【図解】IFD注文の概要・使い方・OCO注文を合わせた活用のコツを解説

IFD注文

IFD注文とは、新規注文決済注文同時に入れる注文方法のことです。株やFXだけでなく、仮想通貨取引にも役立ちます。

また、利食いと損切りの2つの注文を同時に出すOCO注文を組み合わせることで、さらに効率的に取引することも可能です。

今回の記事では、IFD注文の概要、使い方、メリットやデメリットを図でわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること(IFD注文)


1. IFD注文とは?

この項目では、IFD注文の概要、使い方、メリットとデメリットについて確認していきます。

1-1. 新規注文と決済注文を同時に出す注文方法

IFD注文とは、新規注文と決済注文を同時に出す注文方法のことです。

たとえば、1BTCが95万円の時に90万円を指定して1BTCの買いの新規注文を入れ、その決済注文を100万円で入れた場合を考えてみましょう。

IFD注文とは

この場合、90万円に価格が下落した段階で1BTCの買いの新規注文が入ります。

新規注文が入った後、1BTCの価格が100万円まで上昇すると、あらかじめ設定しておいた売りの決済注文が入るのです。

1-2. IFD注文の使い方

指値の決済注文で利食いする

IFD注文の1つ目の使い方として、指値の決済注文で利食いすることが挙げられます。指値とは、現在よりも有利な価格を指定することです。

IFD注文(指値注文)

IFD注文では指値で決済注文を入れておくことで、指定した価格に到達した段階で自動的に利食いすることができます。

逆指値の決済注文で損切りする

IFD注文の2つ目の使い方として、逆指値の決済注文で損切りすることが挙げられます。逆指値とは、現在よりも不利な価格を指定することです。

IFD注文(逆指値注文)

IFD注文では逆指値で決済注文を入れておくことで、指定した価格に到達した段階で自動的に損切りすることができます。

1-3. IFD注文のメリット・デメリット

メリット「忙しい人でも使いやすい」

IFD注文のメリットは、忙しい人でも使いやすい点です。

IFD注文は新規注文と決済注文を同時に出せるため、エントリーや決済のタイミングを探すためにチャートに張り付いている必要がないことが、その理由です。

仕事中でチャートの確認が取れなくても、新規注文から決済注文まで自動で行われます。

デメリット「決済注文が1つしか出せない」

IFD注文のデメリットとしては、決済注文が1つしか出せないという点が挙げられます。

仮に指値で利食いの決済注文を入れた場合には、逆指値で損切りの決済注文を入れることができません

この場合、価格が損失方向に推移してしまうと、気づかない内に損失が拡大してしまう可能性があるのです。

IFD注文のデメリット

決済注文が1つしか出せない点はIFD注文のデメリットですが、OCO注文と組み合わせることで解消できます(後述)。


2. IFD注文を効果的に使うコツ

この項目では、IFD注文を効果的に使うコツについて確認していきます。

2-1. OCO注文を組み合わせる

IFD注文を効果的に使う1つ目のコツは、OCO注文を組み合わせることです。これによって、IFD注文の決済注文が1つしか出せないデメリットを解決することができます。

「OCO注文」とは?

OCO注文とは、指値(利食い)と逆指値(損切り)の2つの決済注文を同時に出すことができる注文方法です。片方の注文が約定すれば、もう片方の注文はキャンセルされます。

例として、1BTCが95万円の時に1BTCを購入し、利食いのために100万円の指値と、損切りのために90万円の逆指値OCO注文で出す場合を考えてみましょう。

OCO注文とは

この例であれば、指値で入れた100万円まで価格が上昇すれば1BTCは決済され、利食いすることができます。

また、逆指値で入れた90万円まで価格が下落すれば、損切りが自動的に発動することになります。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた「IFD-OCO注文」

「IFD-OCO注文」はIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。

IFD注文と違う点は、決済注文を2つ出すことができる点です。IFD-OCO注文では指値の新規注文に加えて、利食いと損切りの決済注文も同時に出すことができます。

下記の例では、1BTCが95万円の時に新規注文の指値を90万円、利食いの決済注文の指値を100万円、損切りの決済注文の逆指値を85万円とし、IFD-OCO注文を出しています。

IFD注文の活用法(IFD-OCO注文)

この例では、90万円で1BTCの新規注文が発動し、もし100万円まで価格が上昇すれば決済され、逆に85万円まで価格が下落すれば損切りとして入れた逆指値によって決済されます。

このように「IFD-OCO注文」を使うことで、利食いと損切りどちらも設定することができるので、IFD注文よりもさらに効率的な取引が可能となるのです。

(関連記事)
OCO注文を図で解説|メリット・デメリットと初心者が活用するコツ

2-2. 利食いと損切りの目安を決める

IFD注文を使う際には、決済注文の利食いと損切りの目安を決めておくことも重要なポイントです。

利益を大きくして損失を小さくするという考え方が、投資の基本的な心構えとしてあるからです。

利食いと損切りの水準に明確な決まりはありません。

もし自分自身で水準を決められない場合は、利食いはエントリー時から5%〜10%までの値幅が取れた段階で、損切りは証拠金に対して1%〜2%の損失が出た時点で入るように注文時に設定すると良いでしょう。


3. IFD注文が使える取引所

国内でもIFD注文を使える取引所は複数あります。いずれもレバレッジ取引なので、倍率やロスカットなどの取引ルールをよく確認して利用しましょう。

IFD注文が使える国内取引所


まとめ

以上、IFD注文について解説してきました。あらためて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

  • IFD注文は新規注文と決済注文を同時に入れる注文方法
  • 決済注文を指値で入れると利食いとなり逆指値だと損切りになる
  • OCO注文を組み合わせるとさらに効果的に活用できる

IFD注文は新規注文と決済注文を同時に出せる便利な注文方法です。今回紹介したOCO注文なども組み合わせながら、積極的に活用していきましょう。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。