リップル(XRP)の手数料がお得なのはGMOコイン! 取引所比較

「XRP(通称:リップル)を購入してみたいけど手数料ってどれくらいかかるの?」

仮想通貨(暗号資産*1)の中でも日本人に人気があると言われているXRPは多くの方が保有しています。

ところが、XRPの購入を検討している方で、

  • XRPを購入するまでにかかる手数料はどういったものがあるの? 
  • どうすればお得にXRPを購入できるの? 

というお悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではお得に購入するために必須の「手数料」について、取引所を一覧比較します。

*1)2019年5月、呼び名を「暗号資産」とする改正資金決済法が可決されました(参考|日本経済新聞

↓↓まずは口座登録!↓↓
DMM Bitcoin

1. XRPを手に入れるためにかかる手数料は3種類

一般的にXRPを購入するまでにかかる手数料は、取引手数料」「入金手数料」「出金手数料の3種類です。

1-1. 取引するのに支払う「取引手数料」

取引手数料は、通貨の購入時と売却時にそれぞれ支払う手数料です。取引手数料は各々の取引所によって設定されており、さらに取引所が提供している取引形式によっても変わります。

仮想通貨取引所では販売所形式と取引所形式の2つの取引形式があり、販売所形式では手数料無料が一般的です。

販売所の取引手数料は販売価格に上乗せされている

販売所形式では、取引手数料が無料と設定されている場合が多くあります。しかし販売価格自体が手数料を含んだ額になっているため、実際に購入する価格は取引所で購入するときの価格よりもやや高い場合がほとんどです。

1-2. 取引所から入出金するのに支払う「入金手数料」「出金手数料」

入出金手数料は、取引所からお金を出し入れするたびにかかる手数料です。入出金手数料も各々の取引所によって設定されていますが、無料で入出金を行っている取引所が多いです。

マイナーへの報酬として支払う「送金手数料」

仮想通貨の送金の場合、取引所で規定されている出金手数料に「マイナーへの報酬はお客様負担」等と記載されていることがあります。

この「マイナーへの報酬」とは取引の承認処理を行うマイナーへ支払われるもので、取引所の規程は関係なく、ウォレット同士の送金などでも必要になるものです。

取引所で定められた出金手数料がある場合は、その手数料の中にマイナーの報酬も含まれていることが一般的です。

↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

2. 国内の取引所別|必要な手数料を徹底比較! 

この章では、販売所形式と取引所形式でそれぞれ手数料を比較していきます。

今回は、以下の取引所をピックアップしました。

  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint(ビットポイント)
  • GMOコイン
  • Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)
  • SBI VC Trade
  • Huobi(フォビ)
  • Coincheck(コインチェック)
  • ディーカレット

2-1. 【結果発表】トータルで見るとGMOコインが一番お得! 

取引手数料、入金手数料、出金手数料、それぞれの手数料を集計してみました。

1位 2位
取引手数料 bitbank GMOコイン
入金手数料 GMOコイン
SBIバーチャル・カレンシーズ
Huobi
bitbank
Liquid by Quoine
BITPoint
出金手数料 GMOコイン SBIバーチャル・カレンシーズ

取引手数料ではbitbank、入出金手数料ではGMOコイン、SBIバーチャルカレンシーズ、Huobiが優れていることが分かりました。GMOコインは取引手数料でもbitbankに次ぐ2位です。

2-2. 各取引所の取引手数料

下記の表はそれぞれの取引所の手数料をまとめたものです。

取引手数料
(販売所)
取引手数料
(取引所)
SBI VC Trade 無料 無料
GMOコイン 無料 Maker:-0.01%*2
Taker:0.05%*3
Coincheck 無料
bitbank Maker:-0.02%
Taker:0.12%
Liquid by Quoine 無料
BITPoint 無料
Huobi Maker:無料
Taker:0.10%
ディーカレット 無料

*2)Makerとは指値注文を行い自分の注文が板に並ぶこと
*3)Takerとは成行注文または指値注文で板にある価格で指定し取引すること

販売所形式の「目に見えない手数料」

販売所形式の取引手数料を見る場合、取引所は取引手数料を無料と謳っていても注意しなくてはいけません。仮想通貨取引では取引手数料のなかにスプレッドと呼ばれる実質的な手数料も含まれているので、それも考慮しましょう。

スプレッドは、購入時と売却時の価格の差を計算することで導き出すことができます。
例えばGMOコインの販売所の場合、64.498-58.3566.142(スプレッド)

これを仲値で割ると往復9.9%になるので、実質取引手数料は4.95%と算出できます。

2-3. 各取引所の入金(入庫)手数料

下記の表は各取引所の入金(入庫)手数料をまとめたものです。即時(クイック)入金では無料のところが多いようです。

入金(入庫)手数料
日本円 XRP
SBIバーチャル・カレンシーズ 無料 無料
GMOコイン 即時入金: 無料
振込入金: 無料(銀行手数料別途負担)
無料
Coincheck コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
銀行振込:無料(銀行手数料別途負担)
無料
bitbank 無料(銀行手数料別途負担) 無料
Liquid by Quoine 無料(銀行手数料別途負担) 無料
BITPoint 即時入金:無料
銀行振込:無料(銀行手数料別途負担)
無料
Huobi クイック入金: 無料
振込入金:無料(銀行手数料別途負担)
無料
ディーカレット クイック入金: 無料
振込入金:無料(銀行手数料別途負担)
無料

 日本円入金手数料は即時(クイック)入金で4社が無料。なおSBIバーチャルカレンシーズは即時入金のみに対応しています。

銀行振込の場合、取引所へ支払う手数料は無料でも、銀行側へ支払う手数料は利用者負担となるケースが多いようです。

2-4. 各取引所の出金(出庫)手数料

下記の表は各取引所の出金(出庫)手数料をまとめたものです。金額や出金先によって手数料が異なる場合もあるので、事前に必ずチェックしましょう。

出金(出庫)手数料
日本円 XRP
SBIバーチャル・カレンシーズ 住信SBIネット銀行宛:50円
住信SBIネット銀行以外:160円~
無料
GMOコイン 無料 無料
Coincheck 407円 0.15 XRP
bitbank 550円~
0.15 XRP
Liquid by Quoine 510円
(銀行手数料別途負担)
無料
BITPoint 無料
(銀行手数料別途負担)
無料
Huobi 330円 0.1 XRP
ディーカレット 275円 0.01 XRP

日本円・XRPとも出金手数料が無料なのはGMOコインだけ。次点でSBIバーチャル・カレンシーズとなっています。

↓↓初心者でも使いやすさ抜群!↓↓

3. 販売所形式と取引所形式はどっちがお得?

販売所形式と取引所形式は手数料が異なるだけでなく、取引方法も違います。特徴を理解して選びましょう。

販売所はかんたんだけど割高

仮想通貨販売所

販売所形式(仮想通貨販売所)は、取引所が保有している仮想通貨を、取引所から掲示された価格で購入するという取引形式です。初心者の方でも簡単に購入できるようになっています。

販売所形式では通貨の価格変動を考慮するために、スプレッドと呼ばれる手数料を上乗せして販売しています。よって取引所形式よりもスプレッド分、価格が高くなってしまうのが欠点です。

取引所はお得だけどちょっと難しい

仮想通貨取引所

取引所形式(仮想通貨取引所)では、取引板と呼ばれる板を活用して、顧客同士で通貨の売買をおこないます。取引所側が通貨を保有しておく必要がなく、それに伴う価格変動のリスクも生じないために手数料を低く抑えることができます。

ですが取引板を使った取引は初心者にとってハードルが高く、投資に慣れていない方は難しいと感じる方もいるのでないでしょうか。

以下の記事では取引所と販売所、それぞれのXRPの買い方を解説しています。

↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

まとめ

  • XRPをお得に購入するためには、取引手数料、入金手数料、出金手数料の3つの手数料を考慮する
  • 販売所は手数料無料でもスプレッドが存在する
  • お得にXRPを購入できる取引所は、GMOコイン
  • 取引手数料が低ければ低いほど、お得に取引できる

手数料を安く抑えるためには取引手数料が低い取引所を選ぶ必要があり、取引形式も販売所ではなく取引所形式で売買するようにしましょう。

数%の手数料の違いでも大きな差額が生じます。

これらは投資成績にも大きく関わってくるので、取引所を利用する前にはまず取引手数料を確認するのも良い選択肢でしょう。

みなさんもこちらの記事を参考に自分の取引に合った取引所を探してみてくださいね!