投資銀行出身のトレーダーが解説|支持線・抵抗線からトレ転を捉える!

抵抗線とは

テクニカル分析の初心者は、チャートを見てもどのように分析したらよいかわからないことが多いかと思います。本記事では、初心者でも扱いやすい基礎的なテクニカル分析の考え方である、支持線抵抗線について解説します。

支持線と抵抗線について、その意味定義、チャート上に現れる理由から、実際のトレードでの使い方について解説していますので、ぜひご参考ください。(コインペディアでは、外資系戦略コンサルタント出身の現役トレーダーによる相場戦略を公開しています。ポジションを作るときや利食いする時の考え方について、判断に迷う方も多々いると思いますが、そのような方はぜひ参考にしてみてください。)

この記事でわかること(抵抗線)


1. 支持線、抵抗線とは

相場分析などの記事で、しばしば支持線で反発し上昇、上昇しきれず抵抗線で下落、といった表現を目にすることがあるかと思います。

支持線、抵抗線という単語にあまりなじみのない初心者の方から、知ってはいるけど原理やトレードへの応用の仕方は知らないという方はぜひこちらの記事で基礎を学習してみてください。

1-1. 価格が反発する価格帯

支持線、抵抗線とは、一言でいえば価格が反発する価格帯のことを指します。

支持線は上から下落してきた価格を支えるような形で反発するラインとなり、サポートラインとも呼びます。

一方抵抗線は下から上昇してきた価格を抑えるような働きをし、レジスタンスラインとも呼びます。上昇相場であっても、過去の目立つ高値がある価格帯に到達すると下落に転じてしまうようなケースでは、抵抗線が機能しているといえます。

チャート上では何度も価格が反発しているような価格帯があり、水平線がきれいに引ける場合、その水平線が支持線もしくは抵抗線と判別できます。

1-2. 投資家心理によって形成される

では、このような支持線や抵抗線はなぜ形成されるのでしょうか。

それは、投資家心理に原因があります。

投資家心理とは、例えば大多数の投資家が「そろそろ上昇も止まるだろう」と考えて売りポジションを持つと、実際の相場にも影響を与えて下落に転じるというものです。投資家心理が働きやすい価格帯に出現するのが支持線や抵抗線であるともいえます。

過去の目立った高値に到達すると、投資家たちが「この高値は超えられずに下落するかもしれない」と考え売りポジションを持つことで、その高値の価格が抵抗線となり相場は下落に転じるということです。


2. 支持線・抵抗線の引き方

ここまでで支持線、抵抗線に関する基礎的な知識を紹介しました。では次に、支持線、抵抗線を実際のチャート上に引く方法について解説します。

実際のトレードをおこなううえで非常に重要な要素ですので、しっかりと押さえておきましょう。

2-1. 支持線の引き方

まずは支持線の引き方について解説します。

上でも触れたとおり、支持線を引くためには、ほとんどの場合意識される安値を探すことから始まります。

以下の画像のように、同じ価格帯で何度も上昇に転じているような場合は水平のラインを当ててみましょう。

支持線(サポートライン)

複数個所でラインが機能していれば、意識されている支持線があることが確認できます。

2-2. 抵抗線の引き方

続いては、抵抗線の引き方です。とはいえ、方法は支持線とほとんど同じになります。

支持線と同じように、意識される高値を水平のラインで結べる箇所を探しましょう。

抵抗線(レジスタンスライン)

また、支持線とも共通することですが、厳密にラインちょうどで価格が反発する必要はありません。抵抗線をブレイクしてしまっても、ローソク足のヒゲとなって回帰することもしばしば見られます。

特に値動きが荒いチャートでは、支持線、抵抗線を一本のラインではなく幅のある価格帯として引くとよりよい分析ができる場合もあります。

2-3. トレンドラインの引き方

次に、トレンドラインの引き方について説明します。

引き方としては支持線や抵抗線と同じく、高値もしくは安値同士をつなぐラインを引くことになります。

トレンドラインは角度の要素が加わるため、うまく機能するラインを引くには慣れが必要です。そのため、以下のような事項に注意してラインを引くとよいでしょう。

トレンドラインを引く上でのポイント

  • 複数回機能している角度のラインが引けるか注意する
  • ずれが少なく、きれいなラインが引けるか注意する
  • ノイズの少ない長期ローソク足を使用する

トレンドラインの引き方

多くの場合はローソク足のヒゲの先端同士を結びますが、多少のずれは考慮しない場合もあります。

トレンドラインは難易度が高い分、ひとりひとり引き方も微妙に異なります。機能するラインを引くためには、日ごろからチャートをよく観察することが必要となるでしょう。

(関連記事)
トレンドラインの概要・引き方・種類から利益を出すコツまで解説


3. 支持線と抵抗線の見方

実際にラインを引くとどのようなことがわかるのでしょうか。

3-1. レンジ相場となることが多い

ここまでで述べたように、支持線と抵抗線は過去の高値安値付近で出現することが多い指標です。価格が支持線と抵抗線で挟まれ、何度も上下に反発を繰り返すと、レンジ相場が形成されます。

買い材料も売り材料も乏しく、投資家も買いか売りかで迷っているような相場では、支持線や抵抗線が機能し、レンジ相場になりやすくなるのです。

材料:追い風となるニュースや政策の変更など、買いで参入する理由となる情報を好材料と呼ぶ。また、流出事件といった逆風となるニュースなど、売りの理由となる情報を悪材料と呼ぶ。

3-2. ブレイクすると強いトレンドとなることもある

支持線や抵抗線はトレードの参考にもしやすく、相場を見る上で非常に大切な要素です。

しかし、どんなに強力な支持線、抵抗線でも永遠に機能するわけではありません。いずれは支持線、抵抗線をブレイクし、新たなトレンドが形成されます

一般的に小さい値動きが続いている期間が長いほど、ブレイクした後は強いトレンドを形成するといわれています。

あまりに何度も支持線、抵抗線での反発が起きているときは、そろそろブレイクするかもという考えを持っておくとよいでしょう。

3-3. ブレイクすると支持線と抵抗線が転換しやすい

支持線や抵抗線をブレイクした後、まったく押し目をつけずに伸びていく場合もありますが、多くの場合は多少の押し目が現れます。

例えば抵抗線をブレイクした場合、上昇トレンドに転換したものの一旦押し目として小幅な下落が起きることが多いです。

その下落が止まり、再度上昇に転じるラインとして、過去にブレイクした抵抗線が支持線として機能しやすい傾向にあります。

このことを、支持線(サポートライン)抵抗線(レジスタンスライン)が転換する現象として、サポレジ転換と呼びます。

3-4. トレンドラインとして機能することもある

上では支持線、抵抗線は水平のラインであると述べましたが、斜めのライン、すなわちトレンドラインとして現れることもあります。厳密には支持線、抵抗線とはみなされない場合もありますが、ラインで反発するという特徴は一致しています。

また、上と下両方のトレンドラインが平行である場合はチャネルラインと呼ぶこともあります。

高値安値から水平線を引くことが多い支持線や抵抗線は初心者でも見つけやすいですが、トレンドラインはやや見極めの難易度が高くなります。

トレンドラインは水平でない分さまざまな角度のラインを引くことができ、もっとも機能するトレンドライン、すなわちもっとも投資家心理に沿ったラインを引くことが難しいのです。

ただ、難易度は水平線より上がるものの、トレンドラインは多くの投資家が参考にしている手法です。日ごろから斜めのラインも意識しておくとよいでしょう。


4. 支持線、抵抗線を用いたトレード

ここまでで、支持線、抵抗線の引き方がある程度わかったかと思います。それでは、支持線、抵抗線を実際のトレードでどう活用するのかについて解説していきましょう。

トレード手法には大きく分けて順張り逆張りがありますが、支持線、抵抗線はどちらでも使える手法です。

4-1. 順張りトレード

まずは支持線、抵抗線を用いた順張りトレードについて解説しましょう。

基本的に順張りトレードの場合、支持線、抵抗線をブレイクしたときにポジションを取ります。

図のように支持線をブレイクしたとき、ブレイク以降トレンド相場となることを期待して売りポジションを取ります。

順張りトレード

トレンド相場は時に非常に勢いのある動きを見せるため、大きな利益を得ることも可能です。

一方で、後述する逆張りトレードと比べてチャンスが少ないことや、損切りラインの設定が難しいこと、なにをもって支持線、抵抗線をブレイクしたとするか見極めづらいのが難点です。

4-2. 逆張りトレード

続いて、支持線、抵抗線を用いた逆張りトレードについて解説します。

この逆張りトレードは、基本的に支持線、抵抗線が機能して反発することを期待したトレードになります。

すなわち、支持線付近まで下落したら買いポジションを持ち、抵抗線付近まで上昇したら売りポジションを持つというトレード手法です。

比較的トレードチャンスも多く、支持線もしくは抵抗線を突破したら損切りというように損切りラインも決めやすいため、初心者でも取り組みやすいのが特徴です。

しかし、大きな利益が出しづらいことや、必ずしも一方のラインから一方のラインまで到達するわけではないため、利確が少し難しいのが難点です。

4-3. トレンドラインを使った押し目買い、戻り売り

続いては、通常の支持線、抵抗線ではなくトレンドラインを使ったトレード手法になります。

トレンドが発生している場合、上昇トレンドであれば買い、下落トレンドであれば売りで参入するのが期待値の高い方法です。

参入するポイントを見極めやすくなるのが、トレンドラインを使用した押し目買い、戻り売りの手法です。

押し目買いとは
押し目買いとは、上昇トレンド中の相場において一時的に価格が下落した場面(押し目)で買いを入れることを指します。下がった場面で買いを入れるため、効率よく、またリスクを軽減してポジションを取れることがメリットです。
ただし、上昇トレンド中の一時的な下落と思っていたものが、トレンド転換してそのまま下落していってしまうこともあります。
そのような場合にすぐ損切りしたり、下落の底値を見極めたりするために、トレンドラインによる分析が役立ちます。
戻り売りとは
戻り売りとは、下落トレンド中の相場において、一時的に価格が上昇した場面(戻り)で売りを入れることを指します。すなわち、方向として押し目買いのまったく逆のトレード手法になります。
メリットデメリットも押し目買いとほぼ同じであり、期待値の高い価格で売ることができるなどのメリットがあります。

多くの場合、トレンド相場では価格が反発しているポイントを繋ぎ、斜めのトレンドラインを引くことができます。

そのラインを利用して、上昇トレンドであれば支持線にあたるトレンドラインに価格が接したときに買いポジションを取ります。

逆に下落トレンドであれば抵抗線にあたるトレンドラインに価格が接したときに売りポジションを取ります。

機能するトレンドラインを引くには練習が必要ですが、習得すればさまざまな相場に対応できるようになるので、積極的にラインを引く練習をするとよいでしょう。

4-4. トレンドラインブレイク時の順張り

次に紹介するのは、トレンドラインをブレイクしたときの順張りトレードについてです。

基本的には支持線、抵抗線をブレイクしたときの順張りトレードと同じ考えでおこないます。

すなわち、支持線にあたるトレンドラインを割ったら売りポジションをとり、逆に抵抗線にあたるトレンドラインを破ったら買いポジションを取ります。

大きな利益を狙える場合もありますが、利確と損切りのタイミングは難しいため、リスク管理は十分におこないましょう。


まとめ

支持線と抵抗線はテクニカル分析において非常に基礎的な要素です。基礎的であるがゆえに多くの投資家が意識しているので、機能する場面も多くなります。

テクニカル分析をおこなううえでは常に意識しておいてもよいでしょう。

ラインの引き方も目立った高値安値を探すだけなので、難易度は低めです。テクニカル分析の初心者という方は、まずは支持線と抵抗線を探し、トレードの参考にしてみてはいかがでしょうか。