ビットコインを使って米国株に投資できる!Quantfuryの紹介

今回の記事では、仮想通貨を担保に数々の金融商品(株、FX、コモディティ等)の売買ができるサービス「Quantfury」を紹介します。本サービスの昨年11月時点での月間取引高は3,000億円でしたが、2020年4月現在では月間4,000億円超えということで、順調にサービスが成長していることが伺えます。

【Quantfuryの特徴】
仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、テザー等)を担保に、数々の金融商品を取引できるサービス。https://quantfury.com/
背後の設計はICOの仕組みを使っている。具体的には、取引で発生したスプレッド収益をイーサリアム上でトークン化し、ユーザ増(取引増加)→スプレッド収益増加→トークン保有量に応じてスプレッド還元→トークン価値上昇
というメリットをトークン保有者に訴求している。サービスローンチは2018年5月。

【サービス実績】
24H取引高:120億円      
30D取引高:3,000億円    
サービスローンチ:2018年5月 (2019年11月7日時点) 

30D取引高:4,000億円 (2020年4月1日時点) 

【Quantfuryのサービス設計】
■ビットコインCFD取引に該当する
ただし原資産の中にはBTC、ETHなどの仮想通貨のみではなく、株式(TESLA、Facebook、Amazonなど500銘柄以上)、外国為替(USD/JPY、EUR/JPY等)、コモディティ(金、銀など)が取引対象として含まれている。ユーザが上記の原資産を取引し、ポジションをクローズした時点での損益が利用者にビットコインで支払われる。

■レバレッジ倍率は20xまで可能
例えば$100預入れた場合、$2,000相当の取引が可能ということになる。この$2,000は1商品のみでなく、例えば(BTC$50+TSLA$1,000)というように複数の原資産に対し投資可能。
競合はいわゆるBTCデリバティブ業者である、BitMEXやOKEx、伝統的な金融サービスプロバイダーのIG Markets(IG証券)やAvaTradeである。

■取引手数料、レバレッジ手数料は無料
しかし以下の料率でスプレッド(売買の価格差)が発生する。
①株式 0.035%  ②暗号資産 0.13%    ③為替0.005%  ④コモディティ0.015%

■QDT(Quantfury Data Token※)トークンが発行される
顧客の取引がクローズする(Quantfury側でスプレッド収益が発生する)度に、イーサリアム上でスプレッド相当のQDTトークンを発行する。QDTの単価は理論上((一定期間の取引で発生したスプレッド(ask-bid)合計値/取引数)で算出可能。スプレッド収益を裏付けに、イーサリアム上でQDTトークンを発行し、トークン保有者に還元する仕組み。

トークンはERC20がベースで、発行権限はコントラクトの作成者が保有する。
プリセールで1,000万トークン発行。9,000万は自社保有。
トークン保有者の嬉しいところは、
①トークンの保有高に応じて、定期的に保有者にスプレッド収益(ETH建て)が還元される点
②Quantfury上の取引が活発になるにつれ、トークンの値上がりが期待される点

Quantfuryでは、ユーザの取引は全てイーサリアムブロックチェーン上に記録されている。

(ユーザの取引データは改ざん防止のため、IPFSで管理されており、取引データが追加される度に、データに紐づいたハッシュが発行されている。QDTトークンは、このハッシュを引数として生成されている。

以下筆者の推測だが、イーサリアムとIPFSを掛け合わせている理由は、①取引データの改ざん防止 ②コスト削減 にある。QDTの価値の裏付けである取引データが改ざんされると大問題になるため、①の性質は必須である。そして取引が発生するたびにイーサリアムブロックチェーンに書き込むよりも、②相対的にコスト低な(かつ改ざん耐性を有する)代替手段としてIPFSが選ばれた背景があると考える。)

※説明の便宜上、QTFトークンの解説は割愛しております。

【参考文献】
・Quantfury ホワイトペーパ―
https://support.quantfury.com/hc/en-us/articles/360034290952-Whitepaper
https://cdn.invictuscapital.com/reports/investments/hyperion/Quantfury.pdf
・QDTトークン(Etherscan)
https://etherscan.io/address/0xd18475521245a127a933a4fcaf99e8c45a416f7e#code
・QTFトークン(Etherscan)
https://etherscan.io/token/0x0fcbc31c503b4a9ed90e87f8ff46c318a4a14260

■世界のニュース

Google ニュース 「世界」
Google ニュース 「日本」
Google ニュース 「ビジネス」 
Google ニュース 「科学&テクノロジー」
Google Cloud スタートアップ

■価格情報

TradingView「ビットコイン/JPY」
coinbase「ビットコイン/USD」
CME「ビットコイン 先物」

■監督官庁

金融庁

■研究機関

ビットコイン
 bitcoin.org
イーサリアム
 ethereum.org
 Go Ethereum
 web3.js
 Truffle
 solidity
 ethereum/EIPs
 Vitalik Buterin’s website
XRP
 ripple.com
その他
 Litecoin.org
 Bitcoincash.org
 nem.io
 Stellar.org
 monacoin.org
 blockchain.com

■苦情相談等

金融サービス利用者相談室
国民生活センター

■自主規制機関

日本仮想通貨交換業協会

■関連省庁等公式Twitter

日本政策金融公庫【公式】Twitter
厚生労働省【公式】Twitter
日本年金機構【公式】Twitter
内閣府政府広報オンライン【公式】Twitter
国民生活センター【公式】Twitter
金融庁【公式】Twitter
法務省【公式】Twitter
消費者庁【公式】Twitter
首相官邸【公式】Twitter
内閣官房【公式】Twitter
国税庁【公式】Twitter
警察庁【公式】Twitter

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。