金方法があります。

※入金手数料は無料ですが、「振込入金」の際に銀行でかかる振込手数料は自己負担です。

仮想通貨の始め方(GMOコインの入金)

即時入金:Pay-easyなどによる入金

即時入金は、24時間365日いつでも入金できるメリットがあります。

ただし、即時入金した入金相当額の日本円や仮想通貨を、入金から7日間はGMOコインから出金できないというデメリットもありますので注意しましょう。
※GMOコイン内での売買は自由にできます。

即時入金は、今すぐ入金したい場合や、直近の取引をGMOコイン内でしか行わない場合に使いましょう。

振込入金:GMOコインの銀行口座へ振込

振込入金は、あなたの銀行口座のネットバンク銀行ATMからの操作で振込ができます。

ただし、GMOコインが指定する銀行(GMOあおぞらネット銀行や楽天銀行)以外の銀行から振込む場合は、振込手数料が自己負担になりますので意識しておきましょう。

急ぎの入金ではなく、同行からネットバンク操作で入金する場合には、スマホ1つで入金できます。

(関連記事)
GMOコインの入金方法は2種類!反映時間や入金されない時の確認

3-3. 仮想通貨を買う

日本円を入金したら、いよいよコインの購入です。

入金した金額がJPYとして口座に反映されますので、目的のコインを購入しましょう。

JPYとは「ジャパニーズ・エン」の略称で、日本円のことです。仮想通貨取引ではほとんどがJPYで表記されます。例えば、「BTC/JPY」という表記があれば、「ビットコインと日本円」を取引するという意味です。

初心者でも購入しやすいのは「販売所」

GMOコインには仮想通貨の購入方法として「取引所」「販売所」の2つの形式があります。

取引所では注文方法や価格を自分で指定する必要があるので、初心者の人は販売所のほうが簡単に買いやすいでしょう。

仮想通貨の始め方(GMOコインでの売買)

(関連記事)
取引所と販売所の違いを徹底解説!自分にあった売買方法を見つけよう

現物取引とレバレッジ取引

GMOコインの「取引所」では「現物取引」と「レバレッジ取引」を選択できます。

レバレッジ取引は入金した金額より大きな資金額で取引をする方法です。仮想通貨取引に慣れていないと大きな損失を出してしまう可能性があります。慣れていないうちは仮想通貨を購入するときは「現物取引」を選択しましょう。

(関連記事)
投資銀行出身のトレーダーが解説|ビットコインのレバレッジ取引


4. 仮想通貨の現金化方法

購入した仮想通貨は、もちろん現金化できます。

例えばBTCであれば、100万円の時に1BTCを購入して、110万円になったら売る(現金化する)ことで、10万円の利益を得られます。

現金化の手順も、どの取引所でも流れは同じです。

仮想通貨の現金化方法

  1. 仮想通貨取引所で仮想通貨を売って円にする
  2. 取引所から自分の銀行口座に円を出金する

① 取引所で仮想通貨を売る

まず、所有しているコインを売却します。売却手順は、購入手順とほぼ同じです。

ビットコインを持っている場合には「BTC/JPY」の組み合わせで取引を行います。ここでビットコインを売却すれば、日本円(JPY)が取引所の自分の口座に入ります。

②日本円を銀行へ出金する

取引所でコインを売却しJPYを得たら、仮想通貨取引所からあなたの銀行口座へJPYを出金します。

仮想通貨を現金に変える(GMOコインの出金方法)

これで、BTCを日本円へ現金化でき、あなたが普段使う銀行口座から日本円を引き出すことができるようになります。

取引所によっては出金手数料が必要なところもありますが、GMOコインでは手数料無料で出金ができます。

(関連記事)
仮想通貨を現金化する方法は? 手数料や税金で損をしないコツや注意点


5. おすすめの仮想通貨取引所

仮想通貨を始めるのにおすすめの仮想通貨取引所は、国内の取引所です。

中でも「coincheck」や「GMOコイン」「bitFlyer」などは、仮想通貨取引所から直接コインを購入する「販売所」という形式の取引がありますので、簡単にコインを購入できます。

また、取引所ランキングについては以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

(関連記事)
国内仮想通貨取引所総合ランキング

以下、初めて登録するのにおすすめの仮想通貨取引所です。

coincheck(コインチェック)

コインチェック

コインチェックは国内の仮想通貨取引所の中でも取り扱うコインの種類が多く、ビットコイン(BTC)のほか12種類を売買できます。

コインチェックでしか取り扱いのないコインもあります。

パソコンやスマホアプリに対応していますが、双方ともに操作が分かりやすく、取引所に慣れていない人でも扱いやすいでしょう。

仮想通貨の始め方(コインチェック)

仮想通貨ごとのチャットルームもあるので、興味がある仮想通貨の情報だけ収集したい場合にも役立ちます。

コインチェック基本情報
取扱い通貨数 12種類
取引形式 販売所
取引所(ビットコインのみ)
取引手数料 販売所 無料
取引所 無料

コインチェック

(関連記事)
コインチェック(Coincheck)の評判・口コミ|初心者におすすめなワケ

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

仮想通貨の始め方(GMOコイン)
参照:GMOコイン

GMOコインは、大手GMOグループが提供する仮想通貨取引所です。ビットコイン(BTC)をはじめ、ほか7種類の仮想通貨を取引できます。

GMOグループは証券や銀行も手掛けており、レバレッジ取引での多彩な注文方法やチャート分析ツールなど投資中級者向けの機能も豊富です。

GMOコイン基本情報
取扱い通貨数 7種類
取引形式 販売所
取引所
取引手数料 販売所 無料
取引所 -0.01%~0.05%

\口座開設はこちら/

(関連記事)
【GMOコインの口座開設】やり方・本人確認の注意点・開設できない場合

bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨の始め方(bitFlyer)
参照:bitFlyer

bitFlyerは、国内取引量とユーザー数No.12019 年 8 月 15 ~ 16 日、インターネット調査)。日本で最大級の仮想通貨取引所だといえるでしょう。

取り扱うコインはビットコイン(BTC)をはじめ、その他5種類の取引が可能です。

ビットフライヤー基本情報
取扱い通貨数 9種類
取引形式 販売所
取引所(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュのみ)
取引手数料 販売所 無料
取引所 0.01~0.2%

ビットフライヤー 公式サイト

bitbank(ビットバンク)

bitbank

bitbank(ビットバンク)ではビットコイン(BTC)を含む5種類を取引できます。

他のユーザーと取引をする取引所形式のため、販売所形式で購入できるコインチェックなどよりもやや中級者向けです。

しかし豊富なチャート分析ツールや取引手数料をもらえる「マイナス手数料」など、メリットも多いので仮想通貨取引に慣れてきた人におすすめです。

ビットフライヤー基本情報
取扱い通貨数 6種類
取引形式 取引所
取引手数料 取引所 -0.02~0.15%

▼口座開設はこちら▼
ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

(関連記事)
リップル取引高が世界一!【2018年実績】 ビットバンクが選ばれる理由と注意点を調べてみた

仮想通貨取引所総合ランキング


まとめ

仮想通貨を始めるには、まず取引するコインを決め、取り扱いのある取引所に口座開設する必要があります。

国内の取引所を利用するうちに、仮想通貨の種類やチャートの見方にも慣れるはずです。

仮想通貨のリスクを理解した上で、仮想通貨を利用した資産運用を行いましょう。


■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。