【国内・海外】仮想通貨Qtumが買える取引所は? 購入方法や注意点を解説

Qtumが買える取引所

仮想通貨(暗号資産)Qtum(クアンタム)に興味はあるけれど、どの取引所で購入すれば良いのか分からずに悩んでいないでしょうか?

Qtumは、2020年3月12日からコインチェックで購入できるようになりました!

そこで今回は、コインチェックでQtumがどう扱われるのか、その購入方法や購入時の注意点などを詳しく解説していきます。

この記事でわかること(Qtumの取引所)


1. 国内取引所コインチェックがQtumの取り扱い開始!

コインチェック国内取引所で初めてQtumの取り扱いを開始しました。

いままで海外取引所だけでしか購入できず、購入を躊躇していた人も今後は簡単にQtumを購入することができるようになったのです。

1-1. 購入は販売所で

コインチェックでQtumを購入する場合、販売所形式で売買を行います。販売所形式は「必要な枚数」か「購入金額」を指定するだけですぐに購入や販売ができますので、とても手軽です。

QtumをCoincheckで購入する方法
CoincheckのアプリでQtumを購入

また、使いやすさに定評のあるコインチェックのスマホアプリでも購入できるようになりますので、より手軽に購入できます。

ビットコイン以外の銘柄を買うのに慣れていない人も、Qtumマイニングを始めようと思っている人にとっても、好きな枚数を簡単に購入できるというのはとても魅力的でしょう。

ただしQtum購入を売買による差益目的の人の場合は、板取引と違って価格の更新頻度が低くて相場よりも割高になっているので残念に感じるかもしれません。

【初心者】コインチェックアプリの使い方ガイド|便利機能も解説

コインチェック

1-2. 売買できるだけではない

コインチェックでのQtum取り扱い開始は、Qtumを国内取引所で購入できるという恩恵だけではありません。

コインチェックが提供している他のサービスを利用して、利益を得られる可能性も出てきているのです。

貸仮想通貨にも対応!

QTUMの取引所(Coincheck)
出典:コインチェック(Coincheck)

対象サービスとして「Coincheck貸仮想通貨」の銘柄としてQtumが追加されました。

これは一般的にレンディングサービスと呼ばれるもので、一定期間仮想通貨を預けておくだけで規定の利息を受け取ることができるサービスです。

コインチェックとユーザーが消費貸借契約を締結するというもので、簡単に言えばユーザーが仮想通貨を一定期間コインチェックに貸してその利息を払ってもらうサービスということになります。

期間は14日、30日、90日、365日の中から選んで、返却時に利息込みのQtumが戻ってくるというしくみですので、一定期間使う予定がなければちょこちょこ利用するのが良いかもしれません。

ただし貸し付け中は売却や送金ができませんので機会損失のリスクもありますし、Qtumのマイニングとどちらが得かも考慮して利用しましょう。

仮想通貨レンディングのメリットは? 国内取引所と注意点を投資銀行出身のトレーダーが解説

コインチェック

ステーキングサービスはやるの?

コインチェックでは、仮想通貨Liskステーキングサービスというサービスも実施しています。

これは、Liskをコインチェックのウォレットに保持しておくだけで報酬を得ることができるサービスです。

ステーキングサービスについては、次の記事で詳しく解説しています。
リスク(Lisk)のステーキングの仕組みとは? 参加してみた結果

レンディングサービスとステーキングサービスの違いは、レンディングは賃貸契約上の利息が支払われるのに対してステーキングサービスはマイニング報酬が支払われるという点です。

LiskはPoS(正確にはDPoS)を採用している仮想通貨で、PoSのマイニングはコインを保有することで報酬を得られるステーキングという手法がとられています。

PoSマイニングとは? ステーキングの仕組みとやり方・報酬シミュレーション

ステーキングサービスは、ユーザーからコインを集めた取引所が代表してマイニングを行い、その報酬を還元するというサービスなのです。

ステーキングは個人でもできますが、保有枚数が多ければそれだけ勝率が上がりますので取引所がまとめて実施したほうが有利なわけです。

現状Qtumのステーキングサービスを行う発表はありません。しかしQtumもPoSを採用した仮想通貨ですので、今後ステーキングサービスが提供されるかもしれませんね。

コインチェック


2. 他にQtumを買えるのは海外取引所だけ?

コインチェック以外でQtumを購入することができるのは海外取引所だけです。(2020年3月時点)

前述の通りコインチェックは販売所形式での取り扱いしかありませんので、板取引による取引に比べると少し割高になっています。

少しでも安く購入しようと思えば、海外取引所を利用するしかありません。

2-1. 海外の大手取引所で買える

Qtumは時価総額世界30位近辺にある仮想通貨ですので、世界ではそれなりに名の知れた仮想通貨と言えます。

そのため、海外の大手仮想通貨取引所ではほぼ取り扱われているようです。

そんなQtumを扱っている大手の海外取引所のうち代表的な取引所を2つ紹介しましょう。

BINANCE

QTUMの取引所(BINANCE)
出典:BINANCE

日本でも有名な世界的な大手仮想通貨取引所で、取り扱い仮想通貨は100種類以上、ドルやユーロなどの法定通貨にも対応しています。(2020年3月時点で日本円は非対応です)

日本からの利用者も多く、日本語での解説記事も多いので初心者でも利用しやすいでしょう。

Qtumについては、売買だけではなくステーキングサービスも提供しています。

Bittrex

QTUMの取引所(BittrexI)
出典:Bittrex

取り扱い仮想通貨の種類や取引量が世界有数の仮想通貨取引所です。

取引量が多いため、多少マイナーな仮想通貨でも相応の流通量があるのが魅力でしょう。

Qtumについては、ビットコインとイーサリアムの両方の取引板がありますので、どちらかで購入することになります。

2-2. 海外取引所でQtumを買うには?

海外取引所でQtumを買う方法を簡単に説明すると、次のようになります。※事前に海外取引所の口座を開設しておくこと

  1. 国内取引所でビットコインかイーサリアムなど(目的の取引所でQtumを買える通貨)を購入する
  2. 目的の海外取引所へ1.で購入した通貨を送金る
  3. 海外取引所でQtumを購入する
  4. 自分のウォレットへ3.で購入したQtumを送金する

国内の取引所で購入するのと違って、取引用通貨の購入送金が必要となりますので、その分手間がかかります。

また、購入時の手数料や送金手数料もかかりますので、最終的に安く購入できるかどうかはきちんと計算しなければいけません。

2-3. 海外取引所を使うときの注意点

国内の仮想通貨取引所でもセキュリティ意識は高く持っておかなければいけませんが、海外取引所を利用する場合はそれ以上に高い意識を持っておかなければいけません。

海外取引所のサイトは英語や中国語の場合が多く、パッと見てフィッシングサイトと区別できないことが少なくありません。URLが正しいことや不自然なパスワードが求められていないかなど、常に疑ってかかる程度の気持ちで使ってください。

また、海外の仮想通貨取引所にQtumを置いたままにしておくのも控えましょう。

海外の大手取引所は日本の取引所以上に悪意ある人からの攻撃にさらされていますので、いつ問題が起こるか分かりません。

Qtum購入後すぐに自分のウォレットへ送金することをおすすめします。


3. Qtumを買うために事前にできること

Qtumへの投資を決めてすぐに購入するのは待ってください。

事前にやっておくべきことや、やっておいたほうが良いことがあります。

知識を付けて納得する

金融商品にはリスクがあります。仮想通貨は金融商品の中でも特にリスクの高い商品です。

だから、噂や流行だけで購入するのではなく、自分の目で見て納得して購入しなければいけません。

ホワイトペーパーを読んでその仮想通貨の理念やしくみを把握し、公式サイト公式のSNSなどから最新情報を入手してください。

その上で、投資する価値があると納得した仮想通貨を購入するべきでしょう。

Qtumのホワイトペーパーはこちら

保管方法の準備

仮想通貨の保管方法は、取引所に置いたままにすることから紙に印刷しておくペーパーウォレットまで用途に合わせたいくつかの種類があります。

購入した仮想通貨をどう使うかによって、保管方法も使い分ける必要があります。

Qtumの場合はマイニングを行う人が多いかもしれませんので、その場合は公式のデスクトップウォレットが必要になります。

高額を長期保管する場合などは、コールドウォレットを準備しておいたほうが安全です。

コールドウォレットにはペーパーウォレットとハードウェアウォレットがありますが、ハードウェアウォレットのほうが安全性と利便性のバランスが良いのでおすすめします。

仮想通貨の安全保管にはハードウェアウォレット!お勧め4種と使い方

\【公式代理店】仮想通貨を安全に保管するなら!/
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

投資資金の準備

Qtumを購入するためには投資資金が必要です。投資資金は、必ず余剰資金の範囲内でなければいけません。

余剰資金というのは、「そのお金がなくなっても困らないお金」です。いざというときのための貯金や生活費を使ってはいけません。

余剰資金が準備できないのであれば、仮想通貨投資をするべきではありません

口座の準備

Qtumを購入するための口座の準備をしておきましょう。

国内取引所ではコインチェックだけがQtumを取り扱っていますので、コインチェックの口座を持っていなければ事前に準備しておいたほうが良いでしょう。

コインチェックの口座解説については、以下の記事で詳しく解説しています。

【画像付き解説】コインチェックで口座開設をする手順のまとめ

コインチェック


まとめ

2020年3月12日に国内取引所で始めてQtumの取り扱いが開始されました。

取り扱いを開始するコインチェックはつい2ヶ月ほど前にステラの取り扱いも始めたばかりですので、日本の仮想通貨市場を牽引しようという意気込みを感じられます。

  • Qtumは2020年3月12日からコインチェックで取り扱いが開始された
  • コインチェックの販売所で売買
  • 貸仮想通貨サービスに対応している
  • コインチェック以外では海外取引所からしか購入できない

Qtumは時価総額上位の仮想通貨の中でもPoSを採用した珍しい仮想通貨です。
その性質や状況を慎重に調べて納得してからでなければいけませんが、ポートフォリオに加えてみるのも良いかもしれません。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。