三尊天井とは? 「だまし」を避けるテクニックと活用のコツを解説

三尊天井

三尊天井トレンドの転換を示すチャートパターンです。また、逆の形をしたチャートパターンを逆三尊と呼びます。

どちらも適切なポイントでエントリーや決済をすることで、利益を狙う可能性を高めることが可能です。

今回の記事では、三尊天井と逆三尊の概要、エントリーや決済での使い方、他の指標や理論を組み合わせた活用のコツについて解説していきます。

この記事でわかること(三尊天井)


1. 三尊天井とは?

この項目では、三尊天井と逆三尊の概要、見方や使い方について確認していきます。

1-1. トレンド転換を示唆するチャートパターン

三尊天井のチャート
出典:Tradingview – BTCJPY

三尊天井は、上昇トレンドから下落トレンドへの転換を示すチャートパターンです。短期や長期を問わず、上昇トレンドの最高値付近で出現し、その後は価格が下落する傾向があります。

三尊天井は3つの山のような形を描き、2つ目の山が最も高くなる点が特徴です。

三尊天井のイメージ

また、三尊天井は「三尊」や「ヘッドアンドショルダーズトップ」「トリプルトップ」と呼ばれることもあります。

1-2. 三尊天井の逆パターン「逆三尊」

逆三尊のチャート
出典:Tradingview – BTCJPY

三尊天井ののチャートパターンで、下落トレンドから上昇トレンドへの転換を示唆するものを「逆三尊」と呼びます。短期や長期を問わず、下落トレンドの最安値付近で出現し、その後は価格が上昇する傾向があります。

逆三尊は3つの谷のような形を描き、2つ目の谷が最も深くなる点が特徴です。

逆三尊のイメージ

また、逆三尊は「ヘッドアンドショルダーズボトム」「トリプルボトム」と呼ぶこともあります。

(関連記事)
外資戦略コンサル出身のトレーダーが解説!逆三尊の使い方・エントリー&決済のコツ

1-3. 見方

三尊天井の見方

三尊天井の見方

三尊天井は両脇の小さな山を「エッジ」、その頂点を「ショルダー」、2つ目の山の頂点を「ヘッド」と呼びます。また、両脇の山の折り返し地点を結んだ線を「ネックライン」と呼びます。

逆三尊の見方

逆三尊の見方
出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊は両脇の小さな谷を「エッジ」、その谷底を「ショルダー」、2つ目の谷の谷底を「ヘッド」と呼びます。また、両脇の谷の折り返し地点を結んだ線を「ネックライン」と呼びます。


2. 三尊天井と逆三尊の使い方

この項目では、三尊天井と逆三尊のエントリーと決済における使い方を見ていきましょう。

三尊天井はレバレッジ取引などで使われ、売り注文から入り下落相場でも利益を出せるショートの場合を想定します。また、逆三尊は現物取引とレバレッジ取引の両方で使われ、買い注文から入り価格の上昇で利益を狙えるロングで確認していきます。

(関連記事)
投資銀行出身のトレーダーが解説|仮想通貨FXのロング・ショート

2-1. エントリーポイント

三尊天井はネックラインを下回った時にショート

三尊天井のエントリーポイント
出典:Tradingview – BTCUSD

三尊天井のショートのエントリーポイントは、3つ目の山を形成した後に価格がネックラインを下回ったタイミングです。

実際に上記のチャートでも、ネックラインを下回った後に価格が下落していることが分かります。そのため、ショートでエントリーすることで利益を狙える可能性が出てきます。

逆三尊はネックラインを上回った時にロング

逆三尊のエントリーポイント
出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊のロングのエントリーポイントは、3つ目の谷を形成した後に価格がネックラインを上回ったタイミングです。

上記のチャートにおいても、ネックラインを上回った後に価格が上昇していることが分かります。そのため、ロングでエントリーすることで利益を狙える可能性があります。

2-2. 決済ポイント

三尊天井は2つ目の山の2倍の値幅

三尊天井の決済ポイント
出典:Tradingview – BTCUSD

三尊天井の決済ポイントは、2つ目の山の最高値とネックラインの2倍の値幅の辺りです。

上記のチャート画像でも、ネックラインを下回ってから2倍の値幅辺りまで価格が下落していることが分かります。

そのため、ショートでエントリーしている場合には、決済ポイントの目安の1つとして考えることが可能です。

逆三尊は2つ目の谷の2倍の値幅

逆三尊の決済ポイント
出典:Tradingview – BTCUSD

逆三尊の決済ポイントは、2つ目の谷の最安値とネックラインの2倍の値幅の辺りです。

上記のチャート画像でも、ネックラインを上回ってからやや上振れしているものの、2倍の値幅辺りまで価格が上昇しています。

そのため、ロングでエントリーしている場合には、決済ポイントの目安の1つとして考えることができます。

2-3. 「だまし」を避けるには

三尊天井と逆三尊はチャートパターンを形成してもネックラインで価格が反発するなど、価格が傾向と反する動きをすることがあります。

これを「だまし」といいます。

価格がネックラインを超えた後にエントリーをすることで、こうした「だまし」の動きによる損失リスクも軽減することが可能です。


3. 三尊天井と逆三尊を活用するコツ

この項目では、三尊天井と逆三尊を活用するコツについて見ていきます。

3-1. エリオット波動で信頼性を高める

エリオット波動で三尊と逆三尊の出現を予測することは、活用のコツの1つとして挙げられます。

エリオット波動は相場の動きを複数の波で捉えた理論で、その過程において三尊天井や逆三尊が出現しやすい傾向があり、その後の価格の動きの信頼性をさらに高めることができるからです。

エリオット波動では、価格が上昇(または下落)する5つの波と、その調整となる3つの下落(または上昇)の波があると考えられています。

また、上昇のエリオット波動では三尊天井、下落のエリオット波動の場合は逆三尊が形成される傾向があります。実際のチャートを基にして確認していきましょう。

上昇のエリオット波動で形成される三尊天井の例

三尊天井の活用法(エリオット波動と組み合わせる)
出典:Tradingview – BTCJPY

上記の画像は、ビットコインチャートに上昇のエリオット波動を当てはめたものです。画面中央付近では、エリオット波動の波と合わせて三尊天井が形成されており、調整の3つ目の波と合わせてネックラインを下回ってから価格も下落していることが分かります。

このように、上昇のエリオット波動が出現した時には三尊天井が形成されやすく、その波の動きと合わせてその後の価格の動きに対する信頼性を高めることが可能です。

下落のエリオット波動で形成される逆三尊の例

逆三尊とエリオット波動
出典:Tradingview – BTCJPY

上記の画像は、ビットコインチャートに下落のエリオット波動を当てはめたものです。画面中央付近では、エリオット波動の波と合わせて逆三尊が形成されており、調整の3つ目の波と合わせてネックラインを上回り価格も上昇しています。

このように、下落のエリオット波動が出現した時には逆三尊が形成されやすく、その波の動きと合わせてその後の価格の動きに対する信頼性を高めることが可能です。

3-2.フィボナッチで予想の根拠を増やす

フィボナッチリトレースメントで価格の動きに対する予想の根拠を増やすことも、活用のコツの1つとして挙げられます。

フィボナッチリトレースメントは買い戻しや売り戻しの水準を予想する指標であり、価格の反発するポイントなどを探ることに役立つからです。以下、その具体的な例を確認していきます。

フィボナッチリトレースメントを使った例

フィボナッチリトレースメントは、トレンドの始点から終点までを結び、一定の比率を基にして分析を行います。利用される比率は以下のようになります。

フィボナッチ・リトレースメント
Tradingview – BTC/USD
比率 考え方
0 トレンドの終点
0.236 一般的な戻りの水準
0.382 一般的な戻りの水準
0.5 半値戻しの水準
0.618 深めの戻り水準
0.786 深めの戻り水準
1 トレンドの始点

以下の画像は三尊天井が発生しているチャートに、フィボナッチリトレースメントと決済目安である「2つ目の山の最高値とネックラインの2倍の値幅」を当てはめたものです。

三尊天井の活用法(フィボナッチ数列と組み合わせる)
出典:Tradingview – BTCJPY

画面中央の三尊天井のネックラインを下回った後は、2倍の値幅の辺りまで価格が下落していることが分かります。

加えて、この価格帯はフィボナッチの戻り水準でもある0.786付近でもあるため、このポイントで価格が反発する可能性高く、決済のポイントとして考えることが可能です。

このように、フィボナッチリトレースメントを使うことで、価格の動きに対する根拠をさらに高めることができるのです。


まとめ

以上、三尊天井について解説してきました。改めて、今回の記事のポイントをまとめておきましょう。

  • 三尊天井と逆三尊はトレンド転換を示唆するチャートパターン
  • ネックラインを超えた時がエントリーポイント
  • エリオット波動やフィボナッチで予想の根拠を増やすのが活用のコツ

三尊天井は取引の精度を高めることに役立ちます。リスク管理をしっかりとしながら、うまく活用していきましょう。

本サイトは情報提供を目的としたものであり、特定の商品、サービスについての売買の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。
また、掲載内容は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
投資を行う際は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。