リップルを安く買える販売所はどこ? 販売所や取引所の正しい選び方

リップル(XRP)の販売所

リップル(正式名称:XRP)が買えるところを調べたけれど、どこが良いのか分からないできれば安く買いたい

リップルを買える販売所や取引所はいくつかありますが、場所によって手数料などが違います。

リップルの購入先を探している人に向けて、購入先の選び方を詳しく解説しましょう。

この記事で分かること(リップルの販売所)

↓↓まずは口座登録!↓↓
DMM Bitcoin

1. リップルの販売所・取引所の選び方

リップル購入を失敗しないように、購入する販売所や取引所の選び方を説明しましょう。

1-1. リップルを扱っている取引所を探す

リップルを購入するためには、取引所もしくは販売所を利用する必要があります。

しかし、すべての取引所や販売所がリップルを取り扱っているとは限りません。気になっている取引所でリップルが購入できるのかを確認しましょう。

取引所と販売所
仮想通貨を購入できる場所には、次の2つがあります。
取引所…「ユーザー同士が仮想通貨を取引する場」を提供しているところで、購入先は他のユーザーです
販売所…仮想通貨を販売・買取しているところで、購入先は運営している企業です

取引所によっては、取引板で取引できず販売所でのみ取り扱っている場合もあります。

大量のリップルをすぐに欲しい場合」や「少額の取引から始めたい場合」、「できる限り安く購入したい場合」などの購入目的に合わせて購入先を選ばなければ、不要な手間や手数料がかかってしまいます。

1-2. とりあえず買ってみたい

仮想通貨を購入すること自体はじめての場合、まずは少額を買ってみたいですよね。仮想通貨取引所のシステムや手順も慣れていないのであれば尚更です。

そんな方は「仮想通貨販売所」システムがおすすめです。

<おすすめ仮想通貨販売所>

コインチェック
GMOコイン
DMM Bitcoin

仮想通貨販売所は買う手順が簡単

コインチェック・GMOコインは販売所のシステムで仮想通貨を購入することができます

販売所の場合仮想通貨を販売しているのは仮想通貨取引所の為、提示された価格の仮想通貨を欲しいだけ安定して購入することができます。

少額買うならスプレッドはあえて気にしない

販売所において、仮想通貨の売り値と買い値の価格差は取引板での価格差よりも比較的大きく開いています。この価格差は「スプレッド」と呼ばれ、個人投資家からは「仮想通貨取引所が得る手数料」とも例えられたりもします。

ここで初めからなるべく安い価格で購入したいところですが、はじめて購入するのであれば取引板での操作ミスで資金を失う危険性もあります。

あえてスプレッドのことは気にせずに、まずはミスなく購入が完了することに集中することも手です。

1-3. 今すぐ買いたい

リップルを今すぐ買いたい、なるべく早く買いたい場合も「仮想通貨販売所」がおすすめです。

その理由はこれまでも述べたとおり、販売所システムは売買の相手が仮想通貨取引所のため。つまり、提示された金額で欲しい数量を、安定して購入することができるからです。

取引板は希望価格で約定しないケースがある

取引板の場合、ユーザーの多い環境であればすぐに約定させることができるかもしれません。しかし相場の状況によっては約定しないケースも考えられます。

そんな時は、仮想通貨販売所で安定して売買ができれば機会損失を免れるかもしれません

<おすすめ仮想通貨販売所>

コインチェック
GMOコイン
DMM Bitcoin

1-4. なるべく安く購入したい

なるべくリップルを安く買いたい場合、取引所の取引板で購入すると安く購入できる可能性があります。

取引所は売り注文と買い注文のマッチングで価格が決まります。うまくマッチングできれば、取引所のほうが販売所よりも安く購入できる可能性があります。

ただし言い換えると、マッチングできなければ購入することができません

現在の相場から乖離している金額ではマッチングする相手が見つからず結果的に購入できませんので、注意が必要です。

<おすすめ仮想通貨取引所>

bitbank
VCTRADE Pro
Liquid by Quoine

↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

2. 販売所・取引所の選び方と注意点

リップルを扱っている取引所や販売所を見つけたら、その中から自分に合った最適なものを選びましょう。

取引所や販売所を選ぶにあたって最低限考慮すべきポイントを紹介します。

「いつ」「どれくらい」購入したいのか

リップルを「いつ」「どれくらい」購入したいのかというのは、重要なポイントです。

もし確実にすぐ購入したいという場合は、販売所で購入するべきです。

なぜなら取引所の取引板では希望した金額で購入できる数量が限られていますし、ライバルもいるため。いまその瞬間の価格で購入しようとしても、思わぬ高額になって必要な量を購入できないことがあります。

相場を読んで少しでも安く購入したい場合や待ってでも希望の価格で購入したい場合には、取引所で購入したほうが良いでしょう。

手数料を考慮する

取引所でリップルを購入するには、リップルそのものの価格だけでは足りません。

ほとんどの取引所では、取引手数料入出金手数料などの手数料がかかってきます。

そのため、できるだけ安くリップルを購入したいのであれば、手数料も確認した上で取引所を選ぶようにしましょう。

販売所は、販売手数料を無料としている取引所が大半です。ただし若干取引板の価格よりも割高になっているので吟味して購入しましょう。

セキュリティも重視

リップルを購入した後すぐ売るつもりの方は、取引所に預けたままにする場合もあるでしょう。

また、セキュリティ意識が高く購入後すぐにハードウェアウォレットへ移動するという人でも、取引する分は残しておく場合があります。

取引所に預けたままにしておくと、取引所がハッキングされてリップルを失うリスクがあります。

ハッキングのリスクから身を守るには、個人で管理するウォレットで保管することが原則です。リスクを承知の上で取引所に預けたままにするのであれば、取引所のセキュリティについて確認し納得できるところを選ぶようにしましょう。

取引量の多い取引所が有利

取引板の取引量が多いということは、売りたい人と買いたい人が多いということです。つまり取引のマッチングがうまくいく確率は上がります。特定の金額で売られる量も多くなりやすいので、目的の金額で買える可能性も大きくなります

しかし取引量が少なければ、目的の金額の売り注文がなかなか出てこなかったり、出てきても誰かに先を越されてしまったりすることが多くなるでしょう。

したがって取引所を選ぶ際は取引量に注目してみましょう。

取引所ごとの取引量

CoinMarketCapで、仮想通貨や取引所ごとの取引量を調べることができます。

例えば、2019年10月某日24時間の国内取引所のXRP取引量は以下のようになっています。(日本円換算)

bitbank 863,184,251円
Liquid by Quoine 422,488,546円

リップル取扱量が世界一のbitbankは、たった24時間で8億6,000万円相当の取引が行われているのです。

↓↓初心者でも使いやすさ抜群!↓↓

3. リップルを購入できる日本の販売所や取引所

リップルを扱っている国内の販売所や取引所で、おすすめを紹介しましょう。

これらの販売所や取引所以外でも、自分の気に入っているところや自分に最適なものもあるかもしれませんが、参考にしていただければと思います。

3-1. 販売所

リップルの販売や買取りを行っている販売所を紹介します。

販売所と言っても、3社とも取引所も兼ねていますので、取引所に分類されていることが多いです。

Coincheck

コインチェック

2018年の仮想通貨流出事件で大きく信頼を損ないましたが、現在更にセキュリティ体制が強化されました。

また、金融庁の登録みなし業者でしたが2019年1月金融庁の登録が完了し正式な金融庁登録業者となりました

ウェブサイトやアプリがとても使いやすく、初心者におすすめできます。板取引はビットコインのみで、リップルは販売所でのみ購入することができます。

▶コインチェックの手数料やアプリについてはこちら

GMOコイン

GMOコインキャプチャ

GMOグループのGMOコイン株式会社が運営する取引所で、リップルの販売所と取引所が併設されています。

リップルを取引所で取引することもできますので、欲しい時期や価格によって取引所で購入するか販売所で購入するかを選ぶことができます

取引所の取引手数料は比較的安価ですので、今すぐ購入したいし、取引もしたいという人には向いているかもしれません。

▶GMOコインの手数料やアプリについてはこちら

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

アルトコインの信用取引ができることで話題になっているDMM Bitcoinは、リップルの販売所でもあります。

サイトの説明などでは「現物取引」という説明がされているので取引所のように感じるかもしれませんが、「販売所形式で購入する=販売所」です。

取引所としての取引は信用取引になりますので、注意してください。

(関連記事)
【2019】リップル(XRP)レバレッジ取引ができる取引所3選

3-2. 取引所

安値で購入するには、取引所を利用するべきです。ただし、前述のように事前に調べておかないと思わぬ失敗をするかもしれません。

bitbank

ビットバンクのキャプチャ

リップルを含めたいくつものアルトコインの取引が可能で、使いやすいツールやモバイルアプリで人気のある取引所です。

手数料も比較的安くリップルの取引量が世界一多いという点は、リップルを取引したい人にとってはとても重要なポイントでしょう。

また、早くからセキュリティにも力を入れており、外部機関の評価で日本一にも輝いています。

2019年10月現在のビットバンクの手数料は次のようになっています。

XRP/JPY売買手数料 -0.02%(メイカー*)/0.12%(テイカー*)
入金手数料 無料
出金手数料 0.15 XRP

*メイカーは取引板に載る価格(最高売値より高い売り注文もしくは最低買値より安い買い注文)での注文
*テイカーは即時決済される価格(最高売値より安い売り注文もしくは最低買値より高い買い注文)での注文

(関連記事)
ビットバンク(bitbank)でリップル(XRP)を買う・売る方法まとめ

VCTRADE Pro

VCTRADEPro

 

SBIホールディングスの完全子会社「SBIVCトレード株式会社」が運営する取引所で、グループ会社であるSBI住信ネット銀行と連携すれば、日本円の入出金手数料が割安になります

なにより、金融機関をグループ企業に持つ取引所ですので、セキュリティ体制や経営基盤についてはとても信頼できると言えるでしょう。

なお、取引レートに手数料が含まれた形になっていますので、取引価格が他の取引所よりも高めに見えるかもしれません。

2019年10月現在のVCTRADE Proの手数料は次のようになっています。

XRP/JPY売買手数料 無料(取引レートに手数料が含まれています)
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行:50円
住信SBIネット銀行以外:3万円未満 160円、3万円以上 250円

Liquid by Quoine

Liquidのキャプチャ

日本円で取引できる通貨ペアは5種類と際立って多くはありません。しかし円だけでなくドルやユーロなども扱っているため、取り扱い通貨ペアの数が非常に多く世界的にも認知されている取引所です。

Liquidネットワークという取引所間を接続する機能を保持しており、海外の大手取引所と接続する予定があるため、急激に取引量が多くなることが予測されます。

019年10月現在のLiquid by Quoineの手数料は次のようになっています。

XRP/JPY売買手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行:560円
住信SBIネット銀行以外:760円
↓↓貯金感覚でできる「仮想通貨つみたて」サービス開始!↓↓
コインチェック

まとめ

国内の取引所や販売所でも、リップルを扱っているところはいくつもあります。

ただし、取引所のサービスや特徴などを考慮しなければ、後悔することになるかもしれません。特にセキュリティ関連については、慎重に考慮して選ぶようにしましょう。

  • 取引所はユーザー間で取引するため安価で購入できるが、確実に購入できる保証がない
  • 販売所は運営企業から購入するため確実に購入できるが、割高になっている
  • リップルの購入コストには手数料も考慮すること
  • 取引量が多ければ、安値で購入しやすい
  • 海外の取引所は安く購入きる可能性が高いが、為替レートなどの影響や安全面からおすすめできない

ここで紹介した選択基準をもとに自分に最適なところを選べば、あとはリップルの将来性を信じて購入するだけです。